これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

陣痛促進剤のリスクとは?「安全に出産するため」に覚えておきたいこと

妊娠中に問題があると陣痛促進剤が使われることがあります。これは母体を守るために仕方が無いことで、正常な出産が難しいときに補助的に使用されています。でも陣痛促進剤での副作用やリスクは無いの?と疑問を持っている方も多いと思います。妊娠中に使う陣痛促進剤の基礎知識、そして問題を紹介します。

陣痛促進剤とは?

妊娠中の様々な問題を解決するために陣痛促進剤は使用されています。安全に出産ができないと判断されれば、医師により薬剤を利用して分娩を促します。それでも適切な出産とならない場合は、帝王切開に切り替わることもあります。

・妊娠予定日を過ぎている場合
・破水はしたが陣痛がこない
・母体の安全性確保のため
・陣痛があるが弱い

これらのケースで陣痛促進剤は使用されています。特に現代では予定日を過ぎても陣痛が来なければ、薬剤を使用して誘発することが一般的に利用されているようです。また、問題となるのが自然に赤ちゃんが出ようとする日を待たず、予定日を過ぎただけで薬を使用してしまう実態です。病院の都合で分娩を早めたりするケースも見られています。

陣痛促進剤のリスク

妊娠 促進剤
近年では産科医が減少していたり、病院自体も減っている傾向があります。そのため病院や医師の都合により、陣痛促進剤が利用されてしまうケースが出てくるのです。

母子の健康を守るために仕方が無く利用するケースもありますが、中には必要が無いのに使用されていることもあります。そのような事態を避けるため、明らかに医師が不足していたり、対応できないと感じられる病院は避けたほうが良いかもしれません。ちなみに陣痛促進剤を間違って使われた場合、次のような副作用が起こる可能性が出てきます。

・子宮が破裂する危険性
・脳性まひの恐れ

陣痛促進剤には子宮を収縮させる作用があり、強すぎれば子宮が破裂する恐れや、赤ちゃんが酸欠状態になり脳性まひになる可能性が一部見られています。

陣痛促進剤の費用

陣痛促進剤の費用
陣痛促進剤は正常なお産を助けるために使われるもので、治療に必要な薬剤ではないため、自費になります。保険が適用されないため高額になります。高額といって何十万円もかかるような薬剤ではなく、治療費は1~5万円程度となります。しかし、陣痛が弱く何日にもわたり陣痛促進剤を使用した場合、5万円以上かかるケースも見られています。陣痛促進剤を1本打つだけで、スムーズに出産できたケースでは1万円以下というケースもあります。

陣痛促進剤は基本的に自費ですが、微弱陣痛は母子ともに負担をかける恐れがあるため、治療扱いになります。この場合に限り陣痛促進剤の薬代は保険が適用されます。お産自体は治療ではありませんから、自費扱いになります。

陣痛促進剤の気になる痛み

陣痛促進剤の痛み
陣痛促進剤は使用した人の話によると、「ものすごく痛かった」という人も多いようです。しかし、普通の出産方法と比べることができた人は、その中で何割くらいいるのでしょうか?多くの場合は出産が痛かったから、陣痛促進剤を使用したほうが痛いと感じているのかもしれません。

最初の妊娠が、予定日を大幅に過ぎたので、促進剤を使用しました。
もう、注射してすぐに痛みが来て、あまりの痛さに意識も朦朧としてました。
二度目の出産は自然分娩ですが、痛いけど我慢出来るなと思ったくらい。
出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0107/695943.htm

出産の陣痛は、波があって、その痛い最高潮を狙っていきむと産めます。
なんですけど、促進剤は波がなくって、「ただひたすらに痛い」でしたね。
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1286576277

どうやら陣痛促進剤を使用したから痛いのではなく、持続的に痛みが襲ってくるため、通常のお産よりも痛みを感じる人が多いようです。普通の陣痛は5分間隔とか、3分間隔とか痛くない時間帯が出てきます。この際に妊婦さんは一息つくことができ、次の陣痛にも備えることができます。しかし、陣痛促進剤を使うと薬が効いている間は陣痛が促がされるため、ずっと痛みが続き通常のお産より辛いと感じてしまう人が多いようです。

促進剤使って一人目産んだけど、陣痛全然痛くなくて最大に開いたと思ったら痛くなり少しいきんだだけで産まれた。
二人目普通に産んだけど、一分間隔が何時間も続き子宮口全然開かず時間かかり陣痛痛すぎて辛かったよ
出典:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=2272217

多くの方が陣痛促進剤を使用したほうが痛いのかと思ったら、陣痛促進剤を使ったほうがお産がスムーズで、痛みも短時間で済んだ方もいるようです。陣痛促進剤は長時間使い続けると妊婦さんにとって負担が出てしまいますが、その代わり短時間で済みすぐ出産することができた場合は、陣痛を感じる時間が短く通常より軽いと感じる人もいるようです。

スポンサードリンク

陣痛促進剤が使われる時期と時間

出産予定日を2週間以上過ぎると利用される可能性が出てきます。もちろん必要が無ければ使いませんが、赤ちゃんが大きくなりすぎて骨盤を通過できないと判断されたり、赤ちゃんの状態が悪くなるようなら早い段階でも使われます。

