葉酸サプリのおすすめ!国内で売られている商品を9つ厳選してみた

葉酸サプリ

厚生労働省も妊娠中には葉酸の摂取を勧めており、日常の食生活では不足しがちな方は、葉酸サプリを選んでいるようです。しかし、世の中にはたくさんの葉酸サプリがありすぎて、いったいどれを選んだら良いのかわかりにくい方も多いように思います。そんな方におすすめの、国内で売られている葉酸サプリを厳選比較してみました。

【葉酸サプリを選ぶ基準】

妊娠中に飲む葉酸サプリでは、安全性が高いことが第一条件です。
・天然原料を使っている
・防腐剤など無駄な添加物が少ない
・価格がお手ごろで続けやすい
・厚生労働省が勧める葉酸の量が摂取できる

これらが選ぶ基準となります。

葉酸が配合されているサプリといっても、その原料が合成なのか天然原料なのかで選ぶ基準が異なります。天然のものでは野菜や果物などを原料にしていることが多いのに対し、合成は化学合成された葉酸のため人工的な栄養です。

そして、1日に必要とされる葉酸の量は400ugで、特に妊娠1ヶ月~3ヶ月くらいまでの量を注意するようにいわれています。食事から葉酸を摂取しても、葉酸は加熱料理にて約半数は失っている可能性が高いため、妊娠中の方はサプリで葉酸を摂取する場合400ugを上限に摂取してみてください。

当然食事で十分摂取できている日は摂取する必要はありませんが、葉酸は水溶性ビタミンの一種のため、多少多く摂り過ぎても尿と一緒に外に出て行くため多少の量はあまり影響はありません。摂取量がわかりにくい方は葉酸サプリで1日400ugを目安に飲んでも問題ないといえそうです。

厚生労働省が勧めるモノグルタミン酸型葉酸のなかでも、食品由来と合成の2種類がありますから、食事とサプリは食事と同じと考えると食品由来のほうをおすすめします。ただし、厚生労働省は食品由来だと吸収率が低下しやすいため、合成のモノグルタミン酸型葉酸を勧めているようです。どちらを選ぶかは個人の考え方で選択しましょう。

【葉酸サプリ厳選9つ】

それでは国内で売られている葉酸サプリを紹介します。価格、葉酸の量、安全性などから考慮してみてください。

1・ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリの中でも高いシェアを持っています。天然葉酸100%、1日400ug摂取できる、27種類のビタミンやミネラル、鉄分やカルシウムも摂取できるからです。吸収率の高い食品由来のモノグルタミン酸型葉酸を採用しています。

メリット・・・天然原料の葉酸で完全無添加
デメリット・・・たくさんの成分が入っているため1ヶ月3,980円とやや高い
原料・・・食品由来のモノグルタミン酸型葉酸

2・AFC(エーエフシー)

AFC(エーエフシー)
出典:http://item.rakuten.co.jp/afc/06651×3/#06651×3
楽天市場で1位2位を争う高いシェアの葉酸サプリです。葉酸400ug、カルシウムや鉄分、8種のビタミンを配合、国内製造品です。食品由来のモノグルタミン酸型葉酸で安心して飲めて、吸収も良くなっています。

メリット・・・1,800円とお手ごろで天然原料
デメリット・・・原料は完全日本産ではない
原料・・・食品由来のモノグルタミン酸型葉酸

3・Lara Republic

Lara Republic
出典:http://item.rakuten.co.jp/brighter/la0001/
フランスやアメリカのシェアも高い日本のサプリです。吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸で、1日400ug、美容成分入り、光沢剤不使用でコーティングされておらず安心です。

メリット・・・無添加、光沢剤も含まれていない
デメリット・・・3,686円と少し高い、合成のモノグルタミン酸
原料・・・合成のモノグルタミン酸型葉酸

4・ピジョン 葉酸カルシウムプラス

ピジョン 葉酸カルシウムプラス
出典:http://products.pigeon.co.jp/item/index-1384.html#
ベビー用品などでも知られているピジョンの製品です。葉酸400μgと鉄分、カルシウムなどが配合されています。ベビーやマタニティショップなどで買うことができます。

メリット・・・1,598円とお手ごろ価格、保存料無添加
デメリット・・・葉酸の由来が記載されていない

5・ヤマノの葉酸サプリ

ヤマノの葉酸サプリ
出典:http://www.yamano-life.jp/yousan/
オーガニックレモン由来のサプリで、乳酸菌が配合されています。1日400μg、ビタミンやミネラル、食物繊維も摂取できます。他の商品と比べると便秘対策も一度にできて便利です。

メリット・・・オーガニックレモン由来で安心、便秘対策になる
デメリット・・・3,456円と少しだけ高い
原料・・・天然由来のポリグルタミン酸型葉酸

6・DHC葉酸

DHC葉酸
出典:http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32020
安価で品質が高いといわれる葉酸サプリです。400μgの葉酸に特化してわかりやすく、吸収率が良いモノグルタミン酸型を採用しています。

メリット・・・239円と非常に安く、葉酸に特化している
デメリット・・・葉酸以外の栄養は余り多くない
原料・・・合成のモノグルタミン酸型

7・ネイチャーメイド 葉酸200μg

ネイチャーメイド 葉酸200μg
出典:http://www.amazon.co.jp/
大塚製薬から販売されているお馴染みネイチャーメイドです。ドラッグストアなどでも買える手軽さがあります。葉酸200μgと少ないのですが、1日2粒で良いため調節がしやすくなっています。

