糖化は肌の老化にも?それでもスイーツブームに乗りますか?

最近は老化の原因は酸化だけでなく、糖化という現象も関係しているのがわかっています。糖化とは簡単にいうと「糖+たんぱく質」の結合のことで、コラーゲンを硬くするなど肌の衰えとも関係があるのです。糖をたくさん摂る人だけでなく、糖化となるAGAという物質を摂取している人は、体が年齢より老化しているかもしれません。この糖化という老現象を詳しく解説していきます。

糖化とは?

先ほども説明したとおり、糖と体のたんぱく質が結合しまう現象のことです。コラーゲンも一種のたんぱく質で、肌の老化として現われたり、骨や内臓の老化とも密接な関係性があることがわかっています。

糖化が起こるのはこんな食べ方

・ 血糖値が上がりやすい食品をよく食べる
・ ジャンクフード、スナック菓子、スイーツが好き
・ 焼いて食べる料理をよくする
・ パン食だ
・ 清涼飲料水を良く飲んでいる
・ 運動はあまりしない

血糖値が急激に上がるような食品を多く摂ると、体内にあるたんぱく質と結合し、糖化という現象が起こります。甘いもの大好き女子、スイーツ男子、日常生活でも自販機でジュースやコーヒーを買う人は注意が必要です。

どんな病気と関係性があるの?

・ コラーゲンが破壊され肌の老化
・ 動脈硬化
・ 骨とも関係があり、骨粗しょう症になりやすい
・ 脳にも影響しアルツハイマーとの関係性
・ 白内障など目の老化
・ がん

体のいたるところにたんぱく質は存在しています。脳、内臓、骨、肌、人の体の多くはたんぱく質だからです。そのたんぱく質が硬く一度変質すれば、二度と元に戻ることはないともいわれています。

糖化を防ぐための生活のコツ

・ 血糖値を上げ過ぎないようゆっくり食べる
・ GI値の食品を選ぶ
・ 野菜→たんぱく質→炭水化物の順番で食べる
・ 炭水化物や糖質の摂り過ぎを止める
・ パン食よりご飯がベター
・ 運動により血糖値を減らす工夫をする
・ 焼く料理より煮る茹でるほうがAGEがすくない

血液中に糖を溜め込まないように運動したり、食事で急激な血糖値の上昇を防ぐようにしましょう。

スポンサーリンク

糖化のAGEを減らす物質が明らかに

AGE
2015年5月24日放送「夢の扉+」という番組でAGEを減らす物質が明らかになったことが紹介されていました。最終的に効果の高い2つに絞られたそうで、その物質名は番組内で公表されていませんでした。

しかし、一般的にわかっている抗酸化物質もあるようなので、その一部を紹介します。カモミール、セイヨウアンザシ、ドクダミ、ブドウの葉、カテキン、クマザサ、ゴボウ、アーモンド、ザクロエキスなどがAGEを減らす植物としてあるようです。日本古来から活用してきた植物も多く、改めて見直してみたいですね。

ほかにもビタミンC、ポリフェノール、カロテンなどの抗酸化物質もAGEを減らす働きがあるようです。AGEを減らす特定の物質でなくても、これらは酸化も防ぐことができますから、体のアンチエイジング対策としておすすめです。

それでもスイーツブームに乗りますか?

今回紹介した糖化という現象。肌の老化だけでなくからだ全体の老化にも関係してきます。「夢の扉+」という番組で見たのですが、AGEの数値が大きい人は本当に老けて見えました。見た目にも影響するなら、毎日の生活で安易にスイーツを食べるのは避けたほうが良いと思うはずです。

糖分が多いスイーツは、肌の老化・脳の老化にも関係してくるものです。若いうちはまだ良いかもしれないけど、中高年以降になると認知症やアルツハイマーになるとしたら?年を取ってからアンチエイジング対策のスキンケアをしても無駄だったら?

最近はパンケーキをはじめ、様々なスイーツブームが来ているようですが、紫外線を気にするのと同じくらい、食品に含まれる糖質も気をつけたいものです。紫外線はある程度浴びた方がビタミンDが体で作られるため必要ですが、糖質は余ってしまえば脂肪として蓄積したり、肌や脳・内臓にまで影響してしまうのです。普通に食事を摂る分には問題なくても、過剰な近年のスイーツブームはちょっと考えさせられますね。


関連記事

White No Biteとは?ジェシカアルパもやってる健康的なダイエット方法

マサイ式サンダル

マサイ式ダイエットサンダルが密かなブームに?!履くだけで簡単、マサイ族が瘦せる4...

出産後、妊娠しやすい?妊娠するかは産後のアレで変わってくるらしい!

天然塩と精製塩の違いは?画像で見る「天然攻略」

産後の脱毛は3つのことで防げる!原因と対策方法のまとめ

やってはいけないウォーキング

「やってはいけないウォーキング」1日1万歩は間違い?実は生活の中がカギ!30代~...