これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妄想妊娠は誰でも起こる可能性がある!妊娠を望む女性が覚えておきたい原因と症状のまとめ

妄想妊娠

妄想妊娠という言葉を聞いたことがあるでしょうか?一般的には「想像妊娠」と呼ばれるものです。どちらも名前が違うだけで同様のことで、妊娠していないのに妊娠症状が現われます。心身症の一種ともいわれており、神経質な人や、強く妊娠を望むばかりに、妊娠したかのような症状が実際に現われます。
医師により妊娠していないことがわかると症状が消失するため、精神的な影響が強いと考えられます。人間以外にも動物にも見られ、哺乳類には稀に見られることがあります。

妄想妊娠の原因とは?

妊娠に対する強いストレスが引き金となると考えられています。女性ホルモンの指令を出すのは脳ですから、精神的ストレスがかかれば生理が止まってもおかしくありません。ストレスにより生理が長期間とまっていると「妊娠したのでは?」と考えてしまい、妊娠していないのにも関わらず、本当に妊娠しているような症状が出てきます。

・実際にお腹が大きくなるケースもある
・つわりや胸の張りなどを感じる
・母乳が出る
・疲れやすさや眠気を感じる

妊娠初期に出る症状が現われたり、そのまま妄想妊娠が進んでいけば、お腹が膨れて妊娠していると勘違いし、出産直前まで妄想妊娠に気が付かないケースもあります。

妄想妊娠の海外の事例

妄想妊娠
海外では偽の妊娠なのに本人が妊娠していると思い込み、出産まで進んでしまった例もあります。ほかにも男性の妄想妊娠のケースも見られており、妊娠は性別を問わず見られることがわかります。

手術を受けた女性(37)は妊娠していなかったということですが、大きなおなかで41週目だと本人は信じていたようです。
吐き気を伴う腹痛で病院に駆け込んだところ、病院スタッフは彼女をすっかり妊婦だと信じてしまったというのです。
「胎児の心音が確認できなかったので、緊急帝王切開をしないと胎児の命が危ないと思ったのです」と病院側はコメントしています。
出典:http://news.ameba.jp/20140114-254/

インド西南部カリカット在住の52歳の男性は、大学院まで修了するも無職。2人の子の父親でもあるが「自分は妊娠している。お腹の中で赤ちゃんがキックするんだ」と家族に訴え続け、そのお腹は日に日に大きくなっていった。兄に連れられて行った精神科医の「男性が妊娠することはありません」の言葉にも耳を貸さず、症状は悪化。次第に「なるべく横になって、激しい運動は避けないとお腹の赤ちゃんに障る」と言い、吐き気、食欲減退など体の不調を訴えるようになった。
出典http://japan.techinsight.jp/2016/02/post-233068.html

妄想妊娠では妊娠検査薬で陰性になるはず?

妄想妊娠
そもそも妄想妊娠だったとしても、今は性能の良い妊娠検査薬が市販されているため、検査すれば陰性となり偽の妊娠がわかるのでは?と感じるでしょう。

妊娠していないわけですから、当然妊娠検査薬で陽性反応が出ることはありません。妊娠検査薬はhCGホルモンの量にて妊娠を判定しており、妊娠していないときにはこのホルモンは分泌されません。そのため「もしかしたら妊娠かも?」と思ったら、市販の妊娠検査薬で調べることが大切です。海外の事例などにも見られる妄想妊娠では、自分は妊娠していると信じ込んでしまい、検査薬で検査することや病院の受診などもしていない様子です。ましてや男性が妊娠していると思った例では、妊娠するはずがありませんから精神的なものなのがわかるでしょう。

通常の妊娠と妄想妊娠の違い

妄想妊娠

スポンサードリンク

通常の妊娠・・・妊娠初期にhCGホルモン数値が上がる、子宮内に胎児が見つかる
妄想妊娠・・・尿検査で妊娠検査をしても陰性となり、子宮内に胎児は見つからない

妄想妊娠の場合は実際に妊娠はしていないのですが、本人が妊娠していると強く思い込んでいるため、脳もそれに合わせて女性ホルモンを変化させます。女性ホルモンの分泌はそれほどデリケートなもので、本人が自覚していないストレスでもホルモン分泌を変えてしまいます。

妊娠すると初期にはhCGホルモンの量が多くなり、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌に作用させます。するとプロゲステロンの分泌量が増えはじめ、高体温を維持させて流産しにくい環境を整えます。さらに妊娠後期にかけてエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増え続け、臨月にはピークに達し産後に2つのホルモンが減少しだします。

基礎体温でもわかる妄想妊娠

妊娠すると排卵後から続いていた高温期がさらに長くなるため、妊娠に気が付くことができます。妊娠初期~胎盤が完成する妊娠4ヶ月までは高温は高い状態が続きます。もし妊娠しておらず妄想妊娠だった場合は、このような高体温が続く状態にはならず、体温が下がるためわかるはずです。

体温を上げるためには黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が多くなることが必要となり、受精していなければこのホルモンは減少して体温も下がってます。体温が下がると通常は生理がくるはずなのですが、ストレスなどで生理の準備が整わず生理がこない場合もあります。

動物の妄想妊娠とは?

人は精神的ストレスにより女性ホルモンのバランスが大きく乱れたり、自分は妊娠していると強く思い込むことが原因です。ホルモンバランスが乱れている方は生理前症候群の症状が強くなりやすく、これを妊娠の症状と勘違いしてしまうこともあります。生理前にも吐き気・眠気・胸の張りなどは起こることがあるため、単なる生理前症候群だったのかもしれません。

一方で動物の妄想妊娠の場合は、精神的なストレスが原因というより、発情期のホルモンバランスの変化が影響しやすいと考えられています。犬や猫の場合も妊娠しているかのような、食欲不振や嘔吐などがみられることがあります。実際に母乳が出て自分以外の子どもに乳をあげる様子が見られたりもします。犬は発情期が過ぎれば自然と収まるため、そのまま放置していても問題はありません。しかし、何度も繰り返すようなら、避妊手術をして発情しない方法も考えたほうが良いかもしれません。

実際に妄想妊娠してしまった人の体験談

まさか妊娠したりしないわよね、とちょっと気にかけていただけだったんですが、予定日になっても生理が来ず・・・数日待っても生理が来ず・・・10日経っても生理が来ず・・・。この頃には一日中吐き気を感じるようになっていたので、妊娠確実と思い、生理予定日を3週間ほど過ぎた頃に産婦人科に行きました(確実に妊娠していると思ったので、あえて検査薬は使いませんでした)。
そしたら、医師の診察の結果「想像妊娠です。1~2週間で生理が来るはずです」と言われ、ビックリするやらホッとするやら。そして、医師の予言(?)通り、1週間くらいで生理が来ました。
出典:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/135210.html

まとめ

妄想妊娠というものは、女性ホルモンが脳から指令を受けている以上、誰でもなりえることです。さすがに出産直前まで気が付かず、お腹が膨れてくる例は稀のようですが、海外のように妊娠しても病院に受診しないのが普通な地域では起こりえることかもしれません。通常でもストレスで生理が1週間や2週間くらい遅れることは多くみられますから、それだけ女性の体はホルモンバランスが乱れやすいということなのでしょう。

関連記事

Sponsored Link

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金