これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

ベジタリアンはつわりが無い?!体をアルカリ性にするのがポイントかもしれない事実5つ

ベジタリアンとつわり

一説によると、ベジタリアンはつわりが無いともいわれているのをご存知でしょうか?ベジタリアンにも卵は食べるという人がいたり、お肉は食べないけど魚はOKなどいろいろなタイプがいるようですが、全般的に野菜を多く食べる食生活だとはいえます。このように野菜を多く食べる人のなかには、妊娠中につわりがほとんど無かった!という方もいるのが事実なのです。

つわりがひどい人にとっては羨ましい話しですよね。ベジタリアンのほうががつわりの症状が軽いのは「体がアルカリ性に近づいているから」「体に毒素が溜まっていないから」、などの理由が考えられています。妊娠1人目でつわりがひどく、2人目を作るのを躊躇している方は、菜食主義者になるといいかもしれない理由を紹介しましょう。

ベジタリアンはつわりが無いは本当?

『つわり・・・朝方にちょっとムカムカぁ~っとすることがあるけれど、食欲も変わらない。食べものも気持ち悪くない』っと、普段とおなじように料理屋の厨房で仕込みの仕事をし、家事をこなして、料理教室の試作に励むヒロミゴーでした。
出典:http://sakai-hiroko.jugem.jp/?eid=782

マクロビを実践している方は、実際につわりが軽かったようです。

他の妊婦さんにうらやましがられるほど、つわりとは無縁みたいです
朝昼はすこぶる体調がよく、もりもり食べていますが、夜は少しお腹が満腹になるのが早い感じ
出典:http://ameblo.jp/alyssavege/entry-11549719326.html

ベジタリアンになってから5年の女性の方も、やはりつわりが軽かったと感じています。いったいその理由とは何なのでしょうか?

1・葉酸が多くとれているから

ベジタリアンとつわり
葉酸にはつわりを軽減させる作用があるともいわれています。葉酸は野菜に多く含まれていますから、ベジタリアンの生活をしている方は、十分葉酸を摂取できていると考えることができます。葉酸は熱に弱く、調理の過程で流れ出してしまい、普通に食事をしている方でも不足してしまうことがあります。

さらにつわり予防に良いとされるのがビタミンB12やビタミンB6です。葉酸サプリメントにはこれらの栄養素が総合して配合されているものが多く、葉酸サプリでつわり対策をする方も多くなっています。これらの栄養は自律神経の働きとも関係しているため、つわり予防になると考えられています。実際に、米国産婦人科学会ではつわりの治療にビタミンB6が有効だとしています。

2・有害物質を排出するため

ベジタリアンとつわり
つわりが起こる仕組みはまだ良くわかっていない部分が多くなっています。しかし、ひとつの説としてあげられるのが「有害物質の排出」です。妊娠10ヶ月間の間に受精卵から細胞分裂し、赤ちゃんは急激に成長します。この間に内臓など重大な器官が育つため、問題となる毒素を排出するため吐き気が起こるというものです。

肉類を多く食べていると環境ホルモンや抗生物質などの影響を受けている可能性があります。野菜類にも農薬の危険性はありますが、野菜にはもともとデトックス作用がある食べ物も多く、体にそれほど蓄積していないのかもしれません。食生活が乱れている人ほど、つわりが起こりやすいともいわれています。

スポンサードリンク

3・飽和脂肪酸の摂取量が少ない

エストロゲンが多い人はそれだけつわりがひどくなるという報告があります。エストロゲンの量を多くしてしまうのが、飽和脂肪酸だと考えられています。飽和脂肪酸は肉類やバターなどの脂のほか、生クリームにも含まれています。つわりがひどい人ほど、肉食を続けていたり、スイーツ好きでクリームやバターを多くとっているのかもしれません。

4・体がアルカリ性に近づくから

アルカリ性とつわり
野菜を多く食べている人ほど体がアルカリ性で、肉食の人は酸性に近づきやすいともいわれています。食品がアルカリ性か酸性かの違いは、その食品に含まれるミネラルの違いです。カリウムやカルシウムなどを多く含む野菜や果物はアルカリ性食品、リンや硫黄や窒素を多く含む肉類や魚類などは酸性食品になります。

アルカリ性食品をよく食べるようにすると、血液がサラサラになり生活習慣病の予防や、ダイエットにも繋がります。ほかにも海藻類、きのこ類などもアルカリ性食品です。しかし、白米は酸性食品のため、食べ過ぎないように注意する食事方法となっています。

実は血液中のpHはいつも一定に保たれており、食品で大きく変わるわけではありません。しかし、体のpHが変わったり、尿がアルカリ性に近づくのは確認できます。妊娠中は赤ちゃんの老廃物で体が酸性に傾きやすく、アルカリ性食品を多く食べたほうが軽減できるとも考えられています。

5・腸に宿便が溜まっているから

宿便とつわり
ベジタリアンの方は野菜を食べる量が多いため、食物繊維の摂取量も増えて便秘が解消しやすくなります。逆に肉食の人は野菜が不足する傾向が出ますから、便秘になったりします。そもそも日本人の腸は野菜や穀物を消化するために長く作られており、肉食になると腸内で便が長く停滞することになり、腸内環境が乱れてしまいます。

妊娠中のつわりの原因は、腸内に溜まった宿便だと指摘する専門家もいるようです。

第2子妊娠を計画中に本屋で立ち読みした胎教の本に、「甲田光雄先生によると、妊婦のつわりの原因は腸にたまった宿便にあります。赤ちゃん用の緩下剤を服用し、宿便を出しましょう」という一節を発見。

つわりはどうなったか?実際、第1子の時にくらべると、ずいぶん軽くてすんだ。ヤッター。1回も吐くことはなく、口の中が気持ち悪い程度。
出典:http://www.asyura2.com/2003/health3/msg/126.html

まとめ

ベジタリアンやマクロビの食生活がつわりに良いかは科学的に証明されたわけではありませんが、いろいろな理由から妊娠中に体が影響を受けてしまい、吐き気として現れることがあるようです。確かにベジタリアンの食生活でつわりが軽かったと感じる人もいるため、気になる方は食生活を変えてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連記事