逆子(さかご)になっても大丈夫!原因と直す方法をしっかり見直そう

さかご

さかごだと診断されると、心配になる妊婦さんも多いことでしょう。しかし、さかごになってしまっても、ほとんどが正常に戻るため心配しなくても大丈夫です。一部は直りにくいケースが見られていますが、「さかごです」と医師に言われても、その後正常な位置に戻り一時的なものだと判断しておきましょう。医師の様子でも切羽詰った感じはしないはず。
でもさかごだと診断されたら心配なことは確かですから、さがごの原因と直す方法をチェックしてみましょう。注意したいのは妊娠32週以降で、それ以前の妊娠28週くらいでは一時的なさかごだと判断することができます。

さかごとは?

さかごの原因
赤ちゃんはママのお腹の中で頭を下にして過ごしています。これを「頭位」と呼び、この状態が正常な状態となります。しかし、何らかの原因により赤ちゃんの位置が反対になり、頭が上、お尻が下になったものをさかごと診断します。さかごは別名骨盤位とも呼んでいます。

・腎位(でんい)

その名前のとおりお尻が下になった状態です。腰を折り曲げて足は胸の位置に近くなっています。

・膝位(しつい)

赤ちゃんが正座で座ったような形になり、膝が下にきている場合です。

・足位(そくい)

赤ちゃんは真っ直ぐ立った状態で、足を下に向けています。

さかごの原因とは?

妊娠32週ころまでには自然と直るため心配する必要がありません。さかごになる直接の原因は不明ですが、赤ちゃんがお腹の中で活発に動いている証拠ともいわれています。原因として考えられるものは、胎盤が低い、赤ちゃんが小さくお腹の中でくるくる回る、羊水が多めなどです。

・妊娠中期

妊娠中期でさがごと言われてもほとんどの場合で直るため問題はありません。妊娠中期は半数くらいがさかごで、お腹の大きさにくらべ羊水が多いため、中で移動することができます。この時期の赤ちゃんは、お腹のなかでくるくると自在に動きまわっていますから、たまたま診察時にさかごになっていただけなのでしょう。妊娠28週ころにさかごと診断されても、頑張って体操する必要はなく様子をみてください。

・妊娠後期

妊娠後期で32週くらいになると、あかちゃんがお腹のなかで回りにくくなるため、注意が必要になってきます。体全体をくるくると回転させることが困難になるため、さかごと診断されたら体操などで改善させる必要があります。

・臨月

この時期にさかごと診断されると、ほぼ固定されるため直りません。子宮の内部に赤ちゃんがぴったりと納まっており、容易に回ることはできない状態です。しかし、まれに直ることもあるため、必ずしも帝王切開になるわけではありません。直前に直る人もいるため、心配しすぎず過ごすようにしましょう。

直りにくいのは前置胎盤、子宮筋腫がある、羊水の量が通常より多い場合や少ないケース、お腹の張りが見られる、骨盤が小さい、双子など多胎、へその緒がまき付いているなどです。

スポンサーリンク

さかごを直す方法

逆子を直す方法
妊娠中期ならまだ赤ちゃんはお腹のなかで回りやすいため、積極的に直す必要はありません。もし妊娠32週以降にさかごだと診断されたら、お腹の張りを防いで赤ちゃんが回りやすい環境をつくるのが直すポイントです。

・横向きで寝る

赤ちゃんの背中を上にして寝ると、居心地が悪くなりもとに戻ることがあります。横向きに寝るときにはどちら側を下にするか検診で調べてもらいましょう。しかし、検診どきの体勢をずっと続けるとは限らないため、わからなければ左右両方試す方法もあります。

・体を温めリラックスする

お腹の冷えは子宮の筋肉がかたくなりお腹が張りやすいため、保温を心がけてリラックスしましょう。足もとを温めるようにレッグウォーマーを付けたり、レギンスを着用してお腹まわりを冷さないのも対策になります。飲み物は温かいものにして体のなかから温めるのがコツです。

・腰を高くして寝る

腰の下に枕やクッションを敷き腰を高くして寝ます。10分程度続けたら終了です。途中でお腹が張るようなら中止してください。

・さかご体操

四つんばいになり、胸を床に近づけます。お尻を高くすると赤ちゃんがくるっと回転するともいわれています。産院のなかには医師がお腹に手を添えて、赤ちゃんを誘導しくるっと回す方法が行われているところもあります。

さかごが直らなかったら?

逆子を直す方法
妊娠32週以降でもさかごが直らない場合は、帝王切開になる恐れがあります。しかし、この頃ではまださかごが直る可能性もあるため、帝王切開は確定したわけではありません。心の準備をしておき帝王切開になるかもしれないということだけは覚えておきましょう。

妊娠37週~38週に帝王切開をするか決めます。さかごでも分娩が可能なケースはありますが、近年では安全性を高めるため帝王切開となる場合が多いようです。

・破水に注意しよう

赤ちゃんがさかごだとそのまま分娩はできないため、破水には注意しましょう。破水後に赤ちゃんより臍帯のほうが先に出てしまうと、赤ちゃんへの酸素供給が少なくなり、命の危険性が出てきます。破水が見られたらすぐに病院に連絡し、帝王切開の処置をしてもらう必要があります。

まとめ

さかごと診断されると多くの妊婦さんは不安を感じるのではないでしょうか?きちんとした知識があれば、妊娠中期のさかごはよくあることだといえるのです。妊娠後期から臨月までの間にさかごになると、通常での分娩は難しくなるため、その場合にさかご体操などで直してみると良いでしょう。

[clink url=”http://xn--104-dp4ba.com/24/”]


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

妊娠中の睡眠の質を上げるためのコツ!11個の対策で快眠に

妊娠と肌荒れ

初期の期間中にこれなら使えた!妊娠中の肌荒れにいいスキンケア11選!

里帰り出産

里帰り出産。2人目、3人目と上の子の幼稚園はどうすべき?

妊娠とアレルギー遺伝

アトピー性皮膚炎は遺伝するのか?妊娠中にできる対策7つ

妊娠中に親知らずが痛くなったら?虫歯と歯周病も注意が必要

妊娠中の口臭は意外なところから?!通常の対策と見逃される問題の対策