これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

マタニティブルーの気分転換のやり方5つ

マタニティブルーのときにおすすめの気分転換の方法を紹介します。気分が落ち込んだり、泣けてくるのはホルモンのバランスが乱れてしまうからで、頑張っても改善できません!それなら上手く乗り切るのが得策ですよね。

マタニティブルーの症状

マタニティブルーとは妊娠中から産後にかけて精神が不安定になってしまうことです。色々な症状が出るのですが、簡単に説明すると生理前症候群にイライラしやすかったり、うつぽくなる症状が酷くなったようなものなんです。

・何もしたくない家事もできない
・イライラして人に当り散らす
・些細なことで悲しくなって泣けてくる
・赤ちゃんなんで要らない!と思ってしまう(本心ではない)
・不安が強く小さな事でくよくよしてしまう

分かってくれる人に相談する

4a5e74224e7cb0f467b04ba4dfe2743d_s
よき理解者になってくれるのは実の母ですよね。彼女も過去に出産をしているため、マタニティブルーは経験済みです。義理のお母さんだと気を使ってまた気分が落ち込んでしまうこともあるから、実の母に何でも話したり甘えてしまいましょう!

出産や育児への不安感が強いなら、母の過去の経験を聞くのもおすすめです。出産するときの様子を聞いたり、イライラした経験を知ると、この症状は誰にでもあって自分だけじゃないということが分かり、少しは気が晴れるものです。

真面目な人程なりやすい

マタニティブルーは真面目で完ぺき主義者のほうがなりやすいようです。私も妊娠中のマタニティブルーが合ったほうなのですが、A型で完ぺき主義者、自分が決めたことがちゃんとできていないとイライラするタイプです。だからといって人にその悩みを打ち明けられずうちに溜め込みがちなため、症状も酷かったのだと思います。

このような人は「赤ちゃんなんて生まれてくればなんとかなる」くらいの大らかな気持ちが必要です。特に最初の子どもの場合は完璧をめざしがちなため、余計にイライラしたりくよくよしてしまうのです。

自然に触れてストレスを発散する

3bb331b59cbd35db0f5e049d56aadb69_s
その人にとって癒される何かがあると良いのですが、誰にでも共通して言えるのが自然でしょう。太陽の光を一杯浴びて、緑を見てゆったりと過ごすだけでも気分は晴れるものです。歩いたりしてお腹が張りやすい場合は、近くの公園でちょっと広めの所を利用し、お弁当を持ってピクニックしましょう。海の音を聞いたり、芝生でごろごろ昼寝もおすすめです。

スポンサードリンク

うつを解消する方法

これは妊娠中だけでなく、普段の生活にも当てはまる対処方法です。ちょっとうつぽいと感じている場合は、脳にセロトニンが不足している可能性があるのです。

・リズム運動をして脳を刺激する(ウォーキングなど)
・太陽の光を浴びる
・思いっきり泣いてみる
・食事は良く噛んで甘味が出るまで
・牛乳や大豆などセロトニンの材料になる食品を食べる

家にこもりがちな人はセロトニンが不足しがち。家でゲームやパソコンばかりしているニートにもうつぽい人が多いのも理由があります。北欧など日照時間が短い地域ではうつ病にかかりやすいといわれています。

家事をやめて趣味に没頭する

deffa0ef223c22cb5fd49c86eebbf1c1_s
何か1つでも良いので好きなことを見つけてみてください。たまには家事をせず、趣味の時間を作るのもいいですよ。食事はお弁当や外食を利用すれば良いですし、掃除や洗濯は1日くらいやら無くても大丈夫。主婦の仕事、妻の仕事、母の仕事など全てを完璧にやろうとするとストレスが溜まってしまいます。

誰でもこれをやると時間が忘れるということがあるはず。猫の動画を見て癒されるのが好き、ガーデニング、赤ちゃんの物を作る、ショッピング、レジャーに出かける。何でも良いので趣味を満喫できる時間を作りましょう。

昼間は一人になる時間が沢山あるのですから、その時間を有効に利用しない手はありません。赤ちゃんが生まