これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

超音波検査の費用や見方!初期~後期までの超音波写真いろいろ

超音波検査

超音波検査とは超音波を利用した検査方法です。超音波は何かにぶつかると跳ね返る性質を持ち、お腹の中の赤ちゃんの様子が映像でわかります。赤ちゃんの成長具合をチェックしたり、妊娠に問題が無いか確認したりします。超音波検写真は妊婦さんにとっても楽しみのひとつですから、大切に取っておいて記念に残しましょう。

超音波検査は主に2種類

妊娠中に利用する超音波検査は2種類あります。経膣超音波、経腹超音波と呼ばれるものです。これらは妊娠の経過により使用する時期が異なるため、どの妊婦さんでも2種類を体験します。

経膣超音波

妊娠5ヶ月頃まで使用する超音波検査の器具です。その名前の通り、膣から器具を挿入し、お腹の様子を調べます。細い棒状のものを使うため、痛みなどはありません。なぜ膣から子宮の中を診るのかというと、子宮のごく近い場所から診れるからです。赤ちゃんがまだ小さい5ヶ月頃までに利用されていますが、それ以降でも子宮頚管無力症、前置胎盤などの診断にも使用されることがあります。

経腹超音波

妊娠5ヶ月目以降に利用されることが多い器具です。お腹に器具を直接当てて、赤ちゃんの様子を診ます。赤ちゃんが大きくなると広い範囲まで器具を動かす必要が出てくるためで、お腹側から観察したほうがよくわかります。最初にゼリーを塗るのは、お腹と器具の間に空気が入らないようにするためです。少しひやっとしますが、冷たすぎることはありません。最後にゼリーはふき取ってもらえます。

超音波写真の見方

超音波検査の見方
超音波写真で見られるのは赤ちゃんの体の断面です。超音波が何かにあたり跳ね返る画像ですから、赤ちゃんは輪切り状で写しだされています。最初はどの部位なのかわかりにくい方も多いと思いますが、大きくなるごとにはっきりと写ります。検査の時に顔などわかりやすい部位をプリントアウトしてくれます。

カラーで違う部位

超音波写真は白黒で最初はわかりにくいかもしれません。白、黒、グレーと色が分かれているのは、超音波の反射の度合いが違うからです。かたい部分は反射しやすく、柔らかい部分は通り抜ける性質があります。かたい部分は白に近づき、柔らかい部分は黒になります。

・白
骨は赤ちゃんのかたい部分のため白く写ります。顔の骨格が写り赤ちゃんの頭、背骨、足などの部位がわかります。

・グレー
筋肉や内臓など少し反射する場所はグレーになります。

スポンサードリンク

・黒
羊水や血液など水分が多い部位は黒くなります。そのため赤ちゃんの周りは黒く写り、胃の中など水分が多い部位も黒くなります。

最新の超音波写真

超音波写真
一般的な超音波写真は2Dで平面的ですが、最近は3Dや4D、カラー写真など様々な超音波器具が登場しています。どのような映像を確認したいかでも、産院を選ぶと良いでしょう。

2D

白黒で平面的な写真です。一般的に超音波写真と呼ばれるものです。体の断面を診るのが得意で、内臓などを輪切りにして観察することができます。妊婦さんにとってはどの部位かわかりにくいのですが、頭の位置が見えると判断できます。

3D・4D

立体的に映し出すことができる超音波写真です。より赤ちゃんらしい写真が見られ、表情の変化まで鮮明にわかります。2Dの情報からコンピューターで3Dや4Dにしています。内臓の部位などを詳しく見ることはできませんが、赤ちゃんの表情が見れるためママにとっては嬉しい写真がもらえます。

カラー超音波写真

血液の流れをカラーで診ることができる超音波写真です。内臓の血液の流れなどをチェックします。2D検査と同じように白黒がベースですが、血液の部分のみ色が付いています。赤ちゃんに異常があると判断した場合に、詳しく診断するために利用されています。

超音波写真の残し方

超音波写真
プリントアウトしてくれた超音波写真は、感熱紙で長期保存にはあまり適していません。保管する場合は劣化しないよう早めに複製しましょう。コピー、スキャナー、デジタルプリントなどの方法があります。産院ではDVDに焼いてプレゼントしてくれるところもあります。感熱紙の状態によっては消えてしまう場合や、あまり変わらず保管できているケースもあります。よく写っている写真は保存用に、よくわからないものはそのままでなど色々と試してみてください。

まとめ

超音波検査は妊婦さんも楽しみのひとつですよね。産婦人科の医師もわかりやすい部位を狙ってプリントアウトしてくれます。病院によっても異なるようですが、妊娠全期間で5枚程度などそれほど多くないケースもあります。多いところでは毎回数枚もらえて、ビデオ撮影までできる至れり尽せりの産院もあります。

どうしてもたくさんもらいたい場合は、事前に聞いておくか、超音波写真のみをもらえる産院を紹介してもらう方法もあります。大きな病院より個人経営のようなところのほうがたくさんもらえたというママもいますよ。

スポンサードリンク

関連記事