流産後の妊娠で障害は○%増える!妊娠に適している時期について

流産後の妊娠

流産してしまいその後すぐに妊娠すると、子どもに障害が出やすい、そのような噂があります。流産は女性の体や心にも大きなダメージを与えてしまうため、すぐに妊娠するのはよくないという考えから生まれたようです。しかし、実際にどのくらいの割合で、流産後すぐに妊娠して障害が出やすいのか気になる方も多いのではないでしょうか?
流産後の妊娠で障害が出る確率と、流産後の妊娠で適切な時期を紹介します。

流産とは?

流産は妊娠の約15%に起こるといわれているものです。流産といっても切迫流産と呼ばれるものから、一般的に流産といわれるものがあります。これらはまったく別もののため、流産してしまったということは切迫流産ではないということです。

・切迫流産

妊娠22週未満に出血があるなど、流産の兆候が現われることをいいます。流産に進行する恐れはありますが、現段階では赤ちゃんの心拍数が確認され、子宮頚部が閉じていれば流産に進行することは少なくなっています。原因はよくわからないことが多く、ママの病気や感染症などがもとになるともいわれています。切迫流産と診断されても安静を保てば妊娠を継続することができます。

・流産

妊娠12週未満に起こることが多くなっています。出血や腹痛を伴うこともありますが、まったく症状がなく妊婦検診ではじめて流産していることに気が付くこともあります。妊娠初期の流産のほとんどは、受精卵の染色体異常など胎児側に原因があります。このような理由の場合は流産を食い止めることはできず、もともと育たなかった受精卵だということです。

流産してしまったら?

流産後の妊娠
もし流産してしまったら、次のどれかに当たります。流産といっても赤ちゃんがどのような状態かにより種類が分けられており、それぞれに対する処置が変わります。妊娠初期の流産の多くは、ママが仕事などで無理をしたからという理由は当てはまりません。

・化学流産

超妊娠初期に妊娠検査薬で陽性反応が出て、着床したころに流産してしまうものです。受精卵の先天性異常が原因のことが多く、生理のような出血や腹痛が見られます。少し重い生理がきたら化学流産かもしれません。完全に子宮内容物が流れた場合、処置は必要ありません。

・稽留流産

流産の兆候がないのに赤ちゃんの成長が止まり、お腹の中に留まるものです。妊婦検診の超音波検診で、赤ちゃんの心臓の鼓動がみられなくなります。そのまま放置しても流れることはないため、子宮内容物の除去手術が必要となります。

・進行性流産

子宮頚部が開いて流産となるものです。そのまま放置すると高い確率で流産する恐れがあります。出血や強い腹痛も伴い、子宮内容物を除去する手術が必要です。

・不全流産

流産の兆候がみられたのにも関わらず内容物が子宮内に留まる状態です。内容物が子宮内に残ると、出血や腹痛などを伴いやすく、子宮内容物の除去手術が必要となります。

・完全流産

子宮内容物が完全に外に出た状態で、超音波検査で子宮内がきれいになっているのを確認したら、処置をする必要はありません。

流産後の妊娠の障害の確立とは?

流産後の妊娠
流産といっても化学流産のように妊娠12週未満の早期流産なのか、それとも突然赤ちゃんの成長が止まってしまう妊娠12~21週の後期流産なのかで障害になる確率は異なります。そもそも早期流産と後期流産では原因が異なるため、すぐに妊娠してよいかは変わってくるのです。

・化学流産の場合

妊娠12週未満に流産してしまい、原因が胎児側の理由であった場合、化学流産だといえます。この場合は受精卵の先天性異常が原因となるため、防ぎようがありません。さらに化学流産というのは健康なカップル間でも起こることで、たまたま受精のタイミングが悪いなど運が悪かっただけなのです。

流産後の妊娠
画像出典:https://www.premama.jp/jiten/pregnancy/preg57.html
プレママタウンの調査によると、妊娠12週未満に流産している人が多いのがわかります。流産のうち化学流産は98%ともいわれており、多くの場合で防ぐことができなかったものです。化学流産は昔は気が付かず、妊娠して流産しても生理と勘違いしているケースも多く見られていました。今は市販の妊娠検査薬でも、早期に調べることができるものが登場し、知らなくても良いことがわかるようになってしまいました。

化学流産とは受精はしたものの、着床しづらい状態となり妊娠が継続できません。化学流産になる理由は受精卵の問題が指摘されていますが、確かに着床しにくい体質の人はいます。そのような方は、何度も化学流産を繰り返すこともあります。健康な女性でも生涯のうちに1度や2度くらいは、知らないうちに化学流産しているともいわれているため、3度以上続けて化学流産した場合は注意する必要があります。

・黄体機能の不全

受精することができても受精卵が着床するためには、子宮内膜に十分な厚みが必要です。生理前には黄体ホルモンが多く分泌し、着床に備えて子宮内膜が厚くなります。これが不十分だと、受精卵が子宮に着床しづらくなります。その直接的な原因は黄体機能の不全で、黄体ホルモンが十分分泌していないことから起きています。

黄体機能の不全は基礎体温を測り自分でも調べることができます。

・高温期 9日以内
・高温期と高温期の温度差 0.3度以内

これ以外にも産婦人科で子宮内膜の厚さを調べてもらったり、プロゲステロンの数値でもわかります。まずは基礎体温を測り高温期の長さと、低温期と高温期の差を調べましょう。

スポンサーリンク

・黄体ホルモン

黄体ホルモンはプロゲステロンとも呼ばれ、排卵後に分泌され基礎体温を上げる働きがあります。このホルモンが十分分泌していないと、高温期が9日以上続かなかったり、低温期と比べて十分な高温にならない症状が出ます。この黄体ホルモンの分泌が少ないものを「黄体機能不全」と呼びます。

成熟した卵子が排卵したあと、残された卵胞が黄体化し、これにより黄体ホルモンが分泌しはじめます。卵胞が十分に育たなければ起こらないため、黄体機能不全の原因は卵胞期の卵胞刺激ホルモンの分泌量低下が原因だと考えられます。他にも黄体形成ホルモンの分泌量低下、LHサージの分泌量低下なども原因となることがあります。

・ストレスも原因のひとつに

これらホルモンの分泌を司るのが、脳にある視床下部と下垂体です。精神的ストレスがかかると、これらの機能が十分働かず、ホルモン分泌量が低下して排卵が起きなかったり、黄体ホルモンの分泌が悪くなったりします。ストレスを受けると生理が止まってしまうのも、脳が影響を受け必要なホルモンを分泌できていないからです。生理や排卵に必要となるホルモン分泌は、とてもデリケートでさまざまな要因でも止まってしまうことがあります。

・化学流産後の妊娠で障害の可能性は?

化学流産をした原因が偶然的な卵子の染色体異常など、受精卵自体に問題が出ているなら、その後すぐに妊娠しても、子どもに障害が出ることはありません。その化学流産は稀にみる偶然が重なっただけに過ぎず、たまたま起こっただけだからです。この理由で流産したのなら、次の妊娠も同じように先天性異常が重なるとは考えられません。

妊娠12~21週の後期流産後の妊娠で障害の確立は?

流産後の妊娠
妊娠12~21週までに流産が見られた場合、原因は母体側のことが多いため、その原因を取り除かなければ、次の妊娠でまた流産が起こるリスクがあります。この時期に流産が続いた場合、母体の健康状態を調べることからはじめたほうが良いでしょう。

・妊娠12~21週で多い理由

子宮頚管がゆるんでしまい、赤ちゃんがお腹の中に留まることができない場合があります。この場合は子宮頚部が広がりやすい原因のみですから、事前に治療をして赤ちゃんが外に出ないよう対処することができます。一度子宮頚管無力症と診断され流産してしまったとしても、すぐに妊娠して赤ちゃんに障害が出るおそれはありません。ただし、次の妊娠時には子宮口をしばるなどの処置が必要となります。

ほかにも割合としては少ないですが、膣炎や子宮頚管炎から、絨毛膜羊膜炎に繋がるケースもあります。常在菌により感染症を引き起こしたもので、子宮収縮を引き起こすため早産の原因となりえます。この場合は膣洗浄を行い、子宮収縮抑制薬を服用すると流産を予防できることがあります。

妊娠中に感染症にかかるのも、流産や早産の原因となることがあります。具体的な種類については下記の記事を参考にしてください。

[clink url=”http://xn--104-dp4ba.com/426/”]

・おたふくかぜ 先天性の病気になるリスクはないが、まれに胎児死亡になる可能性がある。
・水ぼうそう ママが妊娠中に発感染すると注意が必要で、妊娠初期や後期に先天性水痘症になる恐れがあります。
・風疹 妊娠20週までに感染すると、赤ちゃんの先天性リスクが出ることがあります。

妊娠中の感染症は予防できることですから、後期流産で感染症が原因だとわかっていれば、次の妊娠で注意すれば良いだけです。

流産から次の妊娠まではどのくらいあけるか?

化学流産の場合で子宮内容物の除去手術が不要なら、とくに期間をあける必要はありません。しかし、手術が必要な流産の場合は、子宮内を落ち着かせるため生理1回くらい空けるのが良いとされています。

私は何回か流産していますが、医師によって「1回生理がきたらまた妊娠してもいいですよ」と言う人もいれば、「3回は生理を待った方がいい」という人もいました。

大体よく聞くのは「生理2・3回を待って…」というパターンでしょうか。
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10115739815

実は一人目と二人目の間にも一度妊娠して、そのときは稽りゅう流産で手術しました。
そのときは生理は二回見送ってと言われ、半年後に二人目を妊娠しました。
医師にもよりますがだいたい生理二回見送ってと言われる方が多いと思います。
出典:http://pigeon.info/soudan/soudan-25967.html

私の場合は失った赤ちゃんが早く戻ってきてほしくて、先生の了解のもと生理が一回来てから又治療をして、その周期で再び妊娠する事が出来ました。

妊娠した時は嬉しさ半分不安が半分で、生まれてくるまでは多少の心配はありましたけど、流産を経験していれば特に、いつ妊娠出来たとしてもその不安はついてくると思います。
出典:http://www.jineko.net/forum/%E5%A6%8A%E5%A8%A0%E3%83%BB%E5%87%BA%E7%94%A3%E3%81%AE%E5%BA%83%E5%A0%B4/167611/

先生からは生理が2回来たら妊活していいですよ。と言われました。
1回目生理が来て、2回目の生理がこず改めて受診したところ妊娠が発覚。
無事出産して8ヶ月の娘がいます。
出典:http://bbs.karadanote.jp/8072

まとめ

流産後にすぐ妊娠してよいかは、多くの方が迷うのでは無いでしょうか。流産が1度や2度続くことはよくあることで、健康なカップルの間でも見られることです。もし流産してしまったら、子宮内部の除去手術が必要かでも判断されてみてはどうでしょうか。そもそも化学流産自体は本人も気が付いていないことも多く、すぐ妊娠しているケースもあると考えられます。もし流産を3回以上経験されているなら、流産の原因をしっかり調べてもらい、次の妊娠につなげましょう。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

子宮外妊娠(異所性妊娠)の「痛み・出血」症状はいつから?妊娠初期は兆候を見逃さな...

新出生前診断を受ける人の割合

妊娠中の基礎体温はいつ下がる?

妊娠中にくしゃみすると腹痛!痛みを和らげる方法

妊娠中のむくみ

妊娠中の静脈瘤やむくみのトラブルを改善しよう!○○するだけで予防法

超音波検査

超音波検査の費用や見方!初期~後期までの超音波写真いろいろ