喘息は自律神経失調症と関係があるかも?交感神経がカギになるかもしれない8つの理由

喘息と自律神経失調症

現代はストレス社会だから、ストレスにより交感神経が優位になっている人が多いともいわれています。しかし、自律神経失調症といっても必ずしも交感神経だけが優位になっているとは限らないようです。

例えば喘息の方の場合副交感神経が優位になる夜中~朝方にかけて発作が起こると感じられるはず。自律神経が乱れているからといって交感神経を和らげ副交感神経を優位にする必要が無い人もいるのです。

それでは、喘息と自律神経失調症の関係について紹介します。喘息はストレスにより交感神経が優位になりやすいから、できるだけリラックス!と感じていた方に役立つ情報をお伝えしていきます。

1・副交感神経が優位になるとはどういうことか?

・ 体を休息させるときに優位に働く
・ リラックスすると働きやすい
・ 血流は内臓に集中している
・ 唾液は増加し消化器官が働く
・ 気管支が縮小している
・ 心拍は減少している
・ 筋肉が緩む
・ 血圧が下がる
・ 血管は拡張している
・ 呼吸がゆっくりとなる

副交感神経が優位に働くとこのような症状が起こっています。副交感神経を働かすためにはリラックスが一番といわれるのはこのためです。休んでいる時やリラックスしている時に優位になりやすい特徴があります。

しかし、見逃せないのが胃腸が働いたり唾液の量が多くなること。つまり食べ物を消化している時には自律神経の副交感神経が優位となっているのです。さらに血圧が低い人、心拍数が少ない人ほど普段から副交感神経が働いている可能性があります。

食べ物を消化している際に副交感神経が働くわけですから、1日中食べ過ぎている人などは副交感神経が優位となります。喘息の方は食べるのが好きだったり、1日中間食していないでしょうか?ちゃんと空腹状態になれば交感神経が働きやすいため、喘息のコントロールのひとつに食べ過ぎないことが挙げられます。

2・喘息は怠け病?

喘息は怠け病だという人もいます。副交感神経が働いている際に気管支が縮小するのですから、いつもだらけている生活や、緊張感のない生活をしているから。という風にもとらえることができるからです。

しかし、私は単に生活がだらけている、親が甘やかしているから。とは思いません。現代社会は1年中エアコンや暖房で快適な温度を保つことができ、寒さや暑さへの刺激が少なくなっています。そのため自律神経が必要な際に切り替わることがなく、単に自律神経のコントロールができなくなっているだけと考えることができます。

親が甘やかしているから、運動もせずにだらけているなど。自律神経が乱れる原因はそれだけではないのです。

・ 甘いものを止める
・ 1日中だらだらと食べない
・ 空腹感がきてから食事すること
・ 季節の気温の変化をちゃんと感じる
・ エアコン、暖房に頼り過ぎない
・ 適度な運動を心がけ交感神経を刺激する

このような心がけで自律神経はコントロールできるようになってきます。

3・自律神経は必要なときに働かせるべき

ストレス社会だからといって副交感神経を優位にする必要はありません。自律神経は交感神経、副交感神経が必要な際にちゃんと働くことが重要となっています。ストレス社会だからといって常にリラックス状態だと今度は喘息のような症状が出てくるようになります。

朝しっかり交感神経を刺激し日中は交感神経を優位にすること。夜寝る前には入浴などで血管を拡張させ、リラックモードにして副交感神経を優位にする必要があります。

・ 夜遅くまで起きて副交感神経が働かない
・ スマホなど強い光で交感神経が働きどおし
・ 休日は朝遅くまで寝ているため交感神経のスイッチが乱れる

このように不規則な生活で自律神経のバランスは崩れていきます。

さらに食事をすれば消化のために副交感神経が働きやすいのですから、正常な方は朝交感神経にスイッチが切り替わり、昼食後副交感神経が優位に、休憩後に仕事を開始すると交感神経が働きます。寝る前に副交感神経が優位になるのが正常といえます。

スポンサーリンク

4・副交感神経が優位になるとなぜ喘息が起こる?

副交感神経が優位になると気管支が収縮すると説明しましたが、喘息が起こる理由はそれだけではありません。アレルギーに対する力が弱くなってしまうからです。

実は副交感神経が優位になるとリンパ球が多くなり、免疫力が過剰に働いてしまいます。普通の人ではアレルゲンとならない物質にすぐに反応することになります。ダニやカビ、花粉などがアレルゲンになりやすいといいますが、その直接的な原因は副交感神経が優位になることにあると考えることができます。

また、副交感神経が優位になっている人は、血管がいつも拡張しています。ためしに血圧を測定してみればわかるはずです。喘息の方、アレルギー体質の方は低血圧の人が多くなっているのです。血圧が低いということは血流がゆっくりとなっており、もし体内にアレルギーの原因となる物質が入ってきても、体外に押し出す力が弱くなってしまいます。

5・交感神経を優位にして喘息をコントロール

喘息自律神経失調症
喘息の人は完治しないといいますが、実は自律神経をコントロールすることで多少の改善効果が見込めます。完治まではいかなくても、発作が起こりにくくなったと感じたり、発作が出ても軽いという風に変わります。そのためには副交感神経が優位になっている状態から、交感神経を適度に刺激してやるのが一番です。

【冷水浴】

交感神経へのスイッチの切り変わりが悪いなら、皮膚を刺激してやると良いのです。冷水浴は肌を直接冷やし、交感神経を働きやすくします。入浴の際に手足の先のみで良いので冷水をかけるようにしましょう。洗面器に水を張り足を入れるとやりやすくなっています。最初は痛い感じがするのですが、人には恒常性という体温を一定に保つ働きがあるため次第に足が温かくなってくるのです。このときに血管が収縮しており交感神経が刺激されています。体にかける方法は心臓への負担もあるため、手足の先のみがおすすめです。

【コーヒーを飲む】

ブラックコーヒーを飲むと心拍が早くなった感じがしますね。コーヒーは民間の喘息治療薬としても活用されているものです。血管を収縮させ脈が早くなり、交感神経が刺激されるため予防効果があるとされています。コーヒーにはカフェインが含まれていますから、飲みすぎには注意してください。

【適度な運動をする】

運動をすれば交感神経が働きやすくなります。しかし運動誘発性喘息の方もいますから、やれることをするようにしましょう。水泳が喘息に良いといわれるのは、呼吸機能を鍛えることができたり、水への刺激なども良いといわれています。湿度もあるため運動誘発性喘息が起こりにくいのです。

【乾布摩擦】

乾布摩擦は皮膚に刺激を与え交感神経を優位にできます。アレルギー体質でアトピーがある方は、皮膚を強く擦り過ぎないようにしましょう。乾いた日本手ぬぐいなどで皮膚を刺激するだけで大丈夫です。

6・喘息の人は胸式呼吸すると良い

喘息の人は交感神経を刺激しなければならないため、呼吸法をするなら胸式呼吸です。ヨガでは胸式呼吸を実践するため喘息の予防法としても最適です。胸式呼吸は肺にいっぱい空気を入れて吐くと胸が縮む感じがします。肋骨の左右に手を添えておくと呼吸がわかりやすくなります。逆に腹式呼吸は副交感神経が働きやすいため、喘息の方には向いていません。

7・年齢と共に喘息が治るかも?

喘息は小児の頃に起こりやすく、高齢者になると症状が軽くなってくる人がいます。これも自律神経の働きと関係性があります。小児の頃は副交感神経が優位になりやすいため、小さい頃にちゃんと交感神経を働かせる行為をすべきなのです。小さい頃に気温差がないところばかりで過ごしていたり、外遊びをしないのも考えものです。

そして高齢になる程、副交感神経が低下してきます。30代や40代くらいから徐々に副交感神経が低下していくことがわかっています。そのため高齢者になれば自然と喘息は緩和されていくものなのです。小児が子供の頃だけ喘息にかかり、思春期になると改善するのもこのためです。

8・喘息の人は良いこともある

副交感神経が優位になると免疫力が過剰に働きます。その一方でがんなどの病気になる方は、免疫力が低下しやすい傾向があります。それにより顆粒球が増え、自分の細胞がダメージを受けてがんができてしまうと考えられています。

つまり喘息で副交感神経が優位になる人はがんは発症しにくいともいえます。逆にがん体質の方はアレルギーで起こる喘息にはなりにくいといわれています。どちらになると良いかは微妙なところではありますが、本来は交感神経・副交感神経の両方がちゃんと働いているのが良いわけです。両方どちらも自律神経が乱れている状態です。

まとめ

喘息と交感神経との関連性はわかったでしょうか。喘息はアレルギーが原因だといわれていますが、それを強くしているのは自律神経の乱れからなのです。アレルギー物質をいくら取り除いても根本的な治療にはならず、次々にほかのアレルゲンが登場し治りません。それよりも過剰に働いている副交感神経を押さえ、免疫力が働きすぎるのを抑えるほうが有効となることもあるのです。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

酵素を補給する前に考えたい!たんぱく質の重要性6選

月経前症候群

月経前症候群の意外な原因が判明?若い女性でも油断できない生理前の不調の原因と対策...

子どもを持つ親なら知っておきたい!化学物質について

インフルエンザ

薬が無くても治る!インフルエンザを免疫力だけで対策する7つの原因

リーキーガット症候群

リーキーガット症候群のすべて!!アレルギー、瘦せない、生活習慣病全部解消かも?

今流行のグラノーラ、でもカロリーが高いからミューズリーがおすすめの理由