これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

トキソプラスマ症と飼い猫の関係性とは?症状と治療法について

妊娠中に感染を防ぎたい病気に「トキソプラスマ症」があります。子どもの病気としても知られているため、妊娠中から小児まで注意すると良いでしょう。特に妊娠中に感染すると重症化しやすいため注意したい病気です。

トキソプラスマ症とは?

原虫の一種、トキソプラスマが寄生して起こる病気です。胎児から小児までのこども、妊婦の感染で危険性があります。大人の場合感染してもほとんど症状がでないため心配ない場合が多くなっています。

感染経路はトキソプラスマという原虫を持つ肉などのルートです。豚肉などにも含まれていることがあるため、肉類は十分に加熱して食べることで防ぐことができます。

また猫が感染している場合では、糞などから移るケースがあります。野良猫の糞などには注意することです。家庭内で飼っている猫では生肉を与えていなければ問題ありません。加工されたフードを食べている場合、原虫の感染ルートが無いため心配ないでしょう。

トキソプラスマの症状とは?

トキソプラスマ症
大人が感染してもほとんど症状が表れません。妊娠前に感染しても慢性化してしまい、新たに妊娠しても胎児へ感染することはありません。そのため猫を飼っている人などは妊娠後に注意すればよく、その前の感染は影響が出ることはないのです。

注意したいのが妊娠初期に感染することです。この頃に初めて感染すると胎児への影響が考えられます。母体自体は症状がでることはありませんが、胎児へは胎盤を伝わり感染し影響が出ます。

・けいれん
・水頭症
・高熱

などの症状を引き起こし、生後まもなく死亡してしまうことがあります。

スポンサードリンク

水頭症

水頭症とは生まれつきの異常で、脳質の異常拡大が起こります。何らかの影響により髄液の循環が悪くなり、小児や大人でも発症する病気です。髄液は子どもの場合1日に100リットルは生成されているため、これの循環が悪くなり溜まると脳質を圧迫してしまうのです。水頭症になれば外科的に治療することになります。

後天的に感染した場合

妊婦が感染し小児の先天的病気として知られていますが、なかには出生後の子どもや大人でも感染して症状がでることがあります。

・疲労を感じやすい
・発熱
・発疹
・脳炎
・髄膜炎
・リンパ節炎
・肝炎
・脾臓が腫れる
・網脈絡膜炎

大人の場合は初感染しても症状はほとんどでませんが、子どもの場合砂場などから移る可能性が問題となることがあります。公園などの砂場に野良猫が糞をし、それに触れた小児が指をおしゃぶりすることで口に入ります。

最近の砂場は抗菌タイプを採用していたり、シートをかけるなど対策している所が増えています。必要上に怖がる必要はありませんが、砂場で遊んだら手を洗う習慣を付けておくと良いでしょう。

トキソプラスマ症の治療について

感染した場合でもまだ有効な治療方法はありません。主な治療は対処療法になります。大人の場合は網脈絡膜炎で視力が低下する可能性があるためその治療を行い、小児や新生児の場合では水頭症の進行を防ぐ治療が必要となることがあります。

普段から豚肉はよく焼いて食べる、野良猫の糞には素手で触れないようにしましょう。家庭内の猫では屋外に出しておらず完全室内飼いなら問題ありません。もし外に出したり生肉を食べさせる機会があるなら、動物病院で検査してもらい原虫を駆除しましょう。

関連記事

Sponsored Link

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金