これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

最強のデドックスとは?半身浴や足裏健康法よりもっとスゴイこと

私たちはどうしても毎日異物を取り込み、それを排泄しなければなりません。血液が汚れてしまえば最終的には病気を招くこともあるからです。そのために毎日デドックスしなければならないのですが、どのような要素が一番排泄力が高いかご存知でしょうか。デドックスのある食べ物を摂ろう、入浴で排泄を促そうなどといいますが、一番大切なことは忘れてはならないのです。

人のデドックスで最強のもの

それは排便です。体に取り込んだものを不用物として外に出してくれるのは排便が最強です。ついで尿からの排泄があります。この2つのどちらかが滞りを見せても、人は体に毒素が蔓延し病気になってしまいます。

尿がちょっとでも出なくなれば尿毒症になり死亡してしまうこともあるくらいです。つまりデドックスを促すためには便秘を改善し、オシッコをたくさん出すのが一番といえるわけです。

下痢より便秘のほうが有害

便秘は女性に多くなっていますが、下痢はまだ体に蓄積した有害なものが出ているだけマシです。便秘がちで便が1週間も出ない人のことを考えると、どれだけ血液を汚しているのかちょっと怖くなってきますね。

男性はお腹が冷えやすいため下痢になりやすく、女性は子宮などの臓器のせいで腸の運動が滞りやすく便秘になる人が増えます。いつも下痢気味の人よりも断然毒素を溜め込む便秘のほうが大腸ガンなどのリスクを抱えやすくなります。

しかし、女性の場合毎月くる生理で血液を排泄することができるため、血液としてデドックスを果たしていることも忘れてはなりません。一般的に女性より男性のほうが寿命が短いのは、体にたまった毒素を排泄する力が弱いからという説もあります。

何よりも毒素は毎日蓄積されていくものですから、とにかく出すを心掛けるようにしましょう。女性は便秘をできるだけ改善し、毎月順調に生理がきているだけでもかなりデドックスできています。

体からデドックスできる割合

便からは75%、尿は20%です。これだけでもかなりの毒素は排泄することができます。汗や毛髪、爪などの面でも多少は毒素を排泄できますが、便から考えると微々たるものです。

スポンサードリンク

高齢になると便秘になりやすくなったり、腎臓の働きが低下して尿が出にくくなる人もいます。こうなると体の95%の毒素がたまったままとなるため、次第に影響を受け病気を発症してしまいます。

毒素とは食べ物から取り込んだ添加物、環境汚染なども含まれています。毒素をためこまないためには小食が良く、胃を休ませることができると排泄にエネルギーを使うことができるようになります。

最近毒素がたまってきたと感じたら、是非断食などを取り入れながら胃を休ませてみてください。断食をすると尿の色が濃くなったり、タール便と呼ばれる黒い便が出てくる人も多くいます。

毒素がたまればがんにもなる

血液の中に毒素が多くたまると、最悪なのががんです。がんは血液の汚れを一箇所に溜め込み、ほかの臓器に流れ出ないよう対処しているともいわれています。そのため下手にがんをいじると毒素が血液を通し流れていき、ほかの臓器を蝕むこともあると考えられています。

がんの原因は東洋医学でいえば血液の汚れ=毒素の蓄積なのですから、その汚れを上手く排泄してあげなければ、手術や放射線治療をしてもまた再発してしまう結果となります。

血液の中に入り込んだ汚れは血液をさらさらにして流れをよくし、便や尿として毒素を排泄してあげると綺麗になっていきます。

・ 体温を上げて血流を良くすること
・ 食べすぎを防いで毒素を溜め込まない
・ ストレスをなくし血流を改善
・ 便秘や尿の出を良くする

これが最強のデドックス方法となります。女性の場合生理の血液でも毒素が出ていくため、毎月の生理がこない方は注意してみましょう。また女性は出産でもデドックスできるともいわれているようです。

まとめ

きれいになるため、病気を治す為にデドックスが良いといいますが、便秘がちな方や生理が毎月こない方はそれだけ毒素を溜め込んでいると知りましょう。若い頃はまだよくても、内臓の機能が低下する年齢になってくると徐々に排泄力が低下して病気にも結びついてしまいます。今から排泄力を高め美人で病気を遠ざける方法をしてみましょう。

スポンサードリンク

関連記事