これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

ラマーズ法の呼吸法は要らないかも?

ラマーズ法というのをご存知でしょうか?私は出産時に呼吸法とかを事前に習ったりしていなかったのですが、出産当日呼吸によってすごく救われた経験があります。これから出産をする方はラマーズ法と呼ばれる呼吸法を是非知っておいて下さいね。この出産方法のやり方やメリットなどを紹介します。

ラマーズ法とは?

ラマーズ法とは元は1951年ごろに作られた自然分娩の方法で、「ヒッ・ヒッ・フー」の呼吸法としてよく知られています。テレビなどでもこの呼吸を見たり聞いたりした方は多いのでは無いでしょうか。

これは明確には産まれる直前や陣痛が始まった時など多少呼吸方法が違っているため、事前にラマーズ法の教室に通ったほうが良いように思います。私は一度も行った事が無かったため出産当日はラマーズ法はできませんでした。予め知識として呼吸法の基礎だけは習得しておくのがおすすめです。

最初陣痛が始まったころにはヒー・フーという感じで深呼吸を続けます。陣痛が強くなってきたり、いよいよ出産という頃になると、ヒー・ヒー・フーという風に呼吸を変えます。

呼吸法を取り入れるメリット

ラマーズ法
ラマーズ法に限らずどんな呼吸法でも効果があります。これは私の実体験から感じた事で、絶対に呼吸法は知っておいたほうが良いと思いました。でも、もし習得が間に合わないという場合や、当日パニックを起こしてしまっても大丈夫です。深呼吸は誰にでもできますから、息を長く吐いたり吸ったりすればかなり楽になりますよ。

息を吐く時には副交感神経が働きやすくなり、それによって痛みや緊張が解れてきます。人は自律神経を自分で調節することはできないのですが、呼吸に関しては自分でコントロールできるため副交感神経を自分で優位にできます。

スポンサードリンク

私の場合出産当日ラマーズ法は実践しませんでしたが、息を吐いて吸ってという深呼吸をしてかなり救われました、陣痛があるときに痛みがひどくなるというよりは、いきんだ直後がかなりお腹が辛くこのときに深呼吸するとなぜか痛みが和らいだように思えたのです。赤ちゃんもいきんだ時というのは締め付けられて苦しいのでしょうね。そんな時に深呼吸すれば赤ちゃんにも酸素が届けやすくなります。

ラマーズ法のデメリット

ラマーズ法って意外と不自然な呼吸ですよね。出産している時というのはラマーズ法をやろうなんて余裕はまったくありません。私も助産師さんに深呼吸して!といわれてやっと気がついたくらいですから、誰でもラマーズ法を実践するのは難しいように思います。

呼吸法を意識するよりは、息を長く吐くことに集中してみましょう。そうする事で先ほど説明した副交感神経が働きやすくなり、痛みを軽減させることができるリラックス状態に近づけることができます。どうしてもラマーズ法を取り入れたいとか、違った方法をやりたいという場合はそういう産院を選び、出産当日指導してくれる所で産みましょう。

とてもじゃないのですが、1人だけでは呼吸法を実践するのは難しく、リードして一緒に呼吸をやってくれる助産師さんの存在が頼りになってくるのです。そういう方がいない場合は立会い出産で夫にやってもらうのも良いかも?ただし下から見るとグロテスク?なのか男性は倒れるケースもあるそうですから、必ず頭に近い場所で立会いしてもらって下さいね。

まとめ

ラマーズ法に限らず呼吸法は出産する際の大きな助けになることは間違いはありません。ラマーズ法ができないと思うなら深呼吸をするだけで良いのです。是非痛みや緊張を抑えるために為してみて下さいね。

関連記事

Sponsored Link

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金