妊婦の血糖値が高い原因は?妊娠糖尿病でケトン体の胎児の影響、後期で奇形になる?

妊娠中のQ&A

今あなたは「妊婦はなぜ血糖値が高いのか原因をしりたい・・・」
このように感じているのでは?
ズバリ、妊婦の血糖値が高い原因にお答えします。

 

医師に「血糖値が高めですね、食事制限しましょう」
と言われても「医師に血糖値が高い理由を聞きづらい」「ネットで調べればいいや」と考えたはず。

 

医師の話は分かりにくいことが多く、医師によっては聞きづらい雰囲気があるんですよね。
だからあなたは、妊婦の血糖値が高い原因を調べているはず。
疑問を解消できるよう、原因を紹介していきます。

妊婦の血糖値が高い原因とは?

妊婦の血糖値が高い原因は「インスリンが効きにくいから」

 

食事をして血糖値が下がり、糖を細胞に取り込むのがインスリンの役割。
インスリンが効きにくくなると、血液中に糖がたくさん余ってしまいます。
これは血糖値が高いという状態です。

 

では、なぜ妊婦はインスリンが効きにくいのか?ということですよね。
「胎盤性ホルモン」により、インスリンが効きにくいと考えられているようです。

 

妊娠すると赤ちゃんに栄養や酸素を届けるため、胎盤が形成されますよね。
この胎盤から、インスリンの効き目を悪くするホルモンが分泌されるのです。

 

・プロゲステロン
・プロラクチン
・コルチゾール

これらのホルモンが胎盤で分泌されるようになると、インスリンが効きにくくなります。

 

このようにインスリンが効きにくいことを「インスリン抵抗性」といいます。
普段よりもたくさんのインスリンが必要な状態です。

妊娠糖尿病とは?

妊婦血糖値が高い原因
妊娠糖尿病とは、簡単にいうと「糖代謝異常」です。
インスリンが効きにくくなって、血液中に糖がたくさん余ってしまいます。

妊娠糖尿病になる原因とは?

妊娠糖尿病と普通の糖尿病は違うものです。
前から糖尿病だったわけではない人でも、妊娠してから血糖値が高くなります。
産後は糖尿病になりにくいものが妊娠糖尿病です。

 

直接の原因は、妊娠することでインスリンの働き悪くなるから。
普通の糖尿病は肥満や食生活の乱れが原因になりやすいですよね。

 

ほとんどの方は妊娠すれば多少血糖値が上がるため、気にしなくても大丈夫なのです。

 

ただし、継続して血糖値が高いと診断された場合は注意が必要。
ぶどう糖負荷試験で高い数値が出ると食事療法や運動が必要です。

 

では妊娠するとなぜインスリンが効きにくくなるのでしょうか?
それは赤ちゃんがインスリンを必要としているからなのです。

 

インスリンは赤ちゃんを成長させるホルモンです。
だからより赤ちゃんがインスリンを必要とする妊娠後期に、妊娠糖尿病は発症しやすくなります。

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病といっても3種類あります。

・以前から糖尿病だった方が妊娠糖尿病になる
・妊娠してはじめて糖尿病になる
・1型糖尿病を発症する

この3パターンです。

 

ごく稀ですが、1型糖尿病になる人もいます。
発症すると、悪心、嘔吐、腹痛などのケトシースがおこり母体が危険です。
1型糖尿病の方がインスリン注射しないと、最悪昏睡状態になると聞いたことがありませんか?
そのように危険な状態になるということです。

 

妊娠糖尿病では通常の糖尿病のように、合併症もあります。
網膜に影響が出る、腎症や神経障害のことです。

 

母体への影響は、流産、早産、巨大児の難産です。
妊娠高血圧症候群にもかかりやすくなります。

どんな人がかかりやすいの?

