流産と切迫流産の違いを知っていますか?症状別で判断する方法

流産のと切迫流産

妊婦さんの心配事のひとつといえば、流産でしょう。流産は妊婦さんの15%程度が経験しているため、少しでも異常があると心配になってしまいます。しかし、流産と切迫流産とは名前は似ていますが、実はまったく違うものなのです。出血など異常が出た際に、不安を少しでも解消するため、これらの違いをきちんと理解しておきましょう。

流産と切迫流産は違うもの

そもそも流産と切迫流産はまったく違うものです。名前が似ていることから、どちらも妊娠が継続できない状態と判断されがちですが、実は違います。出血していても妊娠可能なものを切迫流産、妊娠の継続ができないものを流産と区別しています。

切迫流産

切迫流産は妊娠22週未満に起こります。出血などの兆候がみられるもので、流産に進行する恐れがあります。しかし、赤ちゃんの心拍が確認され問題ないと判断されれば、赤ちゃんが外に出てくることはなく、妊娠継続は可能です。流産する前の状態で、安静に過ごせば妊娠が継続できます。

流産

妊娠12週未満に起こるものです。切迫流産との違いは、妊娠は継続できない点です。妊娠中の女性で15%くらいに起こり、殆どが受精卵の先天性異常が原因のため妊娠は継続できません。出血を伴わず突然始まることもあるため、必ずしも兆候があるわけではないのです。既に赤ちゃんの心拍は確認できないものを流産といいます。

切迫流産の原因とは?

切迫流産の原因
切迫流産は原因が特定できないことが多くなっています。切迫流産だと診断されても、赤ちゃんが順調であれば妊娠を継続することができます。ママの感染症や病気なども原因のひとつになることがあります。

しかし、早期の流産では胎児の染色体異常が原因のことが多く、後期になると母体側のトラブルが多くなります。妊娠12週未満は「早期流産」と呼び、受精卵の染色体異常により、育つことができない原因が多くなっています。つまり胎児側の問題で、成長することができず流産します。妊娠12週~21週までは膣炎・子宮頚管炎・絨毛膜羊膜炎・子宮頚管無力症などの原因がもととなることがあります。

切迫流産の症状と特徴

切迫流産だと診断されたら、とにかく自宅で安静に保つことが大切です。自宅で安静が難しければ入院も考えられます。家事や育児などもできるだけしないで、家族の助けを借りる必要があります。仕事をしている場合は休むのが一番です。治療は特に必要はなく、安静を心掛けるだけの対処方法しかありません。

切迫流産は切迫早産になる?

妊娠初期に切迫流産だと診断されそのまま妊娠が継続できた場合、妊娠22週を超えると切迫早産になるのか心配な方も多いでしょう。感染症や子宮頚管無力症など原因がはっきりとしている場合、22週を過ぎると切迫早産になるリスクはあります。ただし、多くの場合は問題なく過ごすことができます。

流産と切迫流産の関係は?

流産はもともと胎児側の染色体異常が原因であることが多いため、流産を経験したことがあるからといって、切迫流産になるわけではありません。そもそも受精卵の染色体異常は健康な男女からも生まれるため、たまたま運が悪かったとしかいいようがありません。

切迫流産の出血量

切迫流産はおりものに少量血が混じる程度で、茶褐色やピンク色などのおりものが出ます。もし赤ちゃんがお腹の中で死んでいる場合は、最初は出血はしないのですが、経過すると出血量が増えるため違いがわかります。

スポンサーリンク

出血は受診すべき?

おりものに茶褐色の血が混じる程度なら問題無いといえます。お腹の張りや痛みなどを伴う場合は、その日の内に受診してください。血が多少混じる程度なら病院に一度電話しておき、判断を仰ぐと安心です。大抵はその日のうちに救急病院を受診する必要はなく、当日または翌日受診するよう言われます。

流産の種類

流産の種類
流産とは赤ちゃんが染色体異常などで育つことができない状態です。心拍は確認されず、赤ちゃんはお腹の中に留まるケースや、外に出てくる場合など色々なタイプがあります。

化学流産

妊娠して着床するころに流産するものです。早期に妊娠検査薬を使用すると陽性反応が出てしまい、化学流産を知ることになります。着床時から検査できる早期の妊娠検査薬も売られているため、知らなくても良いことを知ることに。特に処置は必要なく、生理と同じような症状が出ます。なかには化学流産のことに気が付かず、少し重い生理がきたと勘違いしている人もいます。

稽留流産(けいりゅう流産)

出血や腹痛などの兆候が無く、途中で赤ちゃんの成長が止まるものです。お腹の中に赤ちゃんは留まっているため、流産が確定したら手術して処置する必要があります。妊婦検診などで赤ちゃんの心拍が一度確認されたのに、ある日突然心拍がないことがわかります。そのままお腹に留めておいても感染症の恐れがあるため、手術が選択されます。

進行流産

子宮頚管が開き流産となっている状態です。腹痛と出血が伴います。この場合も手術して内容物を除去する手術が必要になります。

不全流産

赤ちゃんの成長が止まり子宮の内容物が一部出たものの、完全には出ていない状態です。出血や腹痛などが起こります。この場合も早めに内容物を除去する手術が必要になります。

完全流産

子宮内容物が完全に出たことが確認されれば、手術は必要ありません。超音波検査で子宮の中を調べ、問題なければ処置は不要です。

内容物を除去する手術

稽留流産
進行流産や稽留流産、不全流産のように、子宮内部に内容物が残ると処置が必要です。次の妊娠にも影響が出る恐れもあるため、できるだけ早いうちに手術を受けるようにします。手術後は2日~3日くらいは安静が必要で、感染症対策の抗生物質などが処方されます。

流産のほとんどは染色体異常

流産とは妊娠12週までの初期に起こる早期流産の場合、受精卵の染色体異常のケースが多くなっています。仕事や家事を頑張りすぎたり、重いものを持ったり、薬の影響はほとんどありません。これらの生活で流産に繋がるのではなく、もともと育たなかった受精卵なのです。そのためママの責任では無いため自分を責めないようにしましょう。

まとめ

妊娠12週までで妊娠が継続できないものを流産、22週未満の場合は後期流産や切迫流産となります。切迫流産と診断されて赤ちゃんの心拍が確認されれば、少量の出血があっても安静を保てば妊娠が継続できるケースが多くなっています。そもそも受精卵に異常があるのは、健康なカップルでも起こりえることのため、妊娠の可能性がある方は流産と切迫流産の違いをちゃんと理解しておきましょう。


関連記事

さかご

逆子(さかご)になっても大丈夫!原因と直す方法をしっかり見直そう

意外と知らない?妊娠初期症状のつわりの関係性と虫歯

胎児の骨が作られるのはいつから?

つわりは赤ちゃんの環境を整えるため?諸説5つ

妊娠中に飲んではいけない漢方

妊娠検査薬のライン!時間が経つと消えるのはなぜ?