これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

親知らずは抜いたほうが良い?それとも抜かないほうが良い?

親知らずは抜いたほうが良い?それとも抜かないほうが良い?大人になると誰もが悩むことですが、意外と詳細まで知っている方は少ないのかもしれません。私も親知らずが虫歯になってから抜くことを選択しましたし、放置しても良いものと思っていました。しかし抜いたほうが良い場合、抜かないほうが良い場合など様々なようです。

親知らずはなぜ生えてくる

20歳前後になると親知らずが徐々に生えてきます。若い頃はまだ顎の骨が発達しておらず、全ての歯は生えてきません。歯は土台ができてこないと生えてくることがないからです。そのため多くの方は17歳~25歳くらいまでに生えてきます。

実際に問題が出るのは20歳以上で30代や40代になり、虫歯や歯周病のリスクから抜くのを迫られる人も少なくありません。親知らずは磨き難いため、問題が出るなら抜いてしまったほうが良いといわれています。

近年では生えない人もいる

食生活の変化で柔らかい物を多く食べるように変わってきたため、近年では親知らずが退化して生えてこない人もいます。今後生まれてくる子ども達は、親知らずの痛みや抜歯の恐怖を感じなくなる割合も増えてくるかもしれませんね。

親知らずは抜く?それとも残す?

親知らず
若い頃に親知らずが斜めに生えていたり、横に生えているなど問題が確認された場合、大きな病院を紹介されることがあります。放置すると歯並びに影響が出たり、頭痛などのトラブルに悩まされる人もいるからです。でも素朴な疑問として、問題が無いならそのままでも良いのでは?と思ってしまいますね。

親知らずは若い頃に抜いたほうが良い

医師の中では親知らずは早い内に抜いたほうが良いと考える人もいます。それは若い頃のほうがリスクが少なく、後々の問題も解消しやすいからです。

・ 歯茎の治癒が早い
親知らずの抜歯は免疫力が低下している人はできないことがあります。妊婦さん、高齢者の場合では問題が悪化しない限り放置することも多いのです。免疫力が低下すれば歯茎の傷が治り難いばかりか、感染症を引き起こす可能性もあるからです。20代くらいなら治癒力も高く、新陳代謝も良いため歯茎の回復力が高まります。

・ 骨との癒着が少ない
高齢者など年齢を重ねるごとに、親知らずと土台となる骨が癒着しやすくなります。斜めに生えていたり、横に生えていれば周りの歯や骨にも影響を及ぼしやすいのです。若い頃はまだ歯と骨がくっついておらず、スポッと抜けることもあります。

・ 虫歯が減らせる
親知らず自体の虫歯だけけでなく、隣り合った歯の虫歯も防ぐことができます。虫歯にならなければ、将来歯を温存できる可能性も高くなります。奥歯は強く噛む大切な場所ですから、ここを失えば力が入りにくいなど問題が出てくることも。

・ 歯周病リスクが減らせる
虫歯同様歯周病リスクも減らせます。奥歯は歯ブラシが届き難いため、どうしても歯周病菌が繁殖してしまいます。定期的にクリーニングしてもらっているならまだしも、何もしていない人は奥歯から歯周病が進行する方も多いようです。歯周病は現代人なら子どもから大人までかかっている人も多いため、20代前後で抜いてしまったほうが良いとも考えることができます。

親知らずを抜かないほうが良い場合

逆に親知らずを抜かないほうが良いと考える医師も増えているといいます。悪さをしないならそのまま放置しても問題なく、歯を残しておけば将来歯を利用した治療にも活用する事ができるからです。

スポンサードリンク

・ 将来移植できるかもしれない
将来歯を失ったときに、親知らずを利用して移植することもできます。そのために温存しておき、後々活用することもできます。さらに再生医療の面でも活躍できる可能性があるため、必ずしも抜かなければならないわけではありません。

・ 親知らずが虫歯、歯周病になっていない
まだ歯茎から露出していない親知らずなら、虫歯にはなっていないはずです。少し様子を見て問題が出るようなら抜歯する選択もできます。歯磨きが上手くいっているならあえて抜く必要は無いとも考えることができます。同じく歯周病もかかっていないならリスクは少なくなります。

・ 隣り合った歯に影響していない
横に生えてきたり斜めだと、隣り合った歯に影響を及ぼし、次第には並びが悪くなってきます。横に生えていると隣り合った歯を押して圧迫するため、徐々に歯がガタガタになったり、出っ歯になる人もいます。若い頃に親知らずを抜いたほうが、キレイな状態の歯並びを保つことができて、矯正の必要がなくなります。

親知らずを抜く時は全身麻酔?

親知らず
親知らずは難しい手術になると時間も長くなるため、全身麻酔となることがあります。歯を抜くだけなのに全身麻酔と聞くとちょっと怖くなる方も多いと思います。

歯は歯の根元にある重要な神経に触れていることがあります。この神経を傷つけると将来しびれや麻痺などが残る可能性があるため、慎重に手術が必要な場合は全身麻酔が必要となります。

私も太い神経に触れている親知らずを1本だけ抜きましたが、大きな病院を受診して抜いてもらいました。その場合は1本だけだったこともあり、部分麻酔で済ませることはできました。それが4本ともなると全身麻酔の可能性もあったのかもしれません。ちなみに神経の回復はビタミン剤などで促すことができます。

ただし、親知らずが問題を起こしていないなら、1本ずつまたは2本ずつと分散させれば部分麻酔で済ませられることがあります。4本一気にだと1時間以上かかることも多いため、その場合は患者さんの負担を減らすために全身麻酔とするようです。

まだ問題が無いなら温存させて、将来部分的に抜きながら部分麻酔で済ませることもできることがあります。

全身麻酔のメカニズムは実は科学的に詳しく証明できないといいます。大まかな理屈はわかっていても、それを証明することはできていないようです。詳しくわかってない全身麻酔は吸入麻酔のほうで、静脈麻酔ではありません。親知らずの抜歯では静脈麻酔のほうを利用することが多いそうですから、それ程心配しなくてもいいかもしれませんね。

ちなみに手術などで利用される呼吸麻酔は、麻酔科医が患者さんの状態を随時チェックすることになっています。呼吸状態を確認しないと危険性が高いからです。

まとめ

親知らずは抜くか、それとも温存させるかは人それぞれ。周りの歯の状況や歯茎などもみないと何ともいえないでしょう。親知らずを抜いたほうが良いと言われた方は、安易に放置せず歯科医と相談しながら時期を調節するのが良さそうです。抜かない方向で進めていく場合も、定期健診で歯をチェックしてもらうと良いでしょう。

関連記事

Sponsored Link

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金