日本糖尿病・妊娠学会によると、妊娠糖尿病になりやすい人がいるそうです。

・家族に糖尿病の人がいる
・肥満
・35歳以上の方
・巨大児を産んだ経験がある
・原因不明の習慣性流産の経験がある
・原因不明の周産期死亡歴がある
・先天奇形児を産んだ経験がある
・強度尿糖陽性、2回以上の尿糖陽性
・羊水過多症

 

妊娠中に太り過ぎるのもリスクがあります。
BMI18.5~25は7~12kg、18.5未満は9~12kgに留めましょう。

出典http://www.dm-net.co.jp/jsdp/qa/a/q03_1/

妊娠糖尿病の検査方法

妊娠中はスクリーニング法でリスクを検査しています。
初期は随時血糖法、中期は50gぶどう糖不可試験です。
妊娠初期に異常がない場合でも、中期に陽性となった場合は、75gぶどう糖不可試験を受けます。

最近増えている妊婦糖尿病

日本糖尿病・妊娠学会によると、妊娠糖尿病は増えているそうです。
以前は2.92%の割合だったのが、2010年は12.08%に増えました。
診断基準の変更があったのも理由のひとつです。

 

ただし、スクリーニング陽性になりぶどう糖負荷試験をする割合は、7~9%の割合です。
出典http://www.dm-net.co.jp/jsdp/qa/c/q01/

妊婦糖尿病における胎児への影響

妊娠
妊娠糖尿病になると、赤ちゃんへの影響が心配ですよね。
日本糖尿病・妊娠学会によると、治療開始時期によって、赤ちゃんの奇形発生割合が変わるそうです。

 

妊娠前に治療すると奇形は2.1%です。
妊娠してから治療を開始すると、9.0%と高くなります。
赤ちゃんの奇形発生度合いは、血糖値が高ければ高いほどリスクがあるそうです。

 

妊娠前に本当は糖尿病予備軍だったのが見逃されているケースもあります。
出典http://www.dm-net.co.jp/jsdp/qa/c/q01/

巨大児

ママの血糖値が高いと、赤ちゃんが巨大児になります。

 

たとえば、ママもダイエット中に糖を減らす人もいますよね。
なぜなら、糖が余ると脂肪になりやすいから。
赤ちゃんに糖がたくさん届けられると、同じことがおこります。

 

お腹の中で赤ちゃんが大きくなりすぎると、お産が大変。

 

肩がひっかかりやすく、出てきづらくなってしまうのです。
そうなると最悪の場合は、赤ちゃんの腕の神経が麻痺することもあります。
骨折することもあるため、注意したいですね。

 

赤ちゃんの肩が引っ掛かると、ママの産道裂傷のリスクもあります。

先天性奇形

ママとしては、赤ちゃんの奇形が心配ですよね。
実は、スクリーニング検査を受けたときには、赤ちゃんの奇形は発生していて、予防できないのです。

 

奇形は赤ちゃんの臓器が発達する、妊娠5~8週ごろに発生します。
赤ちゃんの細胞分裂に異常がおこって、何らかの奇形が出るのです。

 

妊娠5~8週は妊娠3ヶ月なので、初期の段階で奇形がおきるのがわかりますよね。
だからこそ、家族歴がある方、肥満の方、高齢出産の方などは、早めの受診がおススメです。

 

発生する奇形は、心臓が未完成で心臓病になる可能性です。
口蓋裂も妊娠糖尿病の関係性が指摘されています。

胎児発育遅延

妊娠糖尿病でママの血管に問題がおこるときがあります。
そうなると、赤ちゃんへ酸素や栄養が届けられません。
すると赤ちゃんが成長できず胎児ジストレスとなって、最悪の場合は死んでしまいます。

妊娠糖尿病による新生児への影響

血液検査
妊娠中に血糖値が管理できても、まだまだ油断できません。
生れてきた赤ちゃんにも、リスクが出る可能性があるためです。

低血糖症

血糖値を下げるためママの体でたくさんのインスリンが出ます。
すると生まれた赤ちゃんにも、インスリンがたくさん残ったままなのです。
生れてすぐ赤ちゃんが低血糖になると、障害が出る可能性があります。

特発性呼吸促迫症候群

生れてくる赤ちゃんに呼吸障害が出ることです。

多血症

赤ちゃんの血液中に赤血球が増えることです。

妊婦糖尿病の食事の工夫

食事
妊娠糖尿病になったら、食事と運動療法でコントロールします。
血糖値がコントロールできなければ、入院での管理も必要です。

 

妊娠中血糖値の基準を超えたら、食事や運動で予防してください。

 

・朝食前血糖値 70-100 mg/dl
・食後2時間血糖値 120 mg/dl未満
・HbA1c 6.2%未満
・グリコアルブミン15.8%未満
出典http://www.okochi-cl.com/original38.html#a17

この基準を超えたら、医師から食事や運動を指導されるはずです。

 

関連記事妊娠5か月の体重増加は何kgまで?4kg増えていたらマズイって本当?

