妊娠糖尿病の胎児の影響はとっても危険!

妊婦糖尿病は胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。
糖尿病という言葉がついている事から、血糖値が上がって妊娠後も糖尿病の治療をしなければならないと考える方も多いようですが、実は普通の糖尿病とは区別されています。ただし、妊娠中に糖尿病の症状が出ると胎児の先天性異常をもたらす可能性があるため医師も注意しているのです。
病気ではありませんが、妊婦糖尿病と診断された方は胎児に影響があることは知っておきましょう。

最近増えている妊婦糖尿病

最近は糖尿病になる人が増えていますが、同時に妊婦糖尿病も増加しているのだとか。糖尿病は血糖値が上がってしまい様々な合併症が起こる病気ですが、妊娠すると元々代謝が悪くなるためそれをキッカケに糖代謝が悪化してしまうことがあります。

妊娠前は何も症状が出ていなかった人でも、妊娠によって血糖値が上がることは良くあるため、血糖値については注意したほうが良いでしょう。特に最近は妊婦糖尿病にかかるリスクが増えているといいますから、妊娠前からその可能性が高い人は血糖値に注意する必要があります。

割合としては全体の1割ほどが妊婦糖尿病になるとされています。

妊婦糖尿病での胎児への影響

妊娠
糖尿病とは血糖値が上がりすぎてインスリンの分泌が増え、様々な問題が出てくる病気です。妊娠中に糖尿病が起こると、胎児へ糖分が多く贈られてしまうため成長に大きな影響を及ぼします。

例えば心臓病など内臓が不全となったり、口蓋裂のような先天性の奇形も糖尿病との関係性が指摘されています。また、血糖値が上がって胎児にも糖分が多く贈られるため低血糖となったり、逆に巨大児などの影響も見られています。

また、母体にも糖尿病は影響を及ぼし、帝王切開になるなどリスクも持っているため、糖尿病には十分注意しなければなりません。

糖尿病になる原因とは?

元々の糖尿病とは違うもので、一般的な糖尿病と同様に肥満の人がなりやすいということはありません。痩せ型でも妊婦糖尿病になる人は多く、妊娠してから発症する糖尿病の場合は区別されています。

直接の原因は妊娠することでインスリンの働き悪くなってしまうからです。一般的な糖尿病は肥満や高カロリー食が原因だともいわれており、高血圧や動脈硬化など他の生活習慣病にもなりやすいのが特徴的です。

一方妊婦糖尿病は甘い物を食べ過ぎたという理由とはちょっと違います。妊娠を継続するためのホルモンの影響でインスリンの働きが悪くなるのが直接的な原因です。ほとんどの方は妊娠すれば多少血糖値が上がるため、気にしなくても大丈夫なのです。

スポンサーリンク

ただし、継続して血糖値が高いと診断されたり、ブドウ糖負荷試験で高い数値が出ると食事療法や運動が必要となってきます。

妊婦糖尿病の食事の工夫

食事
普段より血糖値が上がりやすくなっているため、食事制限が有効となります。ただし糖質を極端に制限しすぎると、ケトン体というものが発生し脳のエネルギー源とするため注意してみて下さい。このケトン体が出すぎると胎児にも良くないというデータがあるため糖質は極端に減らしすぎないことです。

血糖値が高い場合はちょこちょこと食事を少しずつ食べたり、血糖値の急上昇が少ない白米や雑穀米などを良く噛んで食べましょう。基本は和食が一番です。甘い物は素早く血糖値を上げるため避けましょう。果糖も控えるのが無難です。

また、血糖値は食後に運動すれば緩やかに下がってきます。食後30分~1時間くらい休んだら有酸素運動を心掛けましょう。

妊婦糖尿病になるリスクが高い人

妊婦糖尿病にかかりやすい人というのがいます。家族に糖尿病患者がいる場合、高齢出産となる場合では注意が必要です。遺伝的に糖尿病にかかりやすいと元々インスリンの効き目が悪く、妊娠をキッカケに血糖値が上がってしまうことがあります。

また、高齢出産となる方は年齢的に代謝が落ちやすいため、食事に注意していないと血糖値が上がることも考えられてます。最近妊婦糖尿病になる人が増えたのは食生活の欧米化や、運動不足、高齢出産などが影響しているのかもしれません。

一般的には出産後はホルモンが変化するため糖尿病も治るのですが、そのリスクはあると判断できるため油断できません。産後も食生活や規則的な運動を心掛けていないと、糖尿病にかかってしまう場合があるのです。

妊婦糖尿病の治療方法

血液検査
特に治療は必要なく、食事療法と運動療法で改善できます。血糖値をコントロールできていれば、薬を飲む必要はありません。もし自己コントロールができない場合は入院して食事療法をする病院もあるようです。

また、それでも糖尿病が改善できなければ自然分娩が難しいと判断され、大きな病院に転院させられたり、長期的に入院が必要なケースもあります。

最終的にはインスリンの自己注射も加えられます。この病気は早産や胎盤早期剥離、死産、巨大児、赤ちゃんが出産後低血糖になりやすいなどのリスクを抱えており、早い段階からコントロールが望まれています。

まとめ

妊婦糖尿病とは普通の糖尿病とは区別され、ホルモンの影響によってインスリンが効きにくくなっているからです。その後そのまま糖尿病になる方は少ないのですが、それでも元々遺伝的に糖尿病のリスクがある方は注意したほうが良いでしょう。逆に妊娠中に糖尿病リスクが発見され、その後の食生活や運動習慣が付いて生活が見直され良い面もあるのです。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

妊娠後期は疲れやすい!妊娠中の疲労回復のコツ7選

妊娠初期はバス旅行はOK?注意点まとめ

妊婦のお腹が目立つのはいつから?

妊娠中 カンジダ 自然治癒

妊娠中にカンジダを発症した方必見、自然治癒のコツ

妊娠検査薬のライン!時間が経つと消えるのはなぜ?

妊娠中毒症の体重の関係!なりやすいタイプ10選