これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠中に感じる痛みの種類とは?初期~後期まである部位別痛み対処方法3選

妊娠中の痛み

妊娠中には体のいたるところで痛みを感じやすくなります。子宮が大きくなったり、お腹の重みで負担をかけるなどの理由から、恥骨や腰の痛みを実感する人が増えます。その痛みはチクチクから、鈍い痛みまでさまざまのため、それぞれの部位別に対処方法を覚えておきましょう。

妊娠初期~後期に感じる痛みとは?

妊娠初期のころは主に恥骨痛を感じることが多く、中期くらいから腰・背中・お尻などの部位に移ってきます。恥骨の痛みは子宮が大きくなるにつれて感じる人もいるため、妊娠中は初期~後期まで痛みに悩まされやすくなります。

どのような痛みがあるのか、腰・恥骨・お尻と3箇所に分けて紹介します。

1・腰の痛み

妊娠中の腰の痛み
妊娠中に腰や背中が痛くなるのは、女性ホルモンのバランスが変化することと、お腹が大きくなり姿勢が変化するためです。妊娠中はお産に備えるための女性ホルモン変化となり、それが影響で骨盤が緩んできます。恥骨を開き赤ちゃんが産道を通りやすくするためで、体の準備が始まっていると判断できます。さらにお腹が大きくなれば姿勢が崩れ、腰や背中に負担をかけてしまいます。

恥骨とはおへそから下に向かうと、股の部分で硬い骨に触れます。これが恥骨で普段は骨と骨が近づいているのですが、出産が近くなると赤ちゃんが出やすくするため恥骨が開いてきます。恥骨とは骨盤のひとつで、股の部分で左右へ2つに分かれています。その間は恥骨結合という組織で繋がっており、出産が近くなると骨盤全体が広がり恥骨が緩みます。

骨盤が開けば赤ちゃんが下に下がってきていよいよ出産となります。恥骨の骨と骨自体は離れてしまうことはないのですが、骨盤全体が広がるため腰や背中に痛みを感じる人がいます。初産の方は恥骨の組織が硬いため痛みを伴いやすく、径産婦の方は一度緩んでいるため痛みを感じないことが多いようです。

腰痛には湿布を使ってもいい?

市販の湿布は皮膚から成分が吸収されて効果を出します。湿布薬の中には赤ちゃんに影響する成分が含まれていることがあるため、使わないのがベターです。痛みが強い場合は産婦人科の医師に相談し、病院から処方してもらったもののほうが安心です。

背中がズキズキと痛い!

お腹が大きくなるとバランスを取ろうとして背中が反る姿勢となります。普段よりのけぞる姿勢となるため、背中に負担がかかり痛みを感じることがあります。背中を反ると痛みが出るわけですから、できるだけ普段と同じ姿勢を保つようにすると痛みが軽減できます。無理な姿勢を続けているとその姿勢に必要な筋肉がまだ付いておらず、背中や腰に痛みを感じてしまいます。

デスクワークで腰が痛い!

妊婦さんの中には妊娠後期ギリギリまで仕事を続ける方もいるでしょう。デスクワークの場合1日中座りっぱなしのため楽な感じがしますが、腰や背中に痛みを感じる人もいます。これもお腹が大きくなると背中が反りやすいためです。さらに長時間同じ姿勢で血行が悪くなり疲労が蓄積するのも原因のひとつとなります。30分に一度くらいのペースで立つようにして、ストレッチを加えると痛みを感じにくくなります。

腰痛持ちでさらに痛みがひどくなる?

妊娠前から腰痛持ちだとさらに痛みがひどくなるのではないか?と不安になりますね。もともと腰痛持ちの方は、腰周りの筋肉量が少なかったり、体に歪みがあって腰に負担をかけていることがあります。そのような方は妊娠でお腹が大きくなれば当然腰に負担がかかり、妊娠生活が大変になります。重いものを持つ場合は、一度しゃがんでから持つようにすると軽減できます。運動や入浴で血行を良くし予防法に努めましょう。

体重の増えすぎで腰痛になる?

体重が増えすぎるとお腹に脂肪も多くつくため、体重の増加が少ない人より腰痛を抱えやすくなります。そのため、腰痛がある方は妊娠中の体重増加に注意が必要です。妊娠後期になるほど腰痛も感じやすくなりますから、体重計できちんと管理することが大切です。

スポンサードリンク

起床時に痛みが強くなる!

お腹が大きくなると布団に横になっている状態から起き上がるときに傷みを感じることがあります。仰向けの状態から起き上がるより、一度横向きになって手を付いてゆっくりと起き上がるほうが腰に負担がかかりません。

腰痛を予防する方法とは?

ストレッチや入浴で血行を良くしたり、骨盤ベルトで腰の筋肉の代わりになってもらいましょう。妊娠で急激にお腹が大きくなれば、筋肉がそれに対応できません。妊娠中でもつけられる骨盤ベルト、腹帯などでも軽減しやすくなります。

2・恥骨の痛み

恥骨の痛み
妊娠前半のころに恥骨にチクチクとした痛みを感じる人もいますが、主に痛くなるのは妊娠後期からです。出産にそなえて骨盤が開いてきて、それに伴い恥骨も緩むからです。恥骨のあたりに鈍いような痛みを感じてきます。

妊娠中期にも起こる恥骨の痛み

一般的には出産に備えたホルモン分泌となる妊娠後期に恥骨痛を感じますが、まれに妊娠中期ころに痛み出す人もいます。恥骨の痛みがひどい場合はホルモンバランスが変わっているのかもしれません。心配な方は医師に相談しておきましょう。中期から恥骨が緩むのはあまり良くないため、薬が処方されることもあります。

恥骨痛は我慢するしかない?

お産のための備えなら我慢するしかないのでしょうか?ストレッチで痛みを緩和できる人や、骨盤ベルトで和らぐ人もいます。痛みは我慢しないで上手く対処方法を試し、自分なりの方法で緩和させましょう。どうしても痛みが強く我慢できないほどなら、医師に相談して痛み止めが使えるか聞いておく方法もあります。

足の付け根も痛む?

恥骨が痛み出すと足の付け根まで痛みが出る人がいます。お腹が大きくなり皮膚が引っ張られて痛みが出たり、骨盤が開くとともに足の筋や筋肉に負担をかけるからです。対処方法は恥骨痛と同様で、ストレッチや骨盤ベルトを使用してください。

その他の恥骨痛対処方法

母親学級で恥骨痛を和らげる体操を教えてもらうことができます。産院によってはマッサージ方法を指導していることもあるため、調べて利用してみましょう。

3・お尻の痛み

妊娠中の坐骨神経痛
妊娠中はお腹が大きくなるに伴い、腰・背中・恥骨だけでなくお尻が痛くなる人がいます。これも原因はお腹が大きくなり関節や筋肉に負担をかけているからです。お尻が痛い方は長時間座るのを避けると改善しやすくなります。

坐骨神経痛の改善方法とは?

体重が増えすぎると負担がかかるため、食事の量やカロリーに注意しましょう。体重が増えればお尻周辺にも脂肪が付き、お尻周辺の神経を圧迫してしまいます。腰や恥骨どうように体重管理に注意し、血行を良くするためのストレッチや入浴で改善しやすくなります。

まとめ

妊娠中の痛みは妊娠後期になる程強くなりますから、できるだけ体重を増やさないようにして、姿勢を正しく保ち負担を軽くしてみてください。痛みは無理をせず骨盤ベルトで改善できますから、市販の商品をチェックしながら和らげる方法もおすすめです。

スポンサードリンク

関連記事