これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

30代ママがやってはいけないファッション!痛くなるNGアイテム集9選

30代NGファッション

30代前半くらいならまだまだ20代くらいの余韻を持っているため、「自分はまだ若い」と感じている方もいるようです。そのため20代くらいの人がやるファッションからなかなか抜け出せない方もいます。しかし、周りから見ると痛いファッションになっているのかもしれません。特に男性からの目は厳しいもので、30代のママが着てはいけないと感じているファッションもあるようなのです。どんなアイテムがダメなのでしょうか?

【30代ママのNGファッション9選】

海外のママやセレブ達は年齢相当のファッションを楽しんでいるのに、日本の女性はなぜか若作りしたい傾向があるようです。今では美魔女なども登場し、ママなのか子どもなのか年齢がわからない親子もいたりします。本当に見た目が若い人も増えているのは事実ですが、海外の人からすると年齢不詳で痛い人に見えていることも。

大人の女性の魅力を素敵だと感じる人は日本人には少なめです。30代にもなればれっきとした大人の女性ですから、次に紹介するNGファッションを見直してみましょう。

1・スカートが短い

30代にもなってスカート丈が短いのはNGだと考える人が多いようです。膝上の短いスカートは10代~20代前半まで。20代後半から30代女性は膝が見えるか見えないかくらいの丈か、ミモレ丈がベストです。あまりにも短いスカートは周りからも浮いてしまっているようです。その点、最近はミモレ丈のスカートが若い人の間でも人気となっているため、膝下のスカートをオシャレに楽しめるようになり便利になりました。

2・フリフリファッション

30代ともなればそろそろフリフリ、レースなどから卒業する時期です。甘すぎるファッションは10代や20代前半までと考えている方も多いようです。聖子ちゃんファッションのようにいつまでもフリフリなのは女性の憧れではありますが、30代女性ではやりすぎは禁物です。松田聖子さんも今では大人ファッションに切り換えていますから、見習いたいですね。

3・高校生の娘と共用

良くある話ですが、サイズが変わらないため高校生の娘と服を共用している方がいます。高校生の娘と同じサイズなのはとても羨ましい限りではありますが、やはり高校生向けのファッションは高校生のためのものです。後姿は若く見えても、前から見るとやっぱり30代だとわかってしまいます。

4・ラインが合っていない

いくら若々しい30代でも、そろそろ体のラインが変わってきます。若い人は張りのある肌でメリハリがありますが、30代くらいの女性は体が柔らかく変化してくるものです。それを10代や20代の人が着る服装だと、明らかにラインがあっていないということにもなりかねません。

スポンサードリンク

5・派手な色

大人の女性で派手な色のファッションこそ痛いものはありません。ワンポイントでバッグなどに取り入れるのはオシャレではありますが、元気いっぱいの10代風カラーは痛くなりがちです。大人になるほど黒や白、ベージュ、グレーなどシンプルなカラーが似合うようになります。

6・キャラクターもの

夏に着るTシャツは注意しないと若作りになってしまいます。ロゴTやキャラクターものはそろそろ避ける年齢です。シンプルな無地のTシャツ、体のラインが綺麗に見えるもののほうが大人の女性の色気が出ます。

7・プチプラファッション

最近では安くてもオシャレなファッションを楽しむ特集が雑誌でも組まれるようになり、プチプラでもオシャレな人は出てきています。確かにユニクロやH&Mのようなプチプラファッションは良い商品も多いのですが、全身プチプラは30代になると避けるのが無難です。プチプラは部分的に取り入れながらも、大人の女性らしい質の良いものを組み合わせないとただ安っぽいおばさんにもなりかねません。

8・ピンクが好き

30代になっても女性はピンクが好きだったりします。ピンクでもパステルカラーのピンクは10代や20代女性向けです。大人が選ぶならベージュに近いくすんだヌーディピンクでないと似合いません。

9・トレンドばかり

その年のトレンドのファッションは、20代など若い子向けに作られていることが多くなっています。大人の女性のファッションは比較的シンプルで、流行に追われすぎていません。オシャレと感じる人ほど、自分のファッションルールを持っていて、トレンドはあまり利用していないことが多いようです。

【綾瀬はるかさんを目指そう!】

m_SK-II01
20代でかわいい石原さとみさんなどのファッションを真似ていると、30代ママが痛い人になってしまいます。それよりも30代に突入した綾瀬はるかさんのファッションを真似るほうがおすすめです。彼女は綺麗系でもあるため、元々若作りのファッションはあまりやっておらず、30代になってさらに大人の雰囲気が出るファッションを取り入れているようです。

真っ赤なドレスを着て、背中を思いっきり出したSK-ⅡのCMに登場した綾瀬はるかさんが大人っぽく素敵です。胸や脚を出していないのに女性らしいのは、大人の女性らしい背中を出しているからでしょうか?むやみに肌を出せば色っぽいわけじゃないことの参考にしてみたいですね。
画像出典:http://trendskywalker.blog.so-net.ne.jp/archive/20151231

スポンサードリンク

関連記事