妊娠と水泳の関係性とは?安産のために泳ごう

妊婦が水泳をするのは大丈夫?水泳を元々やっていて泳ぐのが好きな方も多いと思いますが、妊娠中は注意事項も多いため自分でプールに行って気軽に利用できるものではありません。妊娠中に水泳をする際のポイント、利用する場所などを紹介します。

妊婦の水泳はいつまで?

基本的に妊娠がわかった時点で自己判断での水泳はNGとなります。女性なら生理での経験からわかると思いますが、水に入っている際は出血が止まりにくいこともあるため注意したほうが良いのです。またスポーツジム、区営のプールなどでも妊婦はNGとなっているため利用することはできません。
・ お腹が冷えやすいため長時間はNG
・ プール自体が妊婦はNGとなっている
・ スポーツジムの利用も不可
・ 一般の人と泳ぐのは危険を伴う
・ 転倒による危険性があるため避けたほうが良い

妊娠中に利用できるプールについて

妊娠 水泳
妊婦は様々な理由から水泳はできないと説明しましたが、1つだけ例外があります。区民プール、スポーツジムなどで行われいるマタニティスイミングだけはOKです。事前に血圧や体調などを確認してから行うこと、そして周りも妊婦だらけのためお腹を蹴られる危険性も極力減らすことができます。

マタニティプールはリラックス効果が得られ、妊婦に特化したエクササイズを中心に行っていきます。水の浮力があるためお腹が大きくても運動しやすく、体に負担が少ないのがメリットです。激しい運動はしないためちょっとしたリラックス目的として利用しましょう。

スポンサーリンク

マタニティスイミングが利用できる人

・ 安定期に入っている人
・ 医師の許可が得られる人
・ 合併症を伴っていないこと
・ 流産の危険性が無いこと

マタニティスイミングを利用する際には、必ず医師の許可を得てから利用しましょう。病院で赤ちゃんの様子も安定しており、合併症など危険性がないと判断されれば許可されます。

赤ちゃんにもリラックス効果が高い

妊娠 水泳
羊水と海水はほぼ同じ成分でできています。胎児は海水に浮いているような状況ですから、マタニティスイミングを利用することは、母体のみならず赤ちゃん自身にもリラックス効果が高いといえます。

特に妊娠中は胎児の分まで血流を良くする必要が出てくるため、適度な運動が求められています。マタニティスイミング、軽いウォーキングなどは妊婦さんに最適な運動だといえるわけですね。血流がよければ赤ちゃんへの酸素、栄養もちゃんと届けられ、老廃物など要らない成分も回収して胎児の成長を促してくれます。

歩くのが苦手という方は、マタニティスイミングを利用してみるのも良いかもしれません。水に浮くだけの利用や、歩いたりする方法が採用されています。安産のため、胎児の成長を促すための理由として妊娠中は水泳を利用する方法もあります。

まとめ

私個人は妊娠中に水泳を利用したことがありません。お腹が大きいとプールまで足を運ぶのも意外と大変ですよね。でも施設まで移動すること、プールで泳ぐことが安産にも繋がるように思います。適度な運動をしてもお腹が痛くなったりしないなら水泳を取り入れてもいいかもしれませんね。水泳で早産になる人の割合は少なく、逆に安産に繋がったり妊娠中毒症などが改善されるケースもあるそうです。


関連記事

妊娠初期のダンスと気をつけたいこと

妊婦の筋トレの方法!安産のためにもやらなくちゃ!

妊娠3ヶ月で長時間歩くことの問題について

妊娠4カ月からは運動OK!「妊娠初期」妊婦さんおすすめ運動まとめ

妊婦に筋トレは必要!?出産を楽にするコツ

妊婦 ジョギング

妊婦のジョギングを避けたい3つの理由と、やり方のコツ