これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

頭が痒い!ならシシカイや湯シャンが解決してくれるかも?

ここ20年くらいはアミノ酸シャンプーで無添加の物を使っていたのですが、肌に安心なはずなのに頭皮が痒い!という状況が続いていて、コレが普通なんだと思っていました。しかし最近洗いすぎにより頭皮が乾燥し、痒みが出ていることがわかりました。石鹸シャンプー、アミノ酸の無添加シャンプーを利用しても頭が痒い人は参考にしてみて下さい。

毎日シャンプーしないと頭が痒い

もう何十年も毎日髪を洗うのが当たり前だと思っていました。それに毎日髪を洗わないとフケ、痒みが出てしまうため日課になってしまっていたんですよね。1日でも髪を洗わないでいると不快でしょうがなかったです。

だから、毎日しっかりと髪を洗って、そして頭皮を清潔に保つようにしていました。無添加シャンプーや石鹸シャンプーで頭皮に優しい成分に気遣っているつもりだったのですが、実は洗いすぎだったとは・・・

皮脂を取りすぎるから皮脂が多くなる

顔でもそうですが洗いすぎの人に皮脂が多い人がよく見られます。顔も洗顔を止めてお湯だけで洗うようにしたら、化粧水やクリームはまったく要らなくなりました。つまり洗いすぎだったわけです。顔の油分も自分の皮脂があるから常にしっとり。実は頭皮も洗いすぎは良くないのです。

油分は取りすぎると、肌が乾燥してしまうためよけいに皮脂が分泌します。洗えば洗うほど、頭皮の油が増えてしまう悪循環に。1日でも髪を洗わないと痒い、皮脂が気になるのは洗いすぎだったようです。アミノ酸系シャンプー、無添加石鹸シャンプーでも洗いすぎだったようなのです。

脂漏性皮膚炎かも?

洗いすぎで皮脂が多くなるとお話しましたが、皮脂が多くなると脂漏性皮膚炎という病気になりやすくなります。皮脂が多いためにかぶれるわけですね。現代人には多いそうで、病院に行くと塗り薬を処方されたりします。

この脂漏性皮膚炎は皮脂が多くなりカビが増えてしまうのですが、なぜ増えるのでしょうか?洗いすぎにより皮脂が増える→カビが生える。この経路をたどります。洗いすぎにより頭皮が乾燥して皮脂が増えてしまったり、常在菌までも洗い流し頭皮のコンディションを崩している可能性もあります。良い菌が皮膚に多くあればカビなんて生えません。

シシカイをためしました。

シシカイシャンプー
洗いすぎだとわかったため、シシカイというシャンプーを早速取り寄せてみました。天然の植物から作られたパウダーです。これをお湯に溶かして髪を洗うととても良いそうなのです。まだ1週間くらいなのですが、髪のパサつきは驚くほど収まりました。

シシカイという植物はサポニンを含んでいてシャンプー代わりになります。洗い上がりは頭皮の周りにある髪に油が付いている感じ。まだ洗いすぎによる皮脂の分泌は落ち着いていないのかもしれません。痒みの方はだいぶ落ち着いてきました。

スポンサードリンク

シシカイシャンプーは2日3日に1回でOK

シシカイシャンプー
シシカイシャンプーは使い続ける内にシャンプーの頻度が少なくなるようです。まだ私の場合は、1日おきにシシカイシャンプー、もう1日が湯シャンです。以前湯シャンのみで済ませたことがあるのですが、すっきり感がなく断念したことがありました。間にシシカイを混ぜることでだいぶいい感じです。

続けていると頭皮の状態が良くなり、1週間に1度でもOKになる人もいるらしいです。頭皮に住み着く常在菌の状態が良くなり、悪玉菌が増加しないんでしょうね。ニオイ、フケなども改善できると言われています。

強く擦るのもダメ

シャンプーをする際には痒みがあるからと強くこすってはダメです。石鹸シャンプーや無添加シャンプーを長年使い続けても痒かったのは、湿疹もあるのだと思います。元々私の肌は弱くアトピー体質で、肌に刺激があると直ぐに痒みが出る体質です。

でも頭皮が痒いから一生懸命ゴシゴシ洗っていました。頭皮に傷ができてお湯などで更に痒みが出て悪循環に。指の腹を使って円を書くように洗うのが良いみたいです。卵の表面を優しくなでる感じでOKです。シシカイシャンプーと合わせてこの方法を試してからは、肌荒れによる痒みも収まってきました。

でも湯シャンって不潔でしょ?

タモリさんや福山雅治さんが実行していると聞いてためす若者も増えているそうです。でもニオイが気になりそう、雑菌が繁殖しそうと感じて途中で挫折する人も多いみたいです。日本人は清潔志向が強すぎです。雑菌は常在菌の晩ランスが悪くなった時に繁殖しやすくなるんですよ。

湯シャンのポイントは次のようなものです。
・ちょっと熱めのお湯で皮脂を洗い流す
・シャンプー前には動物の毛のブラシでブラッシング
・洗い流しは念入りにいつも以上に時間をかける

また、湯シャンを続けて効果を感じるのは半年~1年です。次第に皮脂の量がちょうど良くなり、常在菌のバランスも良くなって雑菌が繁殖しません。特に普通のシャンプーを使っていた人は調うまで時間がかかります。

シャンプーしたくなったらコレ

湯シャンだけで済ませていると、少しベタベタしたり痒みを感じるかもしれません。そんな場合では不定期でナチュラルな洗い方をプラスしましょう。
・小麦粉シャンプー
水と小麦粉を混ぜて5分くらい火にかけトロッとなったらできあがり。これをシャンプーにします。
・シシカイシャンプー
先ほども紹介したシシカイパウダーをお湯に溶かしてシャンプーにします。
・米ぬかシャンプー
米ぬかにも洗浄作用があります。昔の女性は米のとぎ汁で洗っていたといいます。
・塩シャンプー
塩と水を混ぜたものをボトルに詰め、シャンプーとして使います。これも以前ためしましたが、痒くなって止めました。塩が頭皮に刺激を与え、擦りすぎて痒くなっていたようです。肌が弱い人は要注意です。

まとめ

髪は頻繁に洗わないほうが健康でいられるみたいですね。シシカイシャンプー、湯シャンなどをこれからも続けていきたいと思います。無添加シャンプー、石鹸シャンプーでも毎日洗えば洗浄力が強すぎたんですね。頭皮の状態が良くなればふっくらとなり癖毛も改善できるそうです。子供の頃より癖が強くなったのはまさか洗いすぎだったとは・・・

スポンサードリンク

関連記事