これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠中の風邪・インフルエンザの基礎知識5つ

妊娠と風邪

誰でもかかる感染症といえば、風邪・インフルエンザでしょう。生涯のうちに何度もかかる人も多く、当然妊娠中も感染してしまうことがあります。心配なのが、風邪・インフルエンザにかかった際の赤ちゃんへの影響と、母体の対策方法ではないでしょうか?これらの基礎知識を正しく取り入れて、感染症予防をしましょう。

1・風邪とインフルエンザの違いとは?

風邪とインフルエンザ。似ているようで原因となるウイルスはまったく違います。1年を通してかかりやすいのが風邪で、冬に発症数が多くなるのがインフルエンザです。症状が重症化する人もいるため、妊婦さんはインフルエンザ対策が気になる方も多いのではないでしょうか。

【風邪】
発症時期・・・1年中
症状・・・くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛み
発熱・・・37~38℃
ウイルス・・・ライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルスなど

【インフルエンザ】
発症時期・・・冬季
症状・・・咳、喉の痛み、鼻水、倦怠感、関節炎
発熱・・・38℃以上
ウイルス・・・インフルエンザウイルス

通常の風邪と呼ばれるものは症状が軽度なことが多く、上気道症状のみで熱は微熱程度です。インフルエンザは高熱を伴うことが多く、肺炎などの合併症になることもあるため、持病を持っている方はとくに注意が必要です。免疫力が低下しやすい妊娠中もできるだけ避けるのが無難です。

2・風邪・インフルエンザの影響は?

妊娠と風邪
気になるのは持病を持っている方の感染、赤ちゃんへの感染ではないでしょうか。心配な方は流行時期にインフルエンザワクチンの接種を受けると予防になります。ワクチンは赤ちゃんへの影響は無いとされているため、妊娠中でも予防接種を受けることができます。もしかかっても予防接種を受けたほうが症状が軽いといわれています。

母体への影響

通常の風邪なら問題は無いと思いますが、高熱が出やすいインフルエンザワクチンの場合、肺炎などの合併症を引き起こすことがあります。その場合流産や早産に繋がる例も見られていますから、症状が重いようなら無理せず病院を受診してください。

赤ちゃんへの影響

風邪やインフルエンザウイルスが赤ちゃんに直接影響を及ぼすことはありません。ただし、母体の体調が悪くなれば、当然酸素や栄養も行き渡りにくくなりますから、赤ちゃんのことを考えると重症化しない対策が必要だといえます。

スポンサードリンク

3・インフルエンザの治療

インフルエンザの治療
インフルエンザが重症化しそうな場合は、治療薬が使われることがあります。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。リレンザは吸入薬で局所的に効くため、副作用が気になる方はこちらが良いかもしれません。イナビルも吸入薬で病院で利用します。どれも赤ちゃんへの影響は少ないとされていますが、飲み薬のタミフルのほうが血中濃度が高くなるため、気になる方は吸入薬を処方してもらいましょう。

4・風邪・インフルエンザの感染症予防

風邪予防
妊娠中は免疫力が低下しやすいため、できるだけ風邪・インフルエンザの感染予防をしておきましょう。一般的にいわれている風邪対策で予防ができます。主な感染は風邪をひいている人の近くに居て、くしゃみや咳などに含まれるウイルスを吸い込んでしまうことです。

手洗い・うがい

人が集まる場所に行く場合、電車のつり革などで感染するリスクがあります。風邪をひいている人のくしゃみ・咳などにウイルスは含まれていて、物を通して間接的に感染することもあります。外出したら帰宅後に石鹸で手洗い、うがいで予防しましょう。

マスクを付ける

くしゃみでウイルスが飛ぶ距離は4~5mともいわれているため、風邪をひいている人の側に寄らなくても感染してしまう可能性があります。そのため感染予防をするならマスクを付けるのが一番でしょう。マスクは使い捨てのものを利用し、表面にもウイルスが付いているため触らないように。

5・風邪の民間療法

風邪の民間療法
大根飴、生姜湯、くず湯、梅干湯などを飲むと予防になるとされています。大根飴は角切りにした大根を蜂蜜につけておいたものです。生姜、くずの根、梅干などをお湯に入れて飲むと、体がポカポカと温まります。

ドイツではカモミールティを飲んで症状を和らげる民間療法が利用されています。ノンカフェインで妊娠中でも飲めるため、ティーバッグを1つ準備しておくと安心です。ティーツリーオイルはすーっとする香りで、鼻詰まりの解消に使えます。

まとめ

妊娠中は風邪・インフルエンザにはかかりたくないもの。これらで赤ちゃんに影響を与えることはほとんどありませんが、母体の症状が酷くなるのは辛いことですから、予防法をいろいろと試してみましょう。持病があり重症化する恐れがある方は、無理せずに早めに受診したり、インフルエンザワクチンを検討するといいかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事