これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

気温20度なのに室内の観葉植物に黄色いキノコが生えてきた?!

室内にある観葉植物にいきなり黄色いキノコが生えてきた!みたいなので、ネットで調べてみたら、意外とたくさんの人が同じ経験をしていてビックリしました。なんでも「コガネキヌカラカサタケ」というキノコで熱帯原産なんだとか?家は北国だし、気温20度くらいだったんですけど?!

黄色いキノコが生えてきた経緯

黄色いキノコ2
ふと家にあるモンステラを見ると、なにやら黄色い物体がありました。モンステラかなにか新芽だろうと思ってよく見てみると、キノコでした!調べてみると熱帯の植物で本州にも珍しいとのこと。観葉植物として育てていたモンステラに一緒にくっついていたみたいなんです。

実はその日は肌寒い気温で室温は20度ちょっとくらいでした。でも数日続いていた雨によって室内も湿度が高かったのでしょうね。そのモンステラには2週間~3週間に1度しか水をあげないのに、こんなことってあるんだ!とビックリしました。土自体も乾いていたので空気に湿り気があったのでしょう。

黄色いキノコはたった1日で開いた

黄色いキノコが開いた
何でもネットで調べてみると、たった1日で開くとのこと。我が家でも見つけた翌日にはカサが開いていました。

スポンサードリンク

調べてみても毒を持っているキノコかは不明なようで、食べてみたという人もいるくらいでした。蛍光塗料の黄色みたいな色でいかにも毒はもっていそうなんですけどね。なにやら色からして触ってはいけない感じをかもし出しています。

このキノコのカサは1日で開いて、そのご1日でしぼんでしまうのだそうです。我が家では3本くらいはあるため、後数日くらいは楽しめそうです。

大きさは小指の先くらいですごく小さい

黄色いキノコが開いた2
他の方のブログなどを見ると、もう少し大きいみたいなのですが、我が家の黄色いキノコは小指の先くらいですごく小さいです。かわいいけど、初めて見るキノコのため家族で盛り上がりました。

気になるのがキノコですから、胞子を飛ばさないか?です。キッチンにおいている観葉植物だけに、衛生面は気になってしまいますね。

スポンサードリンク

関連記事