私の姉も出産する際に陣痛促進剤を使用していました。予定日を過ぎても陣痛がこなかったことや、赤ちゃんも大きくなりすぎていた理由からです。この場合は放置すれば帝王切開になるリスクもあるわけで、陣痛促進剤の利用は仕方がなかったように思います。

しかし痛みは強かったとのこと。赤ちゃんが大きくなり骨盤を通るのも大変なのですから、通常より時間がかかり痛みも強いのは当然かもしれませんね。痛みに関しては個人によっても感じ方が異なり、主観的な意見のため何ともいえないように思います。

陣痛促進剤が使われる時間は個人差があります。陣痛促進剤を使用したらすぐに子宮口が全開になりすぐ出産できた人もいれば、持続的に数日間点滴し続けても陣痛が強くならず、長期間続けなければならない人もいます。

陣痛促進剤の使用を避けるには?

妊娠 促進剤
妊婦さんにとってはできるだけ陣痛促進剤は使わないほうがよい!と感じるのが普通ではないでしょうか。努力しても防ぎきれない事態もありますから、100%使わないようにすることはできなくても、できるだけ自然分娩に近づけることはできるはずです。

・赤ちゃんを大きくしすぎない
・産道を柔らかくしておく

この2点の対処をしておけば自然分娩することができるかもしれません。ただし陣痛の強弱は対処していてもどうし様もないこともあるため、微弱陣痛の場合は医師に任せるしかありません。

赤ちゃんを大きくしすぎない、産道を柔らかくする。両方とも適度に運動を続けていれば対処することができます。母体の体重を増やし過ぎないようにすると赤ちゃんも必然的にちょうど良く育ちます。産道はマタニティヨガ、ウォーキング、床の拭き掃除などがおすすめです。

じゃがむ体制は安産にも繋がるそうで、普段モップで床掃除をしていた方も、妊娠中は雑巾を使って手で拭いてみると良いですよ。私も良くやっていましたが、安産になることができました。家事を真面目にやって昔の女性のようによく動くことが安産に導くコツだと思います。

陣痛促進剤の副作用

陣痛促進剤の副作用
通常、陣痛促進剤を使用する場合、最初からいっきに量を増やすのではなく、ごく少量から投与しはじめます。母体が起こす自然な陣痛を補助するために利用されるため、薬の力のみで産ませるのではなく、自然陣痛を促がすために使うからです。このような使い方では副作用のリスクは少なくなります。しかし、過剰投与してしまった場合や、リスクが考慮される妊婦さんの場合、副作用が出てしまうおそれがあります。

・胎児が仮死状態で生まれるリスク
・妊娠高血圧症候群である場合
・妊婦がもともと心臓や腎臓、血管障害などの病気を持つ場合
・前置胎盤などの異常が見られる場合
・多産婦

妊婦さん自身や、赤ちゃんに問題が出ている場合などは、陣痛促進剤を使用しリスクが出ることがあります。赤ちゃんは仮死状態やショック状態で生まれてきたり、新生児黄疸を起こす可能性があります。母体は陣痛が強くなりすぎて子宮破裂、不整脈や血圧の上昇や低下、嘔吐やアレルギーによる症状などが起こるリスクがあります。

陣痛促進剤ができてから命が救われるように

陣痛促進剤は何もデメリットや副作用の面ばかり注目する必要はありません。この薬を使うようになってから、昔は助からなかった赤ちゃんの命が救われるようになりました。帝王切開には危険性もありますから、仕方が無い事情があるなら薬を使って赤ちゃんを下から出したほうが良いこともあります。

薬はちゃんとした病院なら陣痛の度合いを見ながら調節してくれます。ずさんな管理の病院は一部で、医師や看護師さんの対応が悪いと感じなければ、任せても良いかもしれません。陣痛促進剤を使わないよう自分で対処しながら、どうしても使わなければならない事態になったら、あまり不安を抱えず医師に任せるようにしてみてください。

陣痛促進剤による脳性まひの子どもは1000人に対し数人程度で少ないそうで、それよりも早産によるリスクの方が10倍も高くなるといわれています。赤ちゃんに異常が出た場合の割合では、3割程度が早産、外傷は1割前後となっています。

まとめ

陣痛促進剤は薬のためリスクはあります。ずさんな対応で副作用が出てしまうケースもあるといわれています。強い陣痛で子宮が収縮すると、陣痛促進剤で脳性まひのリスクが指摘されており、妊婦さんの間でもできるだけ使いたくないと感じている人は多いようです。しかし、必ずしも陣痛促進剤=脳性まひになるわけではなく、陣痛が弱いために赤ちゃんの命を危険に晒してしまうこともあります。
産科医の都合で陣痛促進剤を使用し、早くに産ませる例も見られていることは事実ですから、妊婦さんはできるだけ使用しない病院を選んだり、異常がある際にどのような使い方をしているのか、医師や助産師に聞いてみると安心です。
陣痛促進剤を使うと必ずしも副作用が起こるわけではないことは、覚えておきたいものです。

スポンサードリンク

関連記事