妊娠中は逆にあぐらの姿勢が楽!安産にも繋がる妊婦さんにおすすめの座り方

妊娠中のあぐら

妊娠後期になるとお腹が大きくなるため、横座りも辛いし、かといっていつも椅子に座れるとは限らない・・・。妊娠中はどのような座り方が良いのか迷うこともありますね。そんなときにはぜひあぐらをおすすめします。一見女性がやるとかっこ悪い、だらしないととらえがちなあぐらですが、妊娠中に限っては積極的にやったほうがよいのです。なぜ妊娠中にあぐらをかいたほうが良いのか紹介します。

妊娠中とあぐらの関係性とは?

妊娠中のあぐら
妊娠中にあぐらの姿勢が良いのは、骨盤の柔軟性を良くして、安産に繋がりやすいからです。妊娠中にやる骨盤体操でも、あぐらのような姿勢を取りストレッチをしており、いつもあぐらで座ることは、日常生活で股関節ストレッチをしているようなものなのです。

・座るとお腹がつっかからず楽
・骨盤の柔軟性を良くする
・出産時に骨盤を開きやすくする

これらの意味から、妊娠中はあぐらをかいたほうが良いといわれています。

なかなか赤ちゃんが下がらないときに

あぐらの姿勢は、臨月になってもなかなか赤ちゃんが降りてこない場合にもおすすめできます。赤ちゃんは陣痛がくるよりも前から少しずつ下に下がってきており、陣痛がくると赤ちゃんが骨盤の中に入っていきます。最初はママの体に対し横向きに下がっていき、体を回転させながら狭い骨盤の中を通り抜けようとします。

陣痛がくるまえにある程度赤ちゃんが下がっていないと、お産がなかなか進まないこともあります。妊娠中からできることは、骨盤の柔軟性を良くしたり、適度な運動を心がけることです。

・胃の圧迫感が無く食欲が出てくる
・トイレが近くなる
・恥骨あたりに鈍い痛みを感じる
・足の付け根に痛みが出る

などの症状が出たら、赤ちゃんが下りてきた証拠です。赤ちゃんが下りてきているということは、赤ちゃん側の準備ができたといえます。出産は赤ちゃんが下に下りてきて、母体側は骨盤を徐々に開き陣痛がきてお産の準備を始めていきます。出産が近くなると、おりものの量が多くなると感じる人もいます。

赤ちゃんが下りてこないときの対処方法

普段からあぐらの姿勢で座るようにしていると、骨盤の柔軟性がよくなり、いよいよ出産というときに骨盤が開きやすくなります。ほかにもウォーキングなどよく歩くこと、骨盤の柔軟性を高め下半身強化に繋がる雑巾がけ、スクワットなども良いとされています。

スポンサーリンク

もし臨月になり妊婦検診で赤ちゃんが下りてきていないと診断されたら、スクワットを日課にしてみるのもおすすめです。スクワットをすると骨盤が開きやすくなり、お産がスムーズにいくともいわれています。

赤ちゃんが下りてから出産まで

赤ちゃんが下りてから出産までは個人差があります。下りてから数時間後に出産ということは少なく、数日とゆっくりと時間をかけてお産の準備に入っていくことが多いようです。具体的な日数や時間はプロでも判断が難しく、個人差があるためなんとも言えないのが実情です。

しかし、初産のほうが骨盤が開くのがゆっくりとなるため、2週間くらい骨盤が開き出し、赤ちゃんが下りてくる症状を感じる方もいます。経産婦の場合は骨盤が開きやすく、そこまで時間をかけなくても赤ちゃんは下りてくることができます。経産婦の場合は数日前など短期間で下りてくることが多いようです。

切迫流産の場合はあぐらは禁物?

妊娠中のあぐら
切迫流産の原因は骨盤が開いてきたものではありませんから、あぐらをかいたからといって、切迫流産がすすでしまうことはありません。しかし、切迫流産のさいには絶対安静となることもありますから、無理な体勢だと判断すればやめるのが無難でしょう。

あぐらで座ること自体は、切迫流産だと診断されても問題はありません。切迫流産の原因は子宮頚管無力症など母体側に問題が出る妊娠12~21週の後期流産と、赤ちゃん側の染色体異常などの問題がある妊娠12週未満の早期流産に分かれます。切迫流産自体は流産が必ずしも進むわけではなく、治療をしたり安静を保つことで妊娠を継続できるケースも多くなっています。

赤ちゃん側の染色体異常の原因がある場合は、残念ですが何をやっても流産してしまいます。あぐらが悪いということではなく、もともと育たない原因を赤ちゃん側が抱えていたことになります。

女性があぐらで座るのはなぜダブー?

妊娠中のあぐら
海外では女性があぐらで座る人も多いのですが、日本ではあぐらで座る人はあまり見かけることがありません。その理由は日本の着物文化と関係性があるようです。着物を着ていれば当然あぐらでは座ることができず、下半身を出してしまうことになるため、日本では女性があぐらをかくことはあまりなかったようです。

しかし、過去の女性の座る様子を見てみると、あぐらのような姿勢を取っている人も多いわけで、江戸時代に小笠原流の座り方として、女性の座り方に発展してきた背景もあります。

日本人は正座になれているため正座ができますが、海外の人は正座ができなかったりします。ヨガの姿勢や座禅を組む場合でも、あぐらのような姿勢となりますから、あぐらは特別お行儀が悪いことではありません。普段からあぐらをかかず、横座りをする女性は、骨盤がゆがみやすく、骨盤の柔軟性も乏しい傾向がありますので、妊娠や出産の予定がある方は、普段からあぐらの姿勢を取るのも良いかもしれません。

まとめ

妊娠中にあぐらが勧められるのは、骨盤の柔軟性をよくし出産時の痛みを和らげるためです。臨月になると自然と骨盤が開いてきて、赤ちゃんが通りやすくしています。骨盤の柔軟性が悪い人だと、骨盤が開くまでに時間がかかり難産となってしまうこともあります。
それに臨月はお腹が大きくなりますから、あぐらの姿勢が一番楽に座れるという意味も持っています。妊娠を希望する方、すでに妊娠中の方はあぐらの座り方をおすすめします。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

陣痛を和らげる

陣痛の痛みを軽くするために!知っておきたいコツ5選

妊娠後期の不安、イライラ

妊娠後期の不安やイライラ、情緒不安定は私だけ?

お産の流れ

おしるし~後産まで!お産の流れで知りたい8つのこと

破水ってどんな感じ?実体験からわかる破水のイメージ

妊娠後期に眠い!昼寝して終わり・・・こんな生活で大丈夫?眠気を解消する3つの解消...