妊娠中うんち出る方法はコレだ!便秘対策10コ

妊娠中のうんち出る方法をあつめてみました。妊娠中は普段便秘にならない人でも症状が酷くなる傾向があります。頑固な状態になると出すのも一苦労ですから、事前に対策をしておきましょうね!

妊娠中に便秘になる原因

0063efd4c0368b0e646e69de5d37c1d4_s
妊娠中は女性ホルモンが変化し、子宮の収縮を抑えるため腸の動きも一緒に悪くなります。それに加えて子宮が大きくなり腸が圧迫されるのも原因のひとつです。また赤ちゃんが大きくなるにつれて羊水の量も増え、体の水分量が減るため便秘になります。

市販の下剤は子宮収縮作用があるものも見られますから、妊娠中は絶対に使わないことです。もし症状が酷ければ病院で処方してもらった下剤のみにしてください。しかし下剤は腸を刺激するものも多いためできるだけ使わないのが一番ですね。事前に対策をするようにしましょう。

1・料理や飲み物にオリゴ糖を使う

シソジュースの材料
オリゴ糖単体でもスーパーなどで売られていますが、個人的におすすめなのが北海道産ビートを使った「てんさい糖」がおすすめです。ミネラルを多く含みオリゴ糖も入っています。オリゴ糖の名前で売られている商品はビートから作られたものも多いですよ。オリゴ糖は腸の善玉菌の餌となり腸内環境を整えます。

日本で一番選ばれているオリゴ糖『カイテキオリゴ』

2・朝のコーヒー

妊娠 食べ物嗜好 いつから変わる
妊娠前から朝のコーヒーを日課にしていた方は朝の1杯だけは続けましょう。朝のコーヒーは腸を刺激し排便を促す効果が期待できます。妊娠中でも1杯程度なら問題はありません。

3・オリーブオイルを飲む

腸に油分が届くと便がスルッとでやすくなります。妊娠中は腸の水分が減りカチコチの便になりやすく、油分で滑りを良くすると良いのです。オリーブオイルをスプーン1杯毎日飲むか、サラダにかけて食べましょう。

スポンサーリンク

4・根菜類をたっぷり食べる

生野菜だとカサが多くたくさん食べられません。根野菜のように煮て食べるほうが一杯食べられて食物繊維補給に繋がります。

5・白米を食べる

35273adeb642dd07c297ab9217eeb5fe_s
ご飯は水分量が多く、おかずよりご飯を多めにするだけで便秘解消効果が期待できます。私もご飯を少なく食べるタイプだったのですが、普段から量を多くしたら満足感も得られやすく便秘も解消されたため驚きました。便を出すためには便のカサを増やしたほうが良い場合もあるようです。

6・水分をこまめに補給

羊水に水分を多く取られるため、こまめに水分補給をしましょう。便を柔らかくしてカサを増やす役割があります。

7・リンゴを食べる

女性 不妊 サプリ
リンゴに含まれるペクチンには便秘解消効果が期待できます。毎日リンゴを1個おやつに食べるといいですよ。またニンジンりんごジュースなどジューサーで絞ってもOKです。

8・ストレスを和らげる

交感神経の働きが強くなると腸にも影響を与えます。睡眠不足の解消、ゆっくりと休むことも重要です。

9・トイレを我慢しない

妊娠中に飲んではいけない漢方
便秘がちの人の癖として良く見られるのが、便意を感じても我慢してしまうこと。数回ほど我慢すると本当に出なくなってしまいます。朝便意を感じるような行為を習慣つけましょう。朝のコーヒーや朝食を食べる、コップ1杯の水など腸を動かし刺激すると良いですよ。

10・相性の良い発酵食品を食べる

双子 妊娠 摂取カロリー
ヨーグルト、納豆や味噌のような発酵食品をチョイスしましょう。どのタイプでも腸内環境を整えてくれますが、腸と食べ物は多少相性があります。普段からこれを食べると出ると感じる食べ物を見つけておきましょう。日本人は納豆や味噌など大豆由来の発酵食品と相性が良い傾向があります。

まとめ

10種類の便秘対策を紹介しましたが、妊娠中は対策をしてもなかなか解消できないこともあります。私はカチカチになって出ない状況がある時には、肛門周辺をマッサージしました。(周りで直接触っていない)肛門周辺に触るとカチカチの便に触れることができ、指でほぐすと出やすくなったのです。既に頑固な便秘になると食べ物では解消にしくいため、出すための努力が必要なため為してみて下さいね。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

妊娠中の掻痒感の原因は?かゆみを改善するための10個の対策

超音波検査

超音波検査の費用や見方!初期~後期までの超音波写真いろいろ

妊娠中に気をつけたい通勤!車・電車・バス3パターン

意外と知らない?妊娠初期症状のつわりの関係性と虫歯

妊娠と感染症

妊娠中に注意したい感染症10つ!影響や治療法をチェック

妊婦脂性肌の改善にはビタミンが有効?!