2016年電力自由化の基礎知識!マンションやアパートでもやりたい

電力自由化

2016年の4月より、いよいよ電力自由化が始まり、私たちは電力会社を自由に選べるように変わります。しかし、新しい業者の情報は多数出ているのですが、具体的にはどのように切り替えるのか?費用のメリットは?などわかりにくい点が多くあります。子育て家庭が注目してみたい電力自由化について紹介します。マンションやアパートなど賃貸住宅でも諦める必要はないかもしれまんせん!

電力自由化とは?

今までの電力会社だけでなく新たに参入する企業からも電気を自由に買うことができるように変わります。例えば省エネによる発電に取り組んでいる企業から購入したり、自分で発電していない会社でもどんどん参入してきている背景があります。

例えばソフトバンクやauなど携帯電話を販売する会社が電力販売をすると、電話料金とのセット料金を打ち出すことができます。ガス会社ならガス料金とセットとなり、今までの電気料金よりお手ごろ価格で販売するケースなどもあります。

その企業が独自に提供するサービスと抱き合わせとなり、その会社のサービスを利用する機会が多い方にとって、電気代の割引きだけでなく様々なメリットが得られるようになります。

・ ガソリンスタンド

ガソリンスタンドを提供するエネオスや昭和シェルなども電力自由化に参戦することがわかっています。ガソリン割引きなどのサービスが得られるため、車を多く乗る方にメリットがあります。

・ 携帯電話会社

ソフトバンクやauなどが電力自由化で利用できるようになります。スマホやインターネット回線使用量などが割引きとなります。

・ ガス会社

ガス会社も独自に電気発電に取り組むことで、今までの電力会社より価格を安くできるようです。既にガスを契約している方は申し込むだけで簡単に手続きできます。オール電化の住宅ではどうなるかは疑問が残ります。

・ コープ

生協も独自の電力販売を開始します。すべてを自社発電でまかなうことは難しいようで、他の業者から買取ることで提供する地域が多いようです。エコ発電に興味がある方に注目されています。

・ ケーブルテレビ

ジェイコムはケーブルテレビと一緒に電気の購入ができます。ケーブルテレビの契約をしている方にとってメリットがあります。

アパートやマンションなど賃貸もOK?

電力自由化
子育て家庭にとって気になるのが、アパートやマンションなど賃貸住宅でも選択できるのか?ではないでしょうか。一戸建ての方はもちろん利用することができますが、賃貸だと大家さんに許可を取らないと新しいサービスを利用できないことも多いからです。

基本的には電力自由化で制限されることはありません。しかしスマートメーターを導入していないと利用することができないため、この交換作業は絶対に必要となります。大家さんがスマートメーターへの取り替えに断固として拒否するなら難しいでしょう。

スポンサーリンク

ただし、地デジ化のときもスムーズに賃貸住宅で切り替えが済んだように、電力自由化でも似たように進められる可能性があります。

スマートメーターへの切り換え作業は立会いの必要は無く、工事費などもかからないことが多くなっています。切り替えをしたい方が申し込みをすると、自動的に交換をしてくれるシステムです。

大型のマンションでは既に業者と一括で契約していることがあります。その場合は切り替え作業がどうなるのか管理組合に聞いておくと安心です。一括で契約することで割引きが受けられることもあるため、独自に契約するかはよく検討する必要があります。

急いで切り替える必要はあるのか?

電力自由化がいよいよ始まりますが、既に申し込みを済ませた方も多いようです。しかし、電力会社が自由に選べるようになれば、価格競争が発生するため現在の電力会社でもコストダウンすることが見込めます。

同じように今契約している電力会社でも電気代が安くなる可能性があります。経費を少しでも安くしたり、効率の良い発電方法に切り替えるなどです。今までは競合する会社が無く電気は言い値のようなものだったのですが、これからは競争化により価格を下げる努力を電力会社はしなければならなくなります。

そのため、切り換えは少しまったほうが良いかもしれません。なぜなら、切り替える場合で長期契約が前提となっていれば、途中で解約すると違約金がかかることがあるからです。1年や2年契約などとなっているのを知らず、途中で違う電力会社を利用したくなる方も居るかもしれません。

内容まで理解している人は少なめ

「エネルギー自由化に関する生活者意識の調査」によると、認知度は62.2%だったのに対し、内容まで理解している人の割合はわずか8.9%と低いことがわかっています。ニュースや新聞などで電力自由化の話題が出ることはあっても、具体的な内容は提示されていることが少ないからではないでしょうか。

電力会社関連に勤めている私の知り合いの話によると、具体的な内容はまだ入ってきていないそうです。関係者でもあまり知らないことですから、一般の方はどのくらい料金が安くなるのか?切り換え方法は?どのくらいメリットがあるのか?など詳しいことまではわからないのが実情のようです。

ガス会社やコープなどが参入するニュースは聞いても、その内容まではまだ提示されていないようです。4月~とまだ期間があるため、急いで検討する必要はないかもしれません。申し込みを開始した企業も多く有りますが、他の企業の情報を把握してからでも遅くは有りません。

どのような内容で切り替えを検討しているかというと次のようなものです。
・ 原発に依存しない電力会社を選びたい
・ 電気代を安くしたい
・ エコなエネルギーを使用する会社を選ぶ
・ 信頼のある企業で契約したい
・ いつも使っているサービスと抱き合わせにしてお得にしたい

などの点です。料金の安さだけにとらわれず、サービスの内容や安全性まで考えている人が多くなっています。東日本大震災により電気の安全性に目を向けた人が多いためと考えられます。

まとめ

私自身まだ電力自由化で切り替えるかは具体的に答えが出ないのが実情です。情報がまだ少なく、何所を選ぶべきかはわかりにくいからです。しかし、電力自由化により今の電力会社の経営方法もよいものに変わり、少しでも原発に依存せずコスト削減に努めるならそのまま契約しても良いと考える人も多いのではないでしょうか。乗り換えを検討している人は多いようですが、実際に切り替えるとなると手続きが面倒だと感じる人も多いように思います。


関連記事

札幌大球の詳細!日本一大きい北海道しかないキャベツについて

一戸建てで光に乗り換え

一戸建てでADSLから光りに乗り換えたい!とことん月額料金が安いプロバイダの比較...

フランス人に学ぶ、豊な生活を送るための5つのポイント

光コラボ×格安SIM

光コラボ×格安SIMで割引きが得られる業者6つ!一戸建てで子ども用にSIMカード...

お弁当箱の汚れ

プラスチックのお弁当箱に付くこびりつき対策!油汚れをすっきり解消する方法

ソロストーブを自作

ソロストーブ(ウッドストーブ)を100均の材料を使って自作してみた!作り方まとめ...