「妊娠中に飲みたい」お酢の健康効果7つ!お酢の飲み方

妊婦さんも適度に摂取したい栄養素として、お酢を紹介したいと思います。食品ですから適度に摂取すれば胎児に影響を与えることもなく、逆に母体や赤ちゃんにとっても良い栄養素となり、適度に摂取してみるのも良いと思います。妊娠中にお酢を摂ると得られる効果について解説していきます。

こんなに良いお酢の健康効果

お酢が健康に良いことは良く知られていますね。ドリンクタイプのお酢を毎日取り入れたり、サプリメントとして黒酢を飲む人もいるくらいです。一般的にいわれるのは疲労回復効果、血液さらさら効果でしょうか。それ以外にもお酢には次のような効果が期待できます。

1・口内環境を整える

妊娠中は口の中の環境が変わりやすく、歯周病になる方が増えます。お酢には抗菌作用があるため、食品として取り入れると雑菌の繁殖を抑える効果が得られます。サラダ、酢の物などを適度に利用すると良いでしょう。

2・高血圧の予防

お酢は血液さらさら効果があり、血圧を下げる効果が期待できます。妊婦さんのなかには血圧が上がり、妊娠中毒症の心配をしている方もいます。そんな方は食品にお酢を取り入れてみてください。

3・食中毒の予防

妊婦さんは流産しないために免疫力が多少低下しています。生ものを食べる際には、適度にお酢を取り入れることをおすすめします。お酢の殺菌効果により菌が減り、食中毒対策に繋がります。夏に妊娠中の方はお酢を取り入れたメニューも活用してみましょう。

4・減塩になりやすい

お酢を料理に取り入れると、塩分が減りやすいのです。酸味が加わると塩加減は少しでも味が濃く感じられます。塩分の摂りすぎは妊娠中毒症の原因にもなりますから、妊婦さんはお酢も活用することをおすすめします。

スポンサーリンク

5・カルシウム吸収アップ

妊婦さんは胎児に栄養を摂られるため、よりカルシウムの摂取が求められます。普通の食事だと不足しやすいため、カルシウムの吸収をアップしやすいお酢も活用してみてください。甘酢あんを魚の素揚げにかけてみたり、サラダなどに利用する方法もあります。

6・乳酸の排泄を助ける

よくいわれるのがお酢の疲労回復効果です。お酢に含まれるクエン酸は乳酸の排泄を促します。疲労物質は適度な運動、入浴などで血流を改善するのが一番ですが、なかなか疲れが取れないと感じる方は食品にお酢も取り入れるとよいでしょう。

7・アミノ酸の摂取に役立つ

お酢には脂肪燃焼のためのアミノ酸が豊富に含まれています。ミツカンの研究結果でもお酢により脂肪燃焼効果が実証されています。妊娠中は体重の増えすぎは予防しなければならないため、補助食品としてお酢を取り入れるとよいでしょう。

お酢を飲む場合のタイミング

妊娠 酢
基本的にはお酢を飲んだり料理に使う場合でタイミングはありません。飲みすぎに注意して適量を守っていればいつでもOKです。ただし飲みすぎによる影響もあるため次のポイントもしっかり把握しておきましょう。
・ 寝る直前のお酢は歯に良くない、軽く口をすすぐ
・ 妊婦はサプリより食品のお酢がおすすめ
・ 食前に飲むと食欲を増進させてしまう
・ 空腹時にたくさん飲むと胃を荒らす
・ 運動とあわせると脂肪燃焼UP

まとめ

日本でも昔から調味料として使われてきたお酢、健康効果も色々と得られるため妊婦さんも活用してみてくださいね。飲みすぎ摂りすぎさえ注意すれば毎日摂取しても大丈夫です。食品のため特に悪影響は少なく、つわりでサッパリしたものが食べたいときにも活用できますね。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

妊娠中の甘いもの欲求への対処方法!20個紹介

妊婦が見逃しやすい食べ物亜鉛!見直そう亜鉛のパワー

葉酸が含まれる食品

葉酸がある食品12選!妊婦はいつまで?取りすぎや欠乏症について

妊娠中の水分補給で水毒症に?!鼻炎がある方は注意したい理由

妊娠32週以降の飛行機には要注意!医師の許可が必要かも?

妊婦は血糖値あがりやすい?糖尿病以外の人も注意して