9ヶ月の胎児の様子と早産について

妊娠9ヶ月目の胎児の様子は、既に新生児と変わりがありません。生まれてきた赤ちゃんと違う面といえば、体温調整など自律神経くらいでしょう。後は内臓も殆ど出来上がっていて、体もふっくらと脂肪が付き見た目的には新生児と変わりが無い状態になります。もちろん外界に出ても医学の力があれば生きることは可能です。
では、妊娠9ヶ月目の胎児の様子を具体的にみていきましょう。

胎盤は既に狭い状態に

妊娠9ヶ月目の赤ちゃんは胎盤にピッタリと納まるくらい大きくなっています。体をまるめ頭を下にして過ごしており、たまに手足などを動かして手のひらがお母さんのお腹に出ることもあります。赤ちゃんが動いたときにこれ足だね!などからだがわかるようになってきて、いよいよお母さんも出産が近いことを意識しはじめます。

妊娠9ヶ月目は逆子に注意

逆子
妊娠9ヶ月目で逆子だと分かったら、逆子体操をやって直しましょう。そのままだと帝王切開となる可能性も出てくるからです。臨月ギリギリだと直りにくいともいわれているため、なるべく30週をすぎたら早めに医師に相談し、逆子体操をやったほうが良いか相談してみて下さい。

実は私も逆子を経験していますが、妊娠8ヶ月とか9ヶ月頃だったように思います。そのときは切羽詰った感じはほとんど感じられず、のんきに構えていたら直りました。でも必要に迫られれば医師からも指導があったはずです。次回の検診の際に逆子が直ったと聞いてホッとしたのを覚えています。

赤ちゃんが自然と頭を下にするのは、頭のほうが重いからなんだとか。全体から見ても逆子のままという人は数%のため諦めないようにしましょう。逆子が直らないで帝王切開になったという方は5%程度のようです。

妊娠9ヶ月目の胎児の大きさ

赤ちゃんはもうかなり新生児に近づいてきています。大きさも40センチ以上になり、体重は2000グラムまで大きくなっています。生まれた直後の赤ちゃんは3000グラムはありますから、後もう少しお腹のなかで過ごしたほうが良いことはわかりますね。赤ちゃんもお母さんもほぼ産むための準備はととのっているとはいえ、まだ新生児と比べると体の大きさは小さいためお腹の中で過ごさせてあげましょう。

神経系はまだ未発達

妊娠9ヶ月
妊娠9ヶ月目の赤ちゃんの神経系はまだ未発達です。情報を伝達するための神経が不十分で、これは生まれてからも数年は未成熟なままです。外界の気温の変化に対応できるのは生まれてから数年経ってからです。

スポンサーリンク

赤ちゃんは見た目でも頭が大きくできていますが、それでも産道を通るために頭を大きくしすぎないうちに産まれるようにできており、生まれてから徐々に神経系が発達してきます。頭蓋骨も新生児のころは開いていて柔らかく、産道を通りやすい形になっています。赤ちゃんはお腹の中にいられるギリギリまでいて、産後少しずつ大人と同じように変わっていくわけです。

妊娠9ヶ月で赤ちゃんが下がってくる

妊娠9ヶ月目になると徐々に赤ちゃんの位置が下がってきます。胸や胃の圧迫感が減り、逆に膀胱や大腸への圧迫が増えてしまうこともあります。しかし、赤ちゃんが下がりすぎていると早産にも繋がるため、薬を飲んで赤ちゃんがお腹の中に留まってくれるよう処置します。

私も妊娠9ヶ月目くらいにオリモノが増えていたり、恥骨の辺りが痛くて変だなとは思ったのですが、早産しかけていると聞いて驚きました。入院は必要ないが日常生活のことはやっちゃいけないと言われました。のんびりしている性格でのんきだったためか、先生に「何かやってはいいということではないからね!」と言われ帰宅についたのでした。

その後はしばらく恥骨の痛みやオリモノが落ち着くまではできるだけ寝ているようにしました。家事は食事の用意くらいはしていて後は休んでいた感じです。本当は家事なども一切やらないくらい寝ていないとダメなんだそうです。休むことができない人でそのまま子宮口が開いているなら強制入院となることもあるため注意してください。私の場合は薬が効いたようでその後子宮口が開くことはありませんでした。

胎動が少なくなってくる

317bec18cbf8ce4d40ea8a93799938b7_s
妊娠が近づいてくると胎動は少なくなってきます。赤ちゃんが動いていないと心配されるかもしれませんが、赤ちゃんも生まれるために準備しているのでしょうね。たくさん寝て体力をつける時期だと思い過ごしてみてください。

ただし、まったく胎動がないという分けでは無いため、1日中1度も胎動がない場合は様子をみることをおすすめします。この頃の胎動は回数は減るのですが、1回1回の赤ちゃんの動きは大きく感じられます。手足一杯になった胎盤で過ごし、力もついてくるのですから手をちょっと伸ばしただけでも力強く感じられます。

まとめ

妊娠9ヶ月目の胎児の様子はほとんど新生児と変わりがありません。ただもう少し体を大きく成長させたり、肺機能がまだ万全ではないこともあり、まだお腹にはいたほうがよいでしょう。万が一外に出たとしても早ければ医療の力を借りて生きる事はできますし、後期なら自力でも呼吸していき続けることができます。いよいよ出産ですから、お母さんも心の準備をしておくと良いですね。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

9ヶ月で胎児が異常があった場合の母体の変化は?

妊娠後期の落ち込みを解決するための方法10選

妊婦と爪の関係!爪のトラブル3つ紹介します

早産・切迫早産

早産・切迫早産のおさらい!原因や兆候を知ってちゃんと予防するコツ5選

妊娠9ヶ月で背中が痛い!私が利用して良かった商品を紹介するよ