妊娠中に口内炎になる原因3つ!1週間で治る対策方法とは?

妊娠中に口内炎ができてしまうことがあります。これは妊娠中だけの問題のため様子を見ても大丈夫ですが、その原因と対策方法、薬を使うときの注意点などを知っておくと良いでしょう。口内炎が酷い方は参考にしてみてください。

妊娠中と口内炎の関係

妊娠中の口内炎の原因は、主に3つ考えられます。1つはつわりにより口腔内の環境が悪くなること、2つめは免疫力の低下、胎児へ栄養が摂られるため栄養不足の3点です。それぞれの原因について解説していきます。

1・つわりによる影響
つわりが酷いと歯磨きさえもしたくなりますね。一時的なものとはいえ、口腔環境が悪くなり、細菌が繁殖しやすい環境が作られてしまいます。口の中に傷などがあれば、そこから細菌が進入し炎症を起こしてしまうのです。

2・免疫力の低下による影響
妊娠中は赤ちゃんを異物だと判断しないよう、母体の免疫力が多少低下します。そのため粘膜など肌が弱い部分が荒れたり、肌質が変わり敏感肌になる方もいます。つわりにより口腔内の変化と、免疫力の低下により口内炎ができやすくなります。

3・栄養不足による影響
胎児が大きくなればそれだけ栄養も必要となります。普段から免疫に関わる栄養素の補給がしっかりできていないと、口内炎ができてしまうことがあります。積極的にビタミン類を補給してみてください。

スポンサーリンク

妊娠中の口内炎の薬について

妊娠 口内炎
口内炎の薬はビタミン剤・抗炎症剤などの飲み薬、パッチや塗り薬など直接働きかけるものにわけられます。妊娠中は基本的にどちらもNGで、症状が酷い時以外は自己判断で使用しないほうが良いでしょう。

最近は薬局でも口内炎の薬が売られていますが、安易に使わないほうがよいといえます。もし我慢できない痛みがあるなら、産婦人科の医師または内科の医師に妊娠していることを告げ相談してください。赤ちゃんに影響が少ない薬を処方してくれます。

口内炎を繰り返す方はコレも注意

妊娠中に限らず口内炎を繰り返す方は、次のような点にも注意してみて下さい。
・ 熱い食べ物で粘膜がはがれやすい
・ ストレスでドライマウスぎみ
・ 加齢により唾液の量が減る

特にドライマウスは年齢に問わず発生しており、子どもでもその傾向が見られることもあります。口が渇く方はストレスが無いかもチェックしましょう。またドライマウスは口呼吸でも引き起こされます。問題がある方は無意識のうちに口呼吸になりやすいようで、寝るときに口にセロテープを貼ってみてください。

食事により粘膜を強くする

妊娠 口内炎
やはり妊娠中の口内炎対策としては、一番食事改善が良いように思います。口内炎はビタミンB群の不足で起こりやすく、ストレスによりビタミンCが多く消費されることも原因のひとつとなっています。

納豆、卵、きな粉などビタミンB群が多い食品、フルーツなどでビタミンCの補給をおすすめします。

まとめ

妊娠中に口内炎ができてしまった場合は、口の中の環境が悪化していないか?ビタミン摂取できているかを考えてみてください。また口の中に細菌が繁殖していると考えられる場合は、重曹を溶かした水でうがいするのもおすすめです。料理用の重曹なら体に入っても害が無く、つわり中でも対策できると思います。是非ためしてみて下さい。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

子宮外妊娠(異所性妊娠)の「痛み・出血」症状はいつから?妊娠初期は兆候を見逃さな...

妊娠中の肌はオイリーに?その改善方法のまとめ

妊娠中の薬

妊娠中の薬の服用の注意点と、サプリメントの上手な付き合い方

妊娠中に抗生物質を飲んだら?女性がなりやすい感染症対策

いんきんたむし?妊娠中に痒くなっちゃった~

妊娠とアレルギー遺伝

アトピー性皮膚炎は遺伝するのか?妊娠中にできる対策7つ