スポンサーリンク

メリット・・・ドラッグストアで買いやすい、価格も500円前後
デメリット・・・葉酸の由来は記載が無い

8・アサヒ ディアナチュラ

アサヒ ディアナチュラ
出典:http://www.dear-natura.com/product/basiccare11.html
ドラッグストアでも取り扱いがあるメーカーです。葉酸400μg、ビタミンB6、ビタミンB12とシンプルな栄養補給が可能です。

メリット・・・60粒540円とお手ごろで買いやすい
デメリット・・・葉酸の由来は記載が無い

9・小林製薬

小林製薬
出典:http://www.kobayashi.co.jp/seihin/yosan/
製薬会社から販売されているサプリで、ドラッグストアでも取り扱いがあります。1日1粒のみで良いため飲みやすくなっています。480μg、ビタミンB12、ビタミンCも配合されています。

メリット・・・30日分480円とお手ごろ
デメリット・・・葉酸の由来が記載されていない

【ポリグルタミン酸型・モノグルタミン酸型違いとは?】

葉酸サプリを調べてみると、ポリグルタミン酸型・モノグルタミン酸型と2つの葉酸成分があることがわかりました。厚生労働省は吸収率の関係性から合成を勧めているし、でも安全面で考えると天然がいい。いったいどちらが良いのかわかりにくい方も多いはずです。

・ 食品由来・・・ポリグルタミン酸型
・ 合成・・・モノグルタミン酸型

このような分類になります。

厚生労働省が合成のモノグルタミン酸型を勧めているのにはちゃんと理由があります。食品由来だと50%くらいまで吸収率が低下してしまうのに対し、合成なら80%以上まで高めることができるからです。ちゃんと吸収させるためには合成が一番良いというのが厚生労働省の考え方です。

天然原料の場合400μg摂取できると記載されていても、約半分にまで吸収率が低下することを考えると、十分な量が摂取できないかもしれません。ただし、葉酸は食事からも摂取していますから、不足する分を補う考え方なら天然原料のほうでも問題は無いのです。

・ 食事で葉酸が極端に不足している・・・合成が良い
・ 食事で葉酸が摂取できている・・・天然原料で十分

といった考え方になります。さらにやっぱり赤ちゃんのことを考えると、天然原料にこだわりたい方も多いのが事実です。厚生労働省が合成を勧めていても、それが本当に良いかは個人それぞれが決めることだからです。厚生労働省が100%正しいとは限らず、最後はママとなる人自身がどちらがよいか決めなければなりません。

個人的には天然由来の葉酸サプリを選びなら、食事でもちゃんと葉酸を摂取する。これが一番良いのではないかと思います。昔の人はサプリなんてありませんから、普段の食生活で栄養を摂っていました。それでも先天性の問題が極端に多いわけではないということは、食事だけでもバランスに注意していれば極端に不足しないのでは無いかと思います。

天然由来のモノグルタミン酸型とは?

一般的にモノグルタミン酸型葉酸とは合成のことを示しているのですが、ベルタ葉酸サプリなどでは、天然由来のモノグルタミン酸型を採用しているとしています。天然由来でありながらも吸収率が高い成分を配合しているようです。

ポリグルタミン酸型葉酸とは食品に含まれる葉酸のことで、サプリに含まれる天然由来のモノグルタミン酸型とは少し違います。食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸の吸収率を高めたのものが、天然由来のモノグルタミン酸型葉酸となっているとされています。

・ モノグルタミン酸型葉酸・・・合成と食品から変換されたものがある
・ ポリグルタミン酸型葉酸・・・もともと食品に含まれる天然の葉酸のこと

ベルタ葉酸サプリがなぜ他社と比べてお値段が高いのかは、吸収率の良い天然原料から作られたモノグルタミン酸型だからなのです。

野菜や酵母、果物などから抽出した葉酸を、特殊加工にて吸収率の良いモノグルタミン酸へと変換しているからこそ、他社と比べて差別化ができているといえます。ベルタ酵素サプリ、AFC(エーエフシー)の2つでいえば、これに該当しますから、天然原料にこだわりつつも、吸収率も高めたい方におすすめだといえます。

まとめ

なんだか分かりにくくなってきた方も多いと思います。
・ お値段が安いほうが良い・・・合成のモノグルタミン酸型葉酸
・ 天然原料に拘りたい・・・天然由来のモノグルタミン酸型かポリグルタミン酸型
・ 天然でかつ吸収率を高めたい・・・天然由来のモノグルタミン酸型
・ 吸収率だけ高めたい・・・合成のモノグルタミン酸型

合成原料はやすく作ることができるため、DHCやネイチャーメイド、アサヒなどのドラッグストアで取り扱うメーカーに多くなっています。これらは葉酸の由来を公開していませんが、ほぼ合成だといっても良いです。

逆に天然といっても、吸収率がやや落ちるポリグルタミン型はお値段が多少低め、独自製法にて天然由来成分をモノグルタミン酸に加工している場合は高額になる傾向があるようです。

どれを選ぶかは個人の自由ですから、何を優先させるかにより商品選びは変わってきます。自分に最適な葉酸サプリを選んでみてください。

参考リンク【ベルタ葉酸サプリ】


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

妊娠中におすすめ!ステキな紅茶の飲み方厳選5つ

妊娠のカフェインの影響よりも怖い事って?

妊娠中に土用のうなぎはダメかも?ビタミンAの過剰摂取について

植物ミルクが海外セレブ達の間で人気!「牛乳アレルギーの方にも」

妊婦と便秘

妊婦の便秘対策に「オリゴ糖」たった1日で解消するための8つのコツ

妊娠を希望するママが覚えておきたい!4つの栄養素について