バランスの良い食事

妊娠糖尿病になったら、ママと赤ちゃんの健康を損なわない程度に制限します。
食後に高血糖とならない食事をしながら、空腹時にケトン体が産生されない食事法です。

低カロリーにする

通常の妊婦さんと比べて、30%のエネルギー量を減らします。
過剰にカロリーをカットし過ぎると、赤ちゃんの発育が悪くなるため注意してください。

 

食後の高血糖を防ぐには、1日に食べる量は同じで、回数だけ増やすのがおススメです。
1日4~6回に分けて食べましょう。

スナック菓子を控える

スナック菓子も糖質が多いため、控えることが大切です。
血糖値を上げにくい、ナッツ類やチーズなどを食べてみてください。

 

関連記事妊婦の食事制限生活はダメ?妊娠後期の食事制限は?食べないとどうなる?

適度な運動をする

妊娠中は適度な運動をしながら、消費カロリーをアップさせてみましょう。
食後に運動をすると、食後の高血糖を防ぐことができます。

 

立命館大学理系のサイトでは、どのような運動で食後に血糖値が下がりやすいか実験しています。
すると、食後15分後に15分間、ジョギングとウォーキングの中間の運動が有効なのだとか。

 

食後に15分間、早歩きでウォーキングする方法なら、続けられそうですね。
出典http://www.ritsumei.ac.jp/tanq/318855/

妊娠糖尿病の治療法

食事療法で血糖値がコントロールできないと、インスリン療法が必要です。
通常は食事と運動療法のみで、普通は利用しません。

 

インスリン療法は、飲み薬だと胎盤を通ってしまいます。
そのため、妊娠中はインスリン注射や持続皮下注入の治療です。

 

インスリン注射自体は、妊娠中でも安全に使用できるそうです。
医師の指示に従いながら、治療を受けましょう。
出典http://www.dm-net.co.jp/jsdp/qa/c/q07/

産後は妊娠糖尿病が治る?

妊婦血糖値が高い原因
「妊娠糖尿病になったら産後は治るの?」妊婦さんにとっては、切実な悩みですよね。
おおこうち内科クリニックに、産後の様子が掲載されていました。

 

・産後3~6ヶ月の検査で5%が糖尿病
・産後1年以内に糖尿病になる割合は2.6~38%
・産後5~16年では17~63%

このように糖尿病になる割合がたかいとのこと。

 

妊娠糖尿病にならなかった人と比べて、なった人は7.43倍のリスクがあるそうです。
平均年齢40.6歳ではメタボ発症率が27.2%で高くなります。
通常の妊婦さんは8.2%なので割合が高いですよね。
出典http://www.okochi-cl.com/original38.html#a17

 

このような理由から、産後も油断はできないようです。
食事療法や運動療法を続ける必要があります。
インスリンを使用していた場合は、中止できない場合も一部あるそうです。

 

食事療法は授乳中だけ450kcal増やします。
授乳がおわったら通常の食事量に戻しましょう。
運動も合わせて続けてみてください。

 

授乳は、産後に2型糖尿病発症予防になるそうです。
赤ちゃんにとっても、母乳を飲んでいたほうが、肥満を防げるそうですよ。
産後母乳の出を良くする食事管理をしながら、母乳育児をしてみてくださいね。

まとめ

妊婦糖尿病とは普通の糖尿病とは区別され、ホルモンの影響によってインスリンが効きにくくなっているからです。
その後そのまま糖尿病になる方は少ないのですが、それでももともと遺伝的に糖尿病のリスクがある方は注意してみてください。
逆に妊娠中に糖尿病リスクが発見され、その後の食生活や運動習慣が付いて生活が見直され良い面もあるのです。