妊娠中は生卵はダメか?「それより怖い!」子どものアレルギーの原因

「妊娠中に卵を食べないほうが、生まれてくる赤ちゃんがアレルギーにならない」こんな話を聞いたことはないでしょうか?実際に私もこのように医師から聞かされ実行していた一人です。妊娠中はなぜ卵を食べないほうが良いのかまとめてみましたので、アレルギー体質の方は参考にしてみて下さい。

妊娠中に卵を避けたほうが良い?

私がこのように言われたのは内科の医師からでした。元々私は喘息を持っているため、生まれてくる赤ちゃんにもアレルギー体質を移したくない!と思っていたのです。すると喘息でかかっていた医師に(たしか女医さんだったような)妊娠中は卵を避けたほうが良いよ、みたいなことを言われたのです。

その後、妊娠中は100%避けるわけにはいかなかったのですが、かなりの割合で食べないように達成できていました。・・・でその結果とは?

残念ながらアレルギー体質は息子にも遺伝してしまったようで、赤ちゃんのころから気管支がゼーゼーいいやすかったり、大きくなった今では鼻炎を持つなどアレルギー体質は避けることができませんでした。卵を避けるのはひとつの要素なだけで、完璧なわけではないようです。

妊娠中の食生活で赤ちゃんがアレルギーは迷信かも?

妊娠 生卵
確かに卵はアレルゲンになりやすい食品です。だからといって妊娠中に食べていたから、生まれてくる赤ちゃんがアレルギーになるとは限らないようです。

卵のほかにも牛乳、大豆、小麦などは日本人でもアレルゲンとなりやすい食品です。しかし、母親と赤ちゃんのアレルギーとなる食品は一緒とは限らないわけで、必ずしも妊娠中にアレルゲンとなる食品を避けたほうが良いかというと、そうではありません。現在の所はっきりはしておらず、明確な関連性は見つかっていません。

アレルゲンとなる食品の過剰摂取は避けるのが無難

卵を食べても将来赤ちゃんがアレルギーになるかは明確に言えなくても、やはり過剰摂取は避けるのが無難でしょう。アレルギーになる場合は特定の食品を多く食べ過ぎたときに起こることも多いようです。

人によってアレルギー発症となる摂取量は異なり、発症するために必要な摂取量を超えたときに症状が出るようになっています。そのため1つの食品を過剰に摂取している人は、その食品に対しアレルギーを持ちやすいのです。

発症するための摂取量となる量は人により異なりますが、バランスよく色々な食品を摂取していれば超えることは避けられます。例えばパンが好きな人が小麦に含まれるグルテンアレルギーになったり、ピーナッツが好きな人がピーナッツアレルギーになったりします。食品アレルギーはその人が好きな食品で起こる場合も多いようです。

スポンサーリンク

子どもがアレルギーになるわけ

妊娠 生卵
子どもがアレルギーになるわけは色々な原因が隠れています。妊娠中の卵だけが原因ではないため、アミノ酸の摂取のため適度な量なら摂っても良いように思います。
・ 早い内に離乳食を始めた
・ 母乳が出ないため早い段階から粉ミルクに切り換えた

この2点はどうも怪しいのではないかと思います。赤ちゃんは生まれた直後はまだ胃腸が未完成のため、早い段階から離乳食や乳製品を与えるとアレルギーになりやすいという説があります。

そういえば我が家も母乳が出なかったため産後2ヶ月くらいで粉ミルクに切り換えましたし、離乳食はそれほど急いでいませんでしたが、育児書とおりに進めていました。本当は赤ちゃんの成長具合を見ながら調整すべきで、育児書通りに進められることは少ないはず。完全母乳育児、離乳食を急がない方がアレルギーになりにくいともいわれているため、参考にしてみてください。

今の産院はどこも粉ミルクも病院で完備し、完全母乳育児のところは少ないように思います。粉ミルクは栄養価は母乳に似ているとはいえ、添加物や赤ちゃんがアレルギーを起こしやすい乳成分も入っています。やはり母乳に勝るものはないのでは無いかと思います。

遅滞性フードアレルギーは腸に穴が開いている

早くから乳製品、離乳食を与えない方が良い理由は、これらの食品で腸に穴が開いてしまう恐れがあるからです。これをリーキーガット症候群と呼びます。アレルギーだけでなく統合失調症などの脳の病気とも関係があるそうです。

穴が開いている人は腸からアレルゲンが進入しやすく、ウイルスや細菌の影響も受けやすいのです。これらが容易に血液中に入り込み、何らかの炎症を起こすと考えれています。

この腸に穴が開くというのはどういった原因があるのでしょうか?赤ちゃんの頃に乳製品、離乳食を早く与え、腸に負担をかけることも原因といわれています。そのほか大人ならアルコールやカフェインなども影響があるそうです。あとは抗生物質などの薬物、甘い物の摂りすぎ、アレルゲンの摂取などです。

赤ちゃんの場合は何よりも早い段階からアレルゲンを取り込まない、乳製品の一種である粉ミルクをあたえないことも予防となりそうです。

大人で既にリーキーガット症候群になっている方は、断食をして腸を一時的に休ませると症状が和らぎます。私も何度かプチ断食をしたことがあるのですが、断食中はまったく喘息や鼻炎の症状が出ないため驚きました。腸はそれだけ体にとって重要な場所なわけですね。既に妊娠中の方は妊娠中の食事の影響より、産後赤ちゃんの腸を守ることも考えてみてください。

まとめ

個人的には妊娠中に卵を制限しても、産後赤ちゃんがアレルギーにならない保障はないと思います。その理由は先ほど紹介したリーキーガット症候群も原因のひとつだからでしょう。妊娠中はたくさんの栄養が必要となりますから、特定の食品の過剰摂取さえ気をつければ、バランスよく食べても良いように思います。赤ちゃんの体を作れるのはお母さんが食べたものだけですから。まずは赤ちゃんの体をしっかり作ることを考え、卵など色々な食品を摂る方が良いように思います。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

妊娠中にお菓子ばかり!影響は?5つのおやつで乗り切るコツ

妊婦とサーモン

妊婦がサーモンを食べてはいけない5つの理由

葉酸が含まれる食品

葉酸がある食品12選!妊婦はいつまで?取りすぎや欠乏症について

葉酸サプリ

葉酸サプリのおすすめ!国内で売られている商品を9つ厳選してみた

妊婦の塩分とりすぎの影響は重大な問題にも繋がりかねない!妊娠高血圧症候群の原因に

妊婦と便秘

妊婦の便秘対策に「オリゴ糖」たった1日で解消するための8つのコツ