これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠中のアロマオイルの活用法!使える、禁止をしっかりおさらい

妊娠とアロマ

妊娠中はアロマオイルは難しいから!と思っていませんか?確かに妊娠中には使えないアロマオイルはあるため、知識を持っていないと選ぶのが難しいと感じてしまうかもしれません。しかし、アロマセラピーは科学的なリラックス作用が数多く研究されていますから、上手く活用したほうが妊娠中のイライラを予防できるんですよ。

妊娠とアロマオイルの効果とは?

西洋医学では代替医療としてアロマセラピーが活用されています。フランスやベルギーなどの地方で実際に医学として発達しており、香りを鼻から吸引すると脳に作用することがわかっています。それにより自律神経やホルモンを整える作用が得られるため、アロマテラピーは治療にも役立てられています。

ただし、妊娠中は赤ちゃんへの作用も心配ですから、使用できないアロマに注意し、必ず芳香浴をメインにします。体に直接塗る方法は作用が強くなりやすく、ホルモン作用や子宮収縮を強くする成分もあるため避けましょう。

・むくみ予防
・便秘の改善
・イライラを和らげる
・不安を解消する

などが妊娠中の主な作用ですが、メインは香りでリラックすることです。妊娠中は女性ホルモンの変化により、精神的にも変化を感じる人が多く、心地よいと感じるアロマを使うことが大切です。

精油の手に入れ方

妊娠とアロマ
アロマオイルは100円ショップなどでも手に入りますが、妊娠中は成分にもこだわりたいため、専門店での購入がおすすめです。不安がある方は店員さんに妊娠中であることを告げて相談すると、妊娠中に使えないアロマを避けて選んでくれます。

・遮光性のある瓶のもの
・原産国をチェック
・抽出部位が書かれている
・蒸留方法が明記されている

これらの点をチェックすると、安心して使えるアロマオイルなのかがわかります。

海外の製品ではフランス、ベルギー、イギリスのものでは医薬品レベルの商品が手に入りやすくなっています。アロマオイルは光に弱いものが多く、光を通しにくい瓶を採用している商品を選びましょう。

妊娠中の芳香浴のやり方

妊娠とアロマ
妊娠中はマッサージの使用はできるだけ避け、芳香浴をメインにやります。芳香浴とはアロマの香りを嗅ぐ方法で、様々なやり方があります。ほかにもお風呂に入れたり、オイルに精油を加えてマッサージする方法がありますが、利用は妊娠中期以降に留めるようにします。

アロマディフューザー

アロマディフューザーは電気で加熱して香りを出すタイプです。コンセントに刺すだけの商品や、加湿器にプラスすることができる商品などがあります。専用の道具が無ければ、マグカップにお湯を注ぎ、そこに精油を数的入れる方法でも代用ができます。

スポンサードリンク

ハンカチに含ませて

アロマオイルを持ち歩いたり、手軽に香りを嗅ぎたい場合は、ハンカチ・ティッシュが便利です。1滴でも十分香りを感じやすく、素早くリラックスしたい時に最適です。オフィスで周りに人がいる際にも使えます。

お風呂に入れる

アロマバスは皮膚から成分が吸収しやすいため、妊娠中期以降にしてください。とくにリラックス作用が高いアロマがおすすめで、寝る前の入浴時に3滴~5滴ほど入れましょう。

マッサージ

むくみ解消に良いアロマオイルもあるため、妊娠中のむくみ対策としてマッサージが有効です。これも妊娠中期以降に利用し、できれば妊娠に詳しい専門施設での利用がおすすめです。

妊娠中に使える精油

妊娠とアロマ
ホルモン作用があるもの、子宮収縮作用のあるもの、などが妊娠中には使用できません。そのため、妊娠初期に避けたいアロマオイル、妊娠中期から使用して良いアロマオイルと分かれています。全期間を通して使用できないのは、セージ・フェンネル・ヒソップ・バジルなどです。

妊娠初期から使える精油

・グレープフルーツ
・ラベンダー
・ローズウッド
・ベルガモット
・レモン
・スイートオレンジ
・ティーツリー

柑橘系は爽やかな気分になったり、むくみ対策、冷え症や便秘対策にも良いとされています。ラベンダーはリラックス作用が高くイライラ防止になります。

妊娠中期から使える精油

・ローズ
・ローマンカモミール
・クラリセージ
・サイプレス
・サンダルウッド
・ゼラニウム
・タイム
・ユーカリ
・ローズマリー

クラリセージ、ローズ、ゼラニウムなどは軽いホルモン作用があるため、妊娠中期以降の使用にします。ちなみに、これらはお産促進作用があるともいわれているため、なかなかお産が始まらない場合はマッサージの利用がおすすめです。

まとめ

妊娠中のイライラ防止に広く使いやすいのがラベンダーです。ローズもイライラに使われていますが、軽いホルモン作用があるため早い時期には避けてください。逆に臨月以降にはお産促進としても使えるため、初産でお産が始まらない方は試してみましょう。アロマオイルは好きな香りを選べば脳に良い作用をもたらしますから、使用して心地が良いものをいろいろ試してみてください。

スポンサードリンク

関連記事