妊娠中に鰻(うなぎ)を食べちゃダメは嘘だった?摂取量の注意点

妊娠中のQ&A

妊娠中は鰻(うなぎ)を食べちゃダメ!ともいわれています。
その理由は、ビタミンAの過剰摂取により、胎児への影響が考えられるからです。
摂取量に注意が必要なビタミンAとは主に動物食品に含まれるレチノールで、脂溶性のビタミンのことをいいます。

 

妊娠中はレチノールの過剰摂取で体に蓄積する恐れがあることから、摂取量を制限する必要があるといわれています。
しかし、ビタミンA自体は目の角膜や粘膜の健康を守る働きがあるため、妊婦さんにも必要な栄養素です。

 

そのため、妊娠中に絶対にうなぎを食べてはダメというより量を制限して上手く付き合いながら、野菜類からビタミンAを摂取することが望まれます。
詳しい摂取量をみていきましょう。

妊娠中はうなぎを食べてもいいの?

結論からいうと妊娠中に注意が必要なのは、ビタミンAによる影響が考えられるからです。
厚生労働省でも注意勧告がなされています。

食品安全委員会が指摘するビタミンA過剰摂取

うなぎ、レバーにはビタミンAが多く含まれているため、毎日過剰摂取すると悪影響を及ぼす可能性があります。
ちなみに食品安全委員会が発表している内容は次のとおりです。

 

ビタミンAはヒトの視覚・聴覚・生殖等の機能維持、成長促進、皮膚や粘膜の保持、タンパク質合成などに関与するビタミンの一つで、不足することにより、視覚障害などの健康障害を起こすことが知られていますが、現在の日本の食生活から、ビタミンAが不足することは少ないようです。
一方、健康食品やビタミンAの含有量の多い食品を多量に食べることで、腹痛、めまい、嘔吐などの急性症状、関節痛や皮膚乾燥などの慢性症状、その他、催奇性、骨粗しょう症も知られています。
妊娠 3 ヶ月以内または妊娠を希望する女性は、妊婦の推奨量を超えるような過剰摂取をしないよう注意喚起されています。
出展:http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1213835824805/files/syokuhinnannzenn.pdf

レチノールとは?

妊娠中に注意が必要とされるビタミンAとは、主に動物性食品に含まれるビタミンAの「レチノール」となっています。
ビタミンA自体はレチノールやβカロテンなど、50種類以上ものプロビタミンAカロテノイドが知られているものです。

 

ビタミンAであるレチノールは健康な体を維持するためには不可欠な栄養素です。
体内で合成することはできず、皮膚や粘膜、目の健康に関与しています。
不足すると子どもの成長障害の問題や、胎児の奇形にも繋がるため、必要以上に制限する必要はありません。

 

注意したいのがレチノールは脂溶性ビタミンで、とり過ぎると体に蓄積しやすいことです。
妊娠中は胎盤を通して母体が摂取した栄養が赤ちゃんに伝わるため、蓄積しやすいレチノールを過剰摂取すれば、赤ちゃんへの影響もおこりやすくなります。

 

そのためビタミンAの供給源として緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドが代用されることがあります。
野菜に含まれるβ-カロテンはカロテノイドの一種です。
これらは体内で必要な分がビタミンAに変換されるため、ビタミンAの過剰摂取になることはありません。

 

日本人は魚介類や緑黄色野菜なども食べているため、ビタミンAが極端に不足することはありません。
β-カロテンはにんじん・かぼちゃ・ブロッコリー・トマトなどの緑黄色野菜に多く含まれ、フルーツでは柑橘類やスイカなどにも含まれています。

β-カロテンがビタミンAに変換される仕組み

小腸から3分の1程度β-カロテンが吸収され、その一部がビタミンAへと変換されます。
ビタミンAの摂取量が十分であれば変換されないため、過剰にビタミンAが増えすぎてしまうことはありません。
厚生労働省の「脂溶性ビタミン」に掲載されている内容でも、βカロテンによるビタミンA過剰摂取で胎児奇形や骨折が知られていないとあります。
出典:http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042635.pdf

 

β-カロテンは高い抗酸化作用を持つため、体内の活性酸素を除去する働きがあります。
体内で発生した活性酸素はウイルスや細菌を除去するために必要なものです。
活性酸素が体内で増えすぎると、自分の細胞まで傷つけがんの発生原因になることや、シミやシワなどの原因にもなります。

そのため、野菜からβカロテンとして摂取することは、健康対策に必要なことです。

1日のビタミンA摂取上限とは?

食品安全委員会によると妊娠3ヶ月以内または、妊娠を希望する人はビタミンAを1日あたり5,000IU(1,500μgRE に相当)以上の摂取は避けるのが望ましいとしています。
また奇形を起こす可能性がある最小用量は、1日あたり3,000μgREとしています。
出典:http://www.fsc.go.jp/sonota/factsheet-vitamin-a.pdf

 

厚生労働省の「脂溶性ビタミン」によると、成人女性の推定平均必要量は450~500μgREとされています。
1日における推奨量は1日あたり650~700μgREです。
妊娠中は初期~中期まで付加量が0で、1日あたり650~700μgREとなります。
後期に入ると付加量が1日あたり80μgREのため、730~780μgREが推奨量です。
出典:http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042635.pdf

 

ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、とり過ぎると体に蓄積しやすく、妊婦さんだけでなく一般の成人や小児でも過剰摂取は避けるよう推奨されています。
成人の場合では吐き気、頭痛、めまい、目のかすみなどの症状が短期の急性症状として現われやすく、長期にわたり過剰摂取を続けた場合、中枢神経や肝臓・皮膚や骨などに影響を及ぼす恐れがあるものです。

 

小児の場合は成長に影響をもたらし、頭蓋骨などの骨に影響が出ることがあります。

レチノールによる赤ちゃんの影響

ビタミンAは1日10,000IU(3,300μgRE)を連日摂取した場合に奇形が発生するリスクがあります。
過剰摂取した場合次のようなリスクです。

・水頭症)
・口蓋裂
・耳の形態異常

などの胎児の奇形です。
ビタミンAの摂取量が5,000IU(1,650μgRE)以下の人に比べ、3.5倍もリスクが生じると発表されています。

うなぎに含まれるレチノールの量とは?

では、うなぎに含まれるレチノールは、どのくらいの量があるのでしょうか?
・生のうなぎ 8,200μgRE
・うなぎのかば焼き 1,500μgRE
出典:http://www.fsc.go.jp/sonota/factsheet-vitamin-a.pdf

 

食品安全委員会に掲載されているレチノールの配合量を見てみると、うなぎのかば焼きを食べただけで、推奨量が超えていることがわかります。
これは100gあたりの量となっているため、推奨量にレチノールの摂取量をとどめるなら、1日50g前後までにするのがおススメです。
市販のうなぎのかば焼きは、1食あたり50g前後となっています。

 

鶏レバーは100gあたり14,000μgREで、豚レバーは100gあたり13,000μgREと、うなぎよりもレチノールの量が多いため注意してください。
妊娠中はうなぎを制限するよりも、レバー類に気を付けたほうがよいでしょう。
食品安全委員会の内容にも、「レバー及びレバー製品を摂らないこと」と書かれています。

ときどき食べる程度なら問題ありません

うなぎは毎日食べるものではないため、妊娠中でもときどき食べる程度では問題がありません。
胎児奇形のリスクがあるとされるのは「継続摂取」したときです。
推奨量を毎日超えるような食べ方をすれば、赤ちゃんへのリスクがあるということになります。

妊娠中に1回くらいうなぎのかば焼きを食べたからといって、赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはないため、心配しなくても大丈夫です。

うなぎパイは食べても大丈夫?

うなぎパイには「うなぎ粉」が原材料に含まれています。
数枚食べた程度では少量のうなぎを食べた程度のため、制限する必要はありません。
お土産でうなぎパイをもらったときは、遠慮なく食べましょう。

うなぎに水銀は含まれている?

もうひとつ妊娠中に気になるのが、魚介類に含まれている水銀の量です。
「魚介類に含まれる水銀の調査結果」によると、うなぎに含まれるメチル水銀の量は、最大値が0.110で、平均含有量が0.045となっています。
魚介類のなかでも特別多いわけではないため、注意する必要はないでしょう。
メチル水銀は体に蓄積することはなく、排出されていくもので、過剰摂取を続けなければ心配がありません。

ビタミンA(レチノール)が多い食べ物

妊娠 鰻
妊娠中はレチノールの過剰摂取を避けるほうがよいといわれても、数値でいわれるとわかりにくいと感じる方も多いはずです。
そこで、ビタミンAが多い食品を紹介します。

・鶏レバー生14,000μgRE
・豚レバー生13,000μgRE
・牛レバー生1,100μgRE
・やつめうなぎ生8,200μgRE
・ほたるいかゆで1,900μgRE
・うなぎのかば焼1,500μgRE

出典:http://www.fsc.go.jp/sonota/factsheet-vitamin-a.pdf

 

注意したほうがよいのは生のレバー類のほうで、うなぎの蒲焼はごくたまに1食食べる程度なら過剰摂取とはならないでしょう。
串焼きのレバーは1本5g程度含まれているため、1本食べただけで推奨量に達してしまうのです。

いつからいつまで

妊娠中にレチノールの摂取量に注意が必要なのは、妊娠中全期間です。
厚生労働省の「脂溶性ビタミン」では、妊娠初期に付加量を0とされ、後期に付加量を1日あたり80μgREとしています。
とくに注意が必要なのは、赤ちゃんの重要な器官が形成される時期です。
妊娠がわかったころから安定期に入るくらいまでは、過剰摂取に注意してください。

逆にビタミンAが不足すると?

妊娠 鰻
胎児の奇形を恐れるばかりでビタミンAを必要以上に避けるのも逆効果になることがあります。
妊娠初期に毎日うなぎを食べるような食生活がダメなだけで、ビタミンAは母体にも必要な栄養素のため適度に摂取する必要があります。

 

日常生活でビタミンAが不足してしまう場合は、長期的な下痢、好き嫌いのある食生活、激しいダイエットなどが挙げられます。
日本人のビタミンA摂取量平均値は、20代で444μgRE、30代で463μgREのため、普通の食生活をしていれば必要以上に不足することはありません。

 

ビタミンAの摂取量が減ると次のような問題がおこります。

・免疫力が低下しやすい
・暗いところで目が見えにくい夜盲症になりやすい
・皮膚や粘膜が乾燥しやすい
・目が乾く
・視力低下

ビタミンAは粘膜の健康を維持している栄養素です。
妊婦さんは肌が過敏になり、刺激に弱くなったと感じる人も多くいますから、必要以上にビタミンAを避けるのはよくありません。

現代社会で極端にビタミンAが不足することは少なく、視力の低下まで影響することは少ないようですが、緑黄色野菜を食べる機会が少ない人は、摂取量が足りていない場合もあります。

 

ビタミンAは不足しても胎児の奇形が発生するリスクがあるとされています。
単眼症のような症状が出ることがあるためです。

授乳中もうなぎを控えるべき?

妊婦とうなぎ
高齢労働省の「脂溶性ビタミン」によると、授乳中の付加量は1日あたり450μgREとなっています。
母乳を与えているときは、ママに対する栄養補給と、母乳中に含まれるビタミンAを考えなければなりません。

 

母乳には1日あたり320μgREの量が分泌されているようで、この分が母体に対し少なくなるため、ママの栄養補給として1日450μgRE加えます。

 

赤ちゃんに伝わる量はそれほど多くはないため、母乳を通してビタミンAの過剰摂取を心配する必要はありません。
0~5か月の乳幼児のビタミンA摂取量は、1日あたり300μgREが目安となっています。

 

このような理由から、授乳中にうなぎやレバーの制限をする必要がないといえるでしょう。
妊娠中に制限して食べたい衝動にかられている方は、「産後食べられる」と思うとストレスが少なくなると思います。

サプリメントで摂取する場合の注意点

妊娠とうなぎ
妊娠中はビタミンAが含まれているサプリメントに注意してください。
レチノールとしてビタミンAが配合されているものもあるため、よく確認しましょう。
妊婦用のサプリメントなら、その点も考慮して栄養成分が調節されているため、安心して飲むことができます。
ビタミンAを摂取したい場合は、青汁を活用するか、妊婦用の葉酸サプリがおススメです。

医薬品の場合

医薬品の中にまれにビタミンAが入っていることがあります。
市販薬のビタミン剤、塗り薬などです。
妊娠が考えられる方、または妊娠初期の方は薬を仕方なく使用する場合は、必ず医師に告げるようにしてください。

妊婦さんは果物や野菜でビタミンAを摂取しよう

妊婦とうなぎ
ビタミンAは摂取量が多すぎてもダメ、少なすぎもダメなようです。
注意したいのが動物性のビタミンAのレチノールの過剰摂取で、生のレバー類、うなぎの蒲焼の過剰摂取を毎日続けるのは避けてください。

 

現代では生のレバーを食べられる場所も限られてきますから、レバーに関しては多くの場合現実的に見て毎日食べ続けることは難しいといえます。

うなぎに関してはどうしても食べたいなら、うなぎのひつまぶしや混ぜごはん、チラシ寿司のように少量のみ入れれば過剰摂取は避けられるでしょう
またお寿司なら少量で済むため、どうしても食べたくなったら活用してみてください。

 

うなぎやレバーを食べない日などは、β-カロテンが多い緑黄色野菜をとる方法で、ビタミンA不足を補うことができます。
普段は野菜からβ-カロテンを摂取するようにして、β-カロテンをビタミンAに変換させましょう。
野菜に含まれるβカロテンなら体内で必要な分がビタミンAに変換され、ビタミンAの過剰摂取の心配もなく、適度な量が摂取できて安心して食べられます。

まとめ

妊娠中はうなぎを1回でも食べると、胎児に影響を及ぼすと勘違いしていた方も多いのではないでしょうか?
ごくたまに食べる程度でしたら、うなぎに含まれるビタミンAは体に蓄積されず代謝されていきます。

問題となるのはうなぎを毎日続けて食べるような方法や、ビタミンAサプリメントの使用です。
医薬品にも含まれていることがあるため、心配な方は薬剤師の方に相談しましょう。

 

うなぎに含まれるビタミンAの影響が出やすい時期は、妊娠3ヶ月くらいまでですから、この時期にうなぎを食べるのは最低限避け、どうしてもうなぎが好きな方は妊娠3ヶ月以降に1~2回など回数を決めて食べるようにすれば影響は少なくなります。
その場合にはうなぎの蒲焼は避けて、ご飯にうなぎを混ぜ込み調節するようにしましょう。