これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

「ヒステリー球」から学ぶ現代人のストレス対策

ヒステリー球は喉に違和感を覚える病気のことで、一種のストレス性の病気です。何か喉がつっかえる感じがしたのに、病院に行っても原因がわからない病気です。この病気の特徴と、ストレス対策について紹介します。

ヒステリー球とは?

ヒステリー球とは別名「咽喉頭異常感症」とも呼びます。喉に異物感があったり、喉を塞いで呼吸がしにくいと感じられる人もいます。実際に病院を受診しても異常がないケースが多く、様々なストレスからくると考えられています。

男性よりも女性のほうが発症数が多く、更年期の問題やアレルギーなども指摘されています。喉に異常が無いため直接的な原因は不明ですが、不安やうつ・ヒステリーなどを取り除くことが重要だとされています。

ヒステリー球の治療について

病院で咽喉頭異常感症と診断されたら、抗不安薬や抗うつ薬などを利用し治療します。受診する病院は心療内科で良いでしょう。

また、東洋医学では気の滞りと考えられるため、それに対する漢方薬が使われます。昔から気の巡りが悪い場合は「半夏厚朴湯」が利用されてきました。

ヒステリー球の原因とは?

ストレス性の原因が隠れている場合は自律神経が乱れることにより起こります。ほかにも高齢により嚥下障害・アレルギー性鼻炎や気管支炎なども原因となることがあります。近年では逆流性食道炎によりのどの周辺に炎症が起こり、異物感を訴える例もみられています。

交感神経が刺激されると喉が狭くなるため、人によっては息苦しい感じを訴えることがあります。多くの場合は喉に何か塊があるような感じがするため、ヒステリー球という名前が付けられています。同時に口が渇きやすい症状があるなら、ドライマウスが原因だとも考えられます。

スポンサードリンク

ヒステリー球の診断方法

耳鼻咽喉科を受診し喉の奥に何かないか診てもらいましょう。ハイパースコープなどを利用し喉の炎症や腫瘍が無いかチェックします。もし何も無いなら精神的な原因と考えられ、自律神経失調症を疑います。

ヒステリー球の治し方

ヒステリー球
ストレスが原因で自律神経が乱れているなら、リラックスするのが一番です。元々いやなことがあっても内側に溜め込みやすいタイプ、真面目で完ぺき主義者などに多いといわれています。様々なことでストレスを抱え込みやすい方は、上手く解消方法を見つけるようにしましょう。

・ 睡眠をしっかり取る

喉の違和感を感じたらとにかく休みましょう。ストレス解消法として一番効果があるのが睡眠です。寝るといやなことを忘れることができたり、気分がすっきりとしたと感じる方も多いはずです。寝ることで脳の疲れが取れ、うつ病などの予防にも良いといわれています。現代人は様々な情報を得ているため脳がオーバーヒートしていることも多くなっています。昼寝や夜の睡眠を大切にしてみましょう。

・ 半夏瀉心湯

病院で処方してもらったり、薬局でも買うことができる薬です。喉のつっかえ感のほかにも、胃腸の不調や食欲不振、気の乱れなどにも利用されています。胃腸の働きを整えながら、吐き気予防にも効果がある漢方薬です。ヒステリー球を発症した方の多くは、この漢方薬を飲みながら、上手くストレスと付き合うことで解消している方が多くなっています。

・ 爪もみ

自律神経を整える方法として知られているのが「爪もみ」です。反対側の指で爪の付け根を両側からもみほぐします。強さは痛気持ちいい程度で、10本の指を全て揉んでも1分程度のため手軽にできる自律神経訓練法です。

・ 女性に多い冷えはおなかを温める

末端部分が冷えている方は、交感神経が常に働いています。副交感神経を働かせるためにお腹を温めるようにしましょう。カイロ、腹巻などでお腹を温めると気持ちよいと感じるはずです。自律神経が優位になると血管が収縮しやすく、末端まで血流が届いていない状態で冷えているのです。

こんな人はストレス球に注意

・ 頭痛
・ 肩こり
・ 動悸や息切れ
・ 胃腸が弱い
・ 冷える
・ 不眠がある
・ 便秘や下痢など

これらは全て自律神経の乱れにより起こります。喉のつっかえ感がひどくなくても、ほかの症状があるならストレスにより自律神経が乱れている証拠です。ストレスを抱えやすい人は規則正しい生活習慣、食生活を心がけできるだけストレッサーに対抗する力を付けたいものです。

スポンサードリンク

関連記事