子どもが左利きだと直すべき?左利きは天才が多いともいわれる4つの特徴

子どもの左利き

日本人は左利きを矯正することが多いため、他の国より左利きの割合が少ないようです。周りを見てみても、左利きの人は少ないですし、左利きの人がいれば珍しがられたりします。子どもがもし左利きだったら、小さいうちに矯正して直したほうが良いかは迷っている親も多いと思います。左利きの特徴と、子どもがそうだった場合の対処方法を紹介します。

【左利きの特徴とは?】

子どものころは右利き、左利きというのはあまり関係ありません。しかし、3歳くらいまでにそれが固定され、利き手が作られていきます。最初は右手も左手も工夫して使っているのですが、そのうち使いやすい手を覚えて左利きができあがっていきます。

左利きは全体の10%程度しかいないといわれているのですが、なぜ左利きになるのかは不思議に感じる方も多いでしょう。その理由はまだはっきりと解明されていない部分が多くなっています。

・遺伝による理由
・右脳がよく使われているから

などの説があります。遺伝による説は一卵性双生児でも片方のみが左利きになるケースもあるため、この説に信憑性は無い可能性があります。もう一方の右脳がよく使われているから左手が発達するという考え方は、一部そのような特徴が見られる人はいるのですが、全ての左利きで右脳が発達しているというわけではないようです。

■親が左利きだから

私の母と甥は左利きなのですが、小さい頃この2人は一緒に暮らしていたこともあり、生活習慣が似たのではないかと思っています。子どもは身近な人のマネをするため、親や祖父母などが左利きだった場合、それを真似して同じように左利きになる可能性もあります。

■右脳を使えるタイプ

右脳を多く使うタイプの人は、芸術派だともいわれています。情報をイメージとしてとらえることができたり、人の感情を目で見て理解する能力があります。空間能力に優れ立体的な図を把握することができます。もともとそのような脳の使い方だから、左利きになったとも?

左利きは天才が多いから【子どもの左利きは矯正すべき?】

子どもの左利き
子どもが左利きであった場合、矯正すべきかは迷うところです。左利きなのは子どもの個性だから伸ばすべき、生活に不自由がでるから直すべき、といった風に意見が分かれています。どちらにするかは親の価値観の違いにより変わるため、矯正すべきかは一概にいうことはできません。

■矯正しないほうが良い

左利きの場合右脳を使うことができるから、芸術センスが高くなり、天才になる素質があるから矯正しないと感じる親もいます。

左利きは理系に多く、割合も少ないためかっこいい、スポーツで重宝される、などのメリットもあるため、矯正しない場合もあります。海外の研究では左利きのほうが成功者になりやすいのではないか?という研究も行われています。

スポンサーリンク

■矯正すべき

私の周りにも左利きがいるのですが、生活には不便なことが多数あるそうです。鉛筆を持って字を書く際に、手が汚れやすいなどのデメリットもあるようです。とくに横書きの場合は右利きの人に有利となるよう左から右へ書くため、左利きの人は書き方を工夫している人が多くなっています。

ハサミ・編み物の持ち手なども右手用に作られているため、使いにくいと感じる人が多いのです。ただし今は左利き用のハサミは売られているため、自分専用のものを購入すればそれほど不自由な生活にはなることはありません。

しかし、生活に支障が出るからと考える親は、子どもの頃に左利きを矯正しています。そのためご飯を食べるのは右利きだけど、鉛筆で字を書く際は左利きなど両手を使える人も少なくありません。

左利きは天才?【左利きは隠れた能力があるかも?】

左利きの能力
全体で10%しかいない左利きですが、芸能界や著名人の中では左利きの人はわりと多いようです。個性派な人や頭が良いと感じられる人に、左利きは多いように思います。例えばトム・クルーズ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ナポレオン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、マリリン・モンロー、ビル・ゲイツなどが左利きです。さらにアメリカ大統領はオバマなど左利きの割合が多いのだとか。

確かに芸術家、科学者など有名な人の中にも左利きは多いようなのです。もしかしたら、左利きのほうが天才となる素質を持っているのかもしれません。

1・メイサのメンバーで多い

メイサというIQが高い人だけが入ることができる団体では、20%程度の人が左利きだとわかっています。それだけ多い人が左利きだと、右脳を上手く使うことができるためIQも同時に高くなるとも考えることができます。

2・リーダー素質がある

左利きの著名人でも紹介したとおり、アメリカの歴代大統領の中には左利きが非常に多くなっています。私もオバマがサインしている様子をテレビで見て、独特の文字の書き方をしていたため「オバマも左利きなんだ!」と感じがことがあります。社会的に成功しているリーダーにも多いようで、ビル・ゲイツをはじめ経営者で捜してみると多いかもしれませんよ。

3・理系に多い

文系のタイプの人は左脳を使う傾向があり、理系のタイプの人は右脳が発達していることが多いようです。子どもを理系にしたい場合は左利きを矯正する必要はなさそうです。右脳は物事をイメージに変える能力があるため、記憶などでも文字として覚えるのではなくイメージで覚えることに長けています。

4・記憶力が良い

右脳を使えるということは、速読ができたり記憶をイメージで読み取ることができます。そのため左利きのほうが右脳が使えるため、記憶力が高いともいわれています。

まとめ

左利きの子どもがいたとしても、それはその子の個性ですから生かしたほうが良いかもしれませんね。左利きは天才、独立しやすくリーダーにもなりやすい傾向があるようです。左利きだからといって必ずしも社会で成功するかはわかりませんが、普段から右手と左手の両方を使うことを意識している人が多いため、脳の左右を刺激できるとも考えることができます。右利きよりも苦労しているからこそ、天才派が多いのかもしれません。


関連記事

賃貸住宅でもDIY!現状回復できる壁&床の簡単リフォーム集

妊娠 ・出産に関する「世界仰天ニュース動画」3選

マタニティブルーとは?

妊娠年齢が早い・若い場合の影響について

脱スマホ

子どもに「スマホを持たす?持たさない」脱スマホがもたらす効果7選

妊娠中の足のむくみ対策5つ!今流行中のアノ方法で解消