薬が無くても治る!インフルエンザを免疫力だけで対策する7つの原因

インフルエンザ

子どもがいると毎年インフルエンザの流行時期には敏感になってしまいますね。子どもは集団でも生活しますから、幼稚園・保育園・学校などからうつされてきてしまうこともあります。子どもはたくさん風邪をひいて免疫力を獲得するとはいっても、やはりかからないのが一番です。インフルエンザの流行時期になっても、免疫力を高めて薬がなくても治るコツを紹介します。

【風邪とインフルエンザの違いとは?】

1年中ひくことがある風邪、それと冬になると流行しだすインフルエンザ。この2つはどのような違いがあるのでしょうか?それぞれのウイルスや細菌の違いはもちろんですが、インフルエンザの大きな特徴は高熱が出ることです。だからこそ毎年インフルエンザの予防接種を子どもに我慢させる親もいるのです。

インフルエンザにかかると熱は38度以上となります。風邪よりも症状が酷くなりやすく、もともと持病を持つ子どもなどは予防接種や予防法を実践したほうが良いでしょう。喘息の子どもなどは重症化することがあるため、毎年親も注意しているはずです。

■なぜインフルエンザにかかるの?

インフルエンザの流行がニュースで知らされますが、集団生活で過ごしてもかかる人、かからない人がいます。この違いは体が持つ免疫力の差です。免疫力が低い人ほど感染症にかかりやすく、体内の奥まで細菌やウイルスが進入するため重症化しやすくなります。そしてその感染経路は次のとおりです。

1・口や鼻から
まず最初に細菌やウイルスは口や鼻から進入します。風邪をひいている人のくしゃみ、咳などに細菌やウイルスが含まれ、それを吸うことで飛まつ感染します。

2・扁桃腺に進入
口や鼻から進入した風邪のもとは扁桃に到達します。のどの入り口にあるリンパ組織で、病気から体を守る働きをしています。細菌やウイルスが入り込むと免疫作用が起こるため、ここに炎症が起こります。症状が酷くなると扁桃に炎症が起こり、それがいわゆる扁桃炎です。

3・気管支
扁桃で進入を防ぐことができないと、次は気管支まで入り込みます。気管支が炎症を起こすため、咳や痰が出てきます。

4・肺
最後に肺にまで到達したのが肺炎です。通常はここまで進入することはすくなく、気管支くらいまででとどめることができます。しかし免疫力が低下している人は、肺まで入りこむため肺炎を起こしてしまいます。

スポンサーリンク

【風邪の引き金になる免疫力の低下】

インフルエンザ
風邪やインフルエンザにかからないためには、自分の免疫力をどれだけ高めておくかが重要です。早い段階で食い止めておけば、鼻水だけなど軽い症状で済むこともあるのです。免疫力は次のようなことで低下しています。

■ 低体温の時

冷え症の方はそれだけで体温が低い部分ができるため、免疫力が低下します。普段は風邪にかからないのに、今回はうつった場合は冷えが原因であることも少なくありません。夏なら冷房にあたりすぎたり、冬でも体が冷える服装や食べ物で体温が低下しやすくなります。

■ 就寝時

寝ているときは1日の中でももっとも体温が低下しています。家族が風邪をひいていると、翌朝うつってしまうこともありますね。これは就寝中に体温が低下し免疫力が下がっているからです。この時間帯は無防備になりやすいため、風邪をひいている家族は別室で寝てもらうなど対処しましょう。

■ 睡眠不足

睡眠が不足すれば疲れが取れないため免疫力の低下を招きます。ついつい夜遅くまで起きてしまう方は、インフルエンザの時期だけでも早く寝るようにしましょう。

■ 加齢

加齢とともに免疫力は誰でも低下していきます。免疫細胞生産がされる胸線などが萎縮するためです。高齢に伴い風邪にかかりやすいだけでなく、病気のリスクも高まります。さらに加齢は胃腸の機能が弱り、免疫機能を高めるミネラルの吸収が低下するのも原因のひとつです。

■ お腹一杯食べる

免疫力を持つ白血球は空腹時によく働きます。逆に満腹になるとサボってしまうため、いつも食べすぎてしまう方は免疫力が低下している可能性があります。

■ ストレスが多い

ストレスは病気のもととなることはよく知られています。ストレスは体に活性酸素を発生させ、細胞をどんどん傷つけます。さらに交感神経が働けば血行も悪くなり、冷えにより免疫力の低下が引き起こされていきます。

まとめ

インフルエンザにかからない、かかっても免疫力を高めて治す。これが一番自然の形です。最初からかからない免疫力を身につけておけば、インフルエンザの流行時期でも怖がる必要はありません。持病をお持ちの方も免疫力を高めて、感染症予防をしてみましょう。免疫力を低下させる原因を1つずつ解消していくと、風邪にかかりにくい体になるため是非実践してみてください。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

風邪をひきやすいのはたんぱく質不足かも?お肉が免疫に必要な5つのルール

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットをする方が、コレをみるだけでやり方がすべてわかる

ビタミンC

ビタミンCサプリメントを毎日1,000mg飲んでわかったこと、基礎知識から応用編...

産後の脱毛は3つのことで防げる!原因と対策方法のまとめ

重曹とクエン酸で炭酸水

重曹×クエン酸だけで炭酸水を作るやり方!手作り炭酸水を活用して、ドリンク・洗顔・...

糖質制限ダイエットで中村トオルさんのスタイル!やり方とメリットについて