これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠中の口臭は意外なところから?!通常の対策と見逃される問題の対策

妊娠中に口臭に悩まされる方もいます。つわりにより歯磨きがしにくい、女性ホルモンの影響などが原因ですが、それ以外にも問題となる意外な要因が絡んでいるのかもしれません。妊娠中の口臭の原因と、そのほかで注意したい意外な問題を紹介します。

妊娠中に口臭が発生するわけ

妊娠中はつわりにより歯磨きがおそろかになりやすいため、歯周病が進行して口臭を発生させることがあります。もし気になっても適切な治療で改善できますし、初期なら治しやすいため早めに歯医者さんを受診してください。ほかにも考えられる口臭の原因は次のようなものです。

1・歯磨き不足
食べかすがたまることで、一時的に口臭を発生させます。この段階ならつわりが終了し、適切に歯磨きができるようになれば改善します。

2・歯周病による原因
食べかすが発生すると次第に歯周病へと発展していきます。歯茎と歯の間に歯周病菌が繁殖し、歯の根元を徐々に溶かします。歯磨きで出血する人は注意してください。また何年も歯医者さんを訪れていない人は、歯石により歯周病が発生している可能性が高いです。歯医者さんで自分では磨けない奥のほうのお掃除をしてもらうと改善できます。

3・虫歯による問題
現在痛みが無くても、隠れたところに虫歯ができていることもあります。例えば以前治療した歯で、かぶせた金属の下から虫歯になっているケースも。銀歯が徐々に浮いてきて、間に食べかすが入り悪臭を伴います。

4・ストレス性による唾液不足
ドライマウスになると唾液により菌を洗い流す作用が落ちます。普段から唾液が少ないと思われる場合は、ストレスが無いか考えてみましょう。

スポンサードリンク

意外な?口臭の原因

妊婦と口臭
先ほど紹介した原因が無いのに、口臭があるなら次の内容もチェックしてみてください。実は口臭対策に良かれと思ってやっている歯磨きが原因となることがあるのです。

唾液は細菌を洗い流すと先ほど説明しましたが、この唾液を必要なときに分泌させるのがポイントとなります。食後に歯をすぐ磨きましょう!と小さい頃に指導されましたが、実はこれが口臭の原因となっている可能性があります。

食後は食べ物を分解するため、多くの唾液が分泌しています。食後直ぐ歯磨きすると、その良い効果がある唾液を洗い流してしまうのです。食後磨くのは決して悪いことでは無いのですが、直後は避けるようにしてください。気になるならうがいのみに留めるのがベターです。

口臭対策に効果的な一番大切なこと

口臭の原因は食べかす、細菌などの問題です。これらを取り除くためには、歯と歯茎の間のケアが不可欠です。ちゃんと歯を磨いているから!という人でも、歯と歯茎の間は磨けていません。

ではどのようにしたら良いかというと、歯間ブラシを使い汚れを取り除くことです。1日1回寝る前には必ず行ってください。これで歯周病が予防でき、口臭も無くなります。先ほどの食後の歯磨きも、唾液を洗い流す歯磨きより、歯間ブラシで軽く汚れを取り除いたほうが効果的です。

まとめ

海外の人は当たり前に行なっている口臭対策。日本人も徐々に注目する人が増えてきたようですね。まだまだ口臭ケアは遅れているため、意外と間違った対策をしている人も多いようです。歯をがんばって磨いても口臭が改善されないのは、ポイントが間違っているからなのです。妊婦さん特有の口臭も似たような問題を抱えているため、適切なケアをすることをおすすめします。

関連記事

Sponsored Link

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金