風邪をひきやすいのはたんぱく質不足かも?お肉が免疫に必要な5つのルール

日本人は意外とたんぱく質が不足しているって知っていますか?元々お米を主食にしていた種族ですから、炭水化物が多くなるのは当然かもしれませんが、特に現代人はスナック菓子やパン・丼もの・ラーメンなど単品で過ごしてしまいがちのためたんぱく質不足がかなり酷くなっている傾向があります。
このたんぱく質、実は免疫と大きなかかわりを持っています。

ベジタリアンだから健康は間違い

野菜はヘルシー、ビタミンや食物繊維が多くダイエット中や美容に気を使う人が多く取り入れています。確かに優秀な食材ではあるのですが、野菜のみでは人は生きていけません。特にダイエットを積極的に取り組んでいる人は、野菜のスムージー・野菜サラダなんかで済ませがちなためたんぱく質が不足しています。

たんぱく質は免疫とも関係があるとお話しましたが、ダイエット後に肌がガサガサ、代謝も落ちてリバウンドしやすい、風邪をひきやすくなったと感じる人は要注意です。たんぱく質が足りないために起こっているかもしれません。

お肉は本当に不健康?

お肉と免疫
お肉は脂肪がたっぷりで高カロリー。健康に悪いというイメージがついてしまいました。なかには日本人は穀物を中心とした食生活を送ってきたから、お肉は体に合わないという人もいます。これは本当なのでしょうか?

日本人である前に私たちの元々の先祖を考えてみるとわかります。古代の人間は穀物を栽培して食べていたりはしていません。その当時は狩で得た獲物の肉、果物などを食べていました。たんぱく質を程よく摂取し、果物の糖質やビタミンなどを摂っていたわけです。今と比べると糖質の割合は少なめでした。果物にも果糖が含まれ糖質があるといっても、今のように甘く改良されたフルーツではありませんから、それほど糖質も多くなかったと考えられます。この食事が本来は自然なものだといえるかもしれませんね。

日本人だって豆を食べる

日本人だって穀物だけでなく豆類からたんぱく質を摂取してきました。豆腐、納豆、味噌などの食品ですね。基本的に雑穀や玄米などのお米、野菜、魚、味噌汁などの食事となっています。たんぱく質は豆類や魚から摂取していました。

しかし豆類は意外とたんぱく質の吸収量が悪いのです。お肉は体に取り込むアミノ酸の量が多いのに対し、豆類は野菜のため消化吸収が劣っています。野菜類には細胞壁といって硬い殻で覆われ、栄養を吸収するためにはこの部分を破壊しなければなりません。元々栄養を摂取しにくい野菜ですから、当然豆類もたんぱく質の補給量は少なくなってしまいます。

免疫とたんぱく質の関係

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s
それではいよいよ免疫とたんぱく質の関係の解説をしていきましょう。ビタミンやミネラルは体に良いものという認識が強くても、たんぱく質は体に必要だと考えている人は少ないようです。たんぱく質=筋肉を作るものと考えてしまうからですね。

スポンサーリンク

運動をする人が筋肉を鍛えるために必要だったり、成長期の子どもに必要だということは良く知られています。ただし大人の免疫力にかかわっていることはあまり知っている人は少ないようです。免疫と関係があるなら若い人だけでなく、高齢者など全ての人に必要だといえますね。しかし高齢になると食が細くなり、どうしてもたんぱく質の摂取量が追いついていないのが現状なのです。

たんぱく質は摂取するとアミノ酸という形に分解されます。これが再合成され色々な働きとなる成分へと生まれ変わります。例えば酵素、免疫力の白血球などがそうです。ホルモンを生成するにもアミノ酸が不可欠です。酵素は年齢と共に体のなかで作り出す量が減り、代謝の低下や肌の衰えなどを引き起こします。内臓も酵素があって上手く働くことができるため、高齢と共に病気になりやすくなります。

これら酵素や免疫細胞は実は常に作り変えなければなりません。蓄えておくことが難しく、常にアミノ酸を摂取して新しくする必要があります。それなのに毎日の食生活でたんぱく質が減ってしまえば、自分の体を犠牲にしてでも作り出そうとします。高齢になると筋肉が衰えたりするのはこういった理由があるからです。若い人も成長のためにたんぱく質が必要だが、酵素や免疫細胞を作り出すために高齢の方もたんぱく質を摂取することがわかったのではないでしょうか。

酵素飲料なら摂取できる?

酵素飲料
健康や美容目的に酵素飲料を飲むことが流行っていますね。酵素を補給できると考えてしまいますが、実は直接補うことはできません。

まず酵素を補給するとアミノ酸に分解されます。アミノ酸に分解されたのち、体の中で色々なものに合成されます。皮膚、髪、内臓、筋肉、酵素、免疫細胞など色々なものが作り出されています。そのうちのひとつが酵素であるわけですから、酵素を摂取したからといって必ずしも酵素として作り出されるわけではありません。元々たんぱく質の摂取量が少ない人なら、酵素よりももっと重要な部分に使われてしまうかもしれません。

また、酵素にも様々な種類があります。消化酵素や代謝酵素、呼吸酵素などいろいろな種類があるため、必要だと感じる酵素が作られるとは限りません。美容のために酵素を利用する場合では代謝酵素などを必要とする場合もあるのです。

酵素飲料もアミノ酸として分解されるなら、たんぱく質の吸収が良い食品を食べるほうが効率が良さそうですね。高いお金をかけて酵素飲料を利用するよりも、毎日の生活の中でお肉を取り入れるほうが良いように感じます。高齢な方でもお肉を食べている人は元気なような気がします。足腰を支える筋肉も作りやすく、免疫細胞や酵素も作り出ることができるからでしょう。

まとめ

体の調子が悪い、疲れやすい、太りやすい、風邪をひきやすいと感じている方は、たんぱく質の摂取量が適切か考えてみましょう。お肉なら手のひらの大きさのサイズを毎日食べなければなりません。たんぱく質は常に消費され蓄積しにくくなっていますから、毎日ちゃんと摂取できている方は少なめのように思います。お肉は不健康と考えるのではなく、免疫を働かせるために必要と考え取り入れてみるのも良いですね。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

冷え性と栄養

冷え性改善にいい栄養を摂取しよう!冷え対策になる栄養素4選

インフルエンザ

薬が無くても治る!インフルエンザを免疫力だけで対策する7つの原因

妊娠中で風邪をひいたときの対処方法10つ紹介

出産後はカンジダになりやすいため注意!

妊娠中の頭痛対策!薬を飲まず対処できる6つのポイント

見た目が若い

見た目が若い人になる、子育て中でも老けない人のための生活習慣2つ