住宅の省エネ化には窓が大事!でも現代住宅は結露しやすい理由

高断熱住宅、2重窓にしても冬になるとどうして結露するのだろう?とお悩みの方も多いと思います。我が家も高断熱住宅、2重窓と結露に強い住宅という感じがしますが、実は冬に結露がひどいです。この結露を解決するカギとなるのは窓であることが多いようです。結露と窓について紹介します。

高断熱、2重窓でも結露する理由

私は家を建てる前には高断熱にして窓を2重窓にすれば結露が解決できると思っていました。断熱性能を上げれば上げるほど解決できると・・・。日本の住宅の多くはこの作りが一般的になってきており、このように作れば古い住宅より結露しにくいと感じてしまうのです。

しかし、実際に住んで見ると明らかに古い住宅より高断熱、そして2重窓で熱ロスが少ないように感じられるのに、冬はかなり結露します。更に全室暖房にして気温差をなくしているのにも関わらず、窓には結露、そして収納の中の壁なども結露している状態です。

唯一結露を防ぐことができるのが、24時間換気の存在のようです。この換気を一切とめると結露しやすいのに対し、24時間換気を強で稼動させると結露しないのです。つまり高断熱、2重窓でも強制的に外の空気を室内に取り込み内側の空気を外に出してやらなければ、結露はしてしまうことになります。

その原因はビニールハウスのような住宅に問題があるといえます。ビニールハウスの中に入れば確かに高断熱で熱が外に逃げません。しかし同時に湿気も外に排泄されないため、生活すると出てくる湿気が中にこもり結露してしまうのです。これを解消するには換気しかありません。

24時間換気をすることで内側と外側の空気を入れ替えるなら、高断熱・2重窓の意味はあまり感じられません。外の寒い空気を入れるため暖房効率があまり良くないのです。最近では外から入ってきた空気を温めてから入れるなど、熱ロスが少ない24時間換気もあるそうですが、我が家は純粋に外側と内側の空気を入れ替えるだけの24時間喚起のため熱ロスが大きくなっています。

24時間換気をとめれば熱ロスが少なく冬の暖房費は節約できるのですが、その代わり結露がするため換気は必須となってしまいます。そして換気をすれば当然部屋が寒くなるため、暖房費がかさんでしまいます。

このような問題を解決できるのは木製サッシである可能性もあるようです。

省エネ化を叶えるためには窓が重要

住宅の省エネ
住宅の熱ロスで一番大きいのが窓だといわれています。およそ60%くらいの損失が窓からあるそうです。つまり窓の断熱性能を上げれば、無駄な熱をロスしなくて済むようになるのです。

現在の住宅ではこのような考え方から、本州でも2重窓が一般的にかわりつつあります。窓の断熱性能を上げれば、住宅の熱ロスを解決できると考えるからです。

確かにこの考え方は間違っていないのですが、実は大きな問題が日本の住宅にはあります。それが熱ロスが高いアルミサッシを使っていることです。本州では住宅のほとんどがアルミサッシ、北国でもアルミと樹脂を組み合わせており、アルミサッシに比べると多少熱ロスは良くなっています。

ただしアルミは木のような天然素材と比べると熱を保つ性能がかなり低く、窓を2重サッシにしても熱ロスは思ったより解消することができないのです。

雪が降り気温も低くなる北欧では窓の多くに木製を採用しているといいます。アルミサッシを利用している国は先進国で日本だけ。アメリカなども木製や樹脂に変わりつつあるようです。

スポンサーリンク

日本は量産の面でアルミサッシが選ばれてきたり、結露や湿度により木が腐ると感じるため避けてきた実情があります。メーカーも作りやすいため積極的にアルミ素材を勧めてきました。しかし木製住宅でも100年経っても腐らず保っている家もありますから、管理は多少大変でも木製のほうが本来は断熱性能が優れ長持ちする可能性もあります。

しかし、メンテナンスを嫌う日本人が多いため、利便性や価格の安さからアルミサッシが選ばれてきたようです。実はアルミのほうが熱を伝える性能が低く、湿気を通さないため結露しやすいのです。

木製サッシは高いから良くない?

では結露しにくく、熱伝導も良い木製サッシを選ぼうとしましょう。すると価格の差やメンテナンスの面倒さで止めてしまう人が多いかもしれません。

値段でいうとアルミサッシの倍近い価格となる商品も多いようです。しかし最初のコストは高くても、木は湿気を吸ったり吐いたりするため結果的に結露しにくく、メンテナンスさえすれば長持ちする窓になるようです。

最近はDIYが趣味の女性も増えてきているので、木製サッシのメンテナンスはそれ程面倒だと感じない人も多いのではないでしょうか。どうしても外側は劣化しやすいため、数年に一度塗装が必要です。これを業者に全て任せるとかなりのコストになるため、自分達でDIYにて塗装したいと感じるなら木製サッシでも問題ありません。

イギリスなどでは自分達で塗装して木製サッシをメンテナンスするのが当たり前なんだとか。ちょっとした手間をかけるだけで、木製サッシのほうが住んでいる人に優しい住宅になります。

木製サッシを採用するスウェーデン住宅

スウェーデンの窓
私が知る限り、木製サッシの三重窓を採用しているのはスウェーデン住宅くらいです。一度展示場に見に行きましたが、三重窓はかなり分厚く、くるっと回転する木製のサッシを採用していました。

木製だとデザイン性もステキですし、結露がしなくて断熱性能も上がるそうです。今度住宅を建てるなら木製サッシを採用してみたいですね。アルミや樹脂は見た目が味気ないですし、何よりも結露がひどいのであまりおすすめできません。

気軽に取り入れるなら木製サッシの内窓DIYという方法も

今更窓を木製に変えられないと感じる方は、DIYにて木製内窓を作ってみるのもおすすめです。アクリルで空気の層があるものをガラス代わりにすれば、断熱性能も上がりお洒落な木製窓にすることができます。完全な木製サッシと比べると湿気を吸ったり逃がす効果は少ないとは思いますが、結露は多少改善できる可能性があります。

201305101142244cb
画像出典http://easytempo.blog61.fc2.com/blog-entry-434.html
ガラスシートというものを使ってDIYされた内窓です。見た目が断然お洒落。カーテンよりもこっちのほうがいいですね。

o0360048012318690880
画像出典:http://ameblo.jp/petitfleur-s/entry-11421468938.html
こちらも内窓をDIYで手作りされた方の作品です。とってもステキで、お洒落な空間になっています。

カフェスタイルな、お部屋改造術
窓作りは「カフェスタイルな、お部屋改造術」という本にくわしく掲載されているので、参考にされてみてはどうでしょうか。キッチンカウンターに付けるお洒落な窓の作り方、雨戸の作り方が掲載されています。

カフェスタイルな、お部屋改造術
手作りされる方の多くはSPF材を利用し、アクリル素材の断熱窓を利用している方が多いようです。これなら安価ですし、ピッタリサイズを作れば賃貸住宅でも現状回復ができる木製内窓ができますね。

私も結露対策として木製の内窓をDIYで作ってみようかと思っています。


関連記事

妊婦食べたら眠いこれってなぜ?眠気対処方法10選

妊娠4ヵ月ズボンがきついときの対処方法

妊娠初期には頭痛が起こりやすい?偏頭痛が起きた時の10個の対処方法

日本の住宅が30年しか持たない4つの理由と、解決方法

頭が痒い!ならシシカイや湯シャンが解決してくれるかも?

妊娠の眉毛染めが絶対にNGな理由