見た目年齢を上げるダイエットとは?体重を減らすだけのダイエットはNG

見た目年齢を引き上げるためのダイエット方法を紹介します。今までは単に体重を減らすだけのダイエット方法が流行ってきたのですが、今後は正しい痩せ方で見た目も改善する方法が主流になってくるかもしれません。それでもまだまだ間違ったダイエットをしている方は多くいますから、見た目年齢を上げるためのダイエット方法のコツを紹介していきたいと思います。

極端な食事制限はなぜダメ?

極端な食事制限とは、栄養のことは一切考えずカロリーの量だけを気にする方法のことです。例えばダイエット飲料、鶏のササミ、サラダだけの食生活。確かに摂取カロリーは少なく、良質なたんぱく質や野菜も摂れるため、バランスの良いダイエット食のような感じがします。でもこれで落ちるのは実は筋肉なのです。

極端な食事制限で最初数キログラムするすると体重が落ちるのは、水分が減ったから。そして次に落ちるのが筋肉なのです。本当は脂肪のみを減らしたいのに、筋肉を苦労して減らす食生活を続けているわけです。

あんなに苦労して食事制限したのに、リバウンドするというのは、筋肉の多くを減らし、以前より代謝が落ちているためです。その時のリバウンドは筋肉量が少なく脂肪が多くなり、体脂肪が高い体が作られていきます。

極端な食事制限は見た目年齢を上げるだけ。体重が減っても顔はしわくちゃ、肌はカサカサ、皮はたるんで年齢はどんどん上がって見えます。

見た目年齢に欠かせないたんぱく質

見た目年齢に欠かせないたんぱく質
ダイエット中で絶対に欠かしてはいけないのが、たんぱく質です。人の体には多くのたんぱく質が含まれており、この成分は体に備蓄できないため常に合成と分解を繰り返しています。食事でたんぱく質が足りないと、自分の体を削ってでも作り出そうとします。

これがいわゆる無理なダイエットで筋肉が減るという現象です。たんぱく質はホルモン・脳内伝達物質・コラーゲン・内臓・骨などいたるところに含まれています。更に見た目年齢を上げてくれる筋肉にも多く含まれます。

たんぱく質だけでは見た目は上がらない

極端なダイエット例でも鶏のササミは摂っていますから、たんぱく質の量は十分なのでは?という感じがしますね。でもたんぱく質を摂っているだけでは、体の中で合成に進まないのです。

その栄養素とは亜鉛です。たんぱく質と亜鉛があって始めてたんぱく質が体の中で再合成されていきます。この亜鉛はDNAの合成にも関わり、少なければ未完成な細胞が作りだされ、最終的には病気を引き起こすこともあります。ダイエットで綺麗に痩せる方法に気をつけている人でも、亜鉛は意外と見逃されがちな栄養素です。

亜鉛は牡蠣に多いことは知られています。そのほか赤みのお肉、魚介類などに多くなっています。ダイエットするなら鶏のササミよりも赤みの牛肉のほうが適しています。おやつにスルメを取り入れたり、ナッツ類を摂取するのもおすすめです。ヘルシーなお肉=綺麗に痩せるわけではないため注意しましょう。

スポンサーリンク

亜鉛は年齢と共に吸収率が下がる

この亜鉛ですが、備蓄が難しいミネラルで、年齢と共に吸収率が減る傾向があります。若いときは3食の食事で十分摂取できていても、年齢を重ねるごとに吸収率が落ちてしまうのです。

中年以降になると亜鉛の吸収率が減り、たんぱく質を合成する力が落ちてしまうということです。たんぱく質は肌のコラーゲン、髪を作ったりしています。亜鉛が体内に少なければ、当然年齢的な見た目にも左右してしまいます。

綺麗に痩せるための栄養素の配分

綺麗に痩せるための栄養素の配分
綺麗に痩せるためにはたんぱく質の量に注意しましょう、と紹介しました。では、実際にどのような栄養素の配分にしたら良いのでしょうか。

糖質1、たんぱく質2、野菜3
これが理想的な栄養バランスです。今の日本人は1日のなかで糖質が8、たんぱく質が1、野菜が1という方も少なくないように思います。朝はトーストとコーヒー、お昼は牛丼、夜はラーメンなど。このような食生活に身に覚えがある方も多いのではないでしょうか。

糖質が多い食事は体の中にあるたんぱく質と糖が結びつき、「糖化」という現象が起こります。これはコラーゲンなどを破壊するもので、見た目年齢にも左右します。糖質が多い食事を続けている方は、肌が破壊されて老化が促進されていると思ったほうが良いでしょう。たんぱく質を摂取しても、糖質が多い食事では綺麗な見た目は作ることができません。

理想的な栄養配分では野菜が3といいましたが、糖質が多いかぼちゃ・イモ類などは多くならないように注意してください。もし食べたいなら白米やパンなど主食を減らし、その分じゃがいもなどを摂れば良いでしょう。

また、たんぱく質の摂り方にも注意が必要です。老化の一種である糖化はたんぱく質のメニューでも含まれていることがあります。それは調理方法による違いで、焦げが付く調理ほど食品自体に糖化の成分が多くなります。

焼くよりも煮るや茹でる。たんぱく質を摂っても揚げ物を毎日というのはおすすめできません。から揚げが大好きという方は太っている人も多いように思います。スーパーのお惣菜コーナー、お弁当売り場に行くと、ほとんどが揚げ物・・・。お肉を食べるならしゃぶしゃぶ、豚汁など焼く以外の調理方法がおすすめです。そのためにはやっぱり自炊が必要となります。

まとめ

見た目年齢を上げるダイエットのコツは、たんぱく質を多く摂取し、糖質を減らす。そして糖化を進めないための調理法にこだわることです。この方法は一種の糖質制限ダイエットのようなものです。十分なたんぱく質が摂取できれば、失われる筋肉も少なくて済みます。ただし糖質を極端に制限しすぎると筋肉が合成に進みにくいため、適度な糖質も摂取してください。私もこの方法を続けるようにしていますが、毎日ちゃんと食べているように感じるのに、日々ちょっとずつ脂肪が減ってようです。

血糖値が急激に上がりにくいため、疲れにくい・精神的に安定する、などの効果も感じられます。1日当たり糖質が1の割合ですから、当然スナック菓子・インスタント食品・パンはNGです。この食生活を続けると亜鉛量も十分になるようで、食品の素材の甘味をすごく感じるようになります。そのため市販の甘いもの欲求がほとんど無くなりました。是非ためしてみてください。


関連記事

夏なのに寒い

夏なのに寒い・・・極度の冷え性体質を5つの方法で治す

親知らずは抜いたほうが良い?それとも抜かないほうが良い?

妊娠の円形脱毛症と通常の脱毛は違う?対処方法と原因について

筋肉がつく仕組み

筋肉がつく仕組みをおさらい!痩せない人は絶対確認しよう

血管が細い

血管が細く採血できない!何度も針をさされるのを避けたいから、血管を太くしよう。血...

冬季うつ

冬季うつかもしれない!3つの症状と対策のやり方について「出産でも影響を受けやすい...