格安SIMって本当にお得?子ども1人2,000円以下も可能な、乗り換え方法

格安SIM

子育て家庭にとって、子ども1人1人がスマホを持っていると、毎月の通信代もバカになりません。今や小学生や中学生だってスマホを持つ時代ですから、月々の費用に頭を悩ましている方も多いのでは無いでしょうか。そんな子育て家庭におすすめの格安SIMの特徴と乗り換え方、どんな家庭が適しているのか紹介します。1人あたり2,000円以下も夢じゃありません。

【格安SIMとは?】

格安SIMとはシムフリースマホに利用すると、通信料が格安になるものです。ガラゲーやドコモやauのスマホなどは使用できないものが多いため注意が必要です。ドコモやソフトバンク、au携帯でもシムフリー端末を利用するなら、別途格安SIMを契約して利用することはできます。

スマホ、タブレットパソコンなどにSIMカードと呼ばれるものを入れ、ドコモの回線などを使用して通信するものです。このSIMカードにはキャリア携帯のように通話機能は含まれていないため、別途通話サービスを申し込むことになります。しかし、最近ではSIMカードにも通話機能をセットにしたものも登場しており、契約するだけでキャリア携帯のような感覚で使える商品もあります。

いわゆるSIMカードを差せばどこかの会社の回線を使用し、インターネットが格安でできるようになるというものです。最近では大手のプロバイダー会社が参入しており、ドコモなどの回線を利用しネットや通話などができるようにしています。

■格安SIMで注意したいこと

格安SIMでは「ネットのみのデータ専用」「音声通話もセットになったタイプ」と2種類あります。スマホでネットだけの使用やラインでのやり取りが多い方は「ネットのみデータ専用」でも問題ありません。電話をしたい場合は050を契約できる音声通話サービスを別途契約すれば良いからです。

しかし、そのような音声通話サービスを別に申し込むのが面倒な方、電話もたくさんかける方は「音声通話もセットになったタイプ」が便利です。このようなタイプではMNPに対応しており、携帯電話で使用していた080や090の電話番号を引き継ぐことができます。

■どんな人が安くなるの?

格安SIMは誰でも通信料が安くなるわけではありません。1人あたり2,000円以下にするにも使用方法にコツが必要なため注意しましょう。

・ インターネット利用がメイン
・ メールや電話はLINEを使う
・ メールアドレスはフリーメールでもOK
・ 電話はほとんどかけない
・ 家でワイファイに繋げる環境がある
・ 動画は殆ど見ないまたは家のワイファイ環境のみ

格安SIMを利用して1ヶ月2,000円以下に押さえるためには、データ使用量が少なくなければなりません。業者によっても制限は異なりますが、月に1Gや3Gというところも少なくないため、外出先で動画をたくさん見る方には適していません。

その代わり家ではワイファイ環境を使えば、格安SIMのデータ用量は消費しないため、動画を見ても大丈夫です。

また、通話を多くしてしまうと当然料金は2,000円では抑えることはできません。連絡のやりとりはフリーメール、LINEのみという若い方の使い方ならOKでしょう。10代の子どもの場合はほとんどがこのようなやり取りで、電話を長時間する子は少なめのため月々2,000円以内でも抑えることが可能です。

スポンサーリンク

このような使い方ならSIMフリースマホにSIMカードを差して契約すれば、月々2,000円以下に抑えることができます。別途通話料がかかったとしても2,000円~3,000円くらいにはなります。連絡のほとんどがLINEで済ませる10代なら2,000円でもやりくりすることができます。

【我が家のプラン】

格安SIM
例えば我が家のプランで紹介します。

高校生の息子のためにお小遣いでやりくりしたいため、格安SIMを検討しました。当初はまだ格安SIMがあまり出ておらず、IIJmioで契約しました。この会社は格安SIMの先駆け的な存在の会社で、数少ないSIMカードを提供する会社でした。

今は大手プロバイダーもこのようなサービスに乗り出してきているため、今はビックローブの格安SIMに変えています。

スマホはネットで捜せば新品でも中古でもSIMフリースマホを買うことができます。今はSIMフリースマホは多くの機種が出ていますから、捜すのは簡単です。携帯電話会社と契約はしないため、スマホの本体は一括で購入することになります。当然アフターサービスは購入したショップや、メーカーによるものしかありません。海外のSIMフリースマホを購入して壊れたことがあるのですが、その場合は保障が効きませんでした。海外スマホはそのようなリスクが出てきます。

スマホの使用は月々2,000円以内で納まっています。
・ 電話をかけるのは自宅や学校くらい
・ 友人とはLINEやメールでやりとり
・ 外では動画は見ない
・ 家庭ではワイファイに繋いでデータ使用量の節約

この使い方でほとんど電話は使用していない状態のため、SIMカードのみの料金くらいしかかかっていません。

【今使用しているスマホは使える?】

子ども用としてSIMカードを利用する場合、今持っているスマホが対応しているのか確かめる必要があります。または新たにSIMフリースマホを購入してあげる必要があります。SIMフリースマホは安い物でも3万円くらいはするため、その費用は負担しなければなりません。

・ SIM解除ができるか?

2015年に発売された新しいタイプのスマホでは、ドコモやauなどでもSIM解除に応じている機種が多くなっています。ドコモなどに出向いて解除してもらう場合、別途解除料が必要となります。

・ メールアドレスは変わる

使用していたスマホからSIMカードに乗り換える場合、メールアドレスはフリーメールなどを取得することになります。今までのメールアドレスは継続が不可となります。

・ 古い機種だと対応していないことも

SIMカードを使う場合中古をスマホを買うなら「白ロム」または「SIMフリースマホ」と表示されているものを選ぶことが必要です。新しいスマホなら「SIMフリースマホ」と表示されていれば使用することができます。ただし「赤ロム」のように制限がかかっている中古スマホの場合は、ドコモショップなどにもっていっても解除してもらうことはできません。

まとめ

格安SIMは最初はちょっと面倒だと思うのですが、一度やり方さえ覚えてしまえば意外と簡単です。スマホを最初に購入する手間、格安SIMの契約、カードの抜き差しなど面倒な作業はありますが、一度慣れれば簡単です。もし自分で契約するのが難しいと感じる方は、Y!mobileなどSIMフリースマホとSIMカードのセット販売をしているところを利用すれば簡単に始めることができます。ただし2,000円以下にするにはすべて自分で契約や手続きまでしないと難しくなります。

子どもが3人いたとすると、1人2,000円で済ますことができれば家計に優しいですよね。もし料金を節約したいと考える方は挑戦してみてください。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

風水で運気アップ

最近ついていないと思ったら確認したい!方位で運気を上げる、風水と運勢の関係6選

ソロストーブを自作

ソロストーブ(ウッドストーブ)を100均の材料を使って自作してみた!作り方まとめ...

栗の美味しい茹で方

美味しい栗の茹で方&熟成方法!子どもと栗拾いを楽しんだ方に

ファストファッションの比較

ファストファッションの比較!7つのブランド徹底解説

洗剤を1種類にする

洗剤を1種類のみに節約する!もう合成洗剤は要らない掃除のやり方

古いお茶の活用法

古いお茶の葉が出てきたら試したい!賞味期限切れお茶の再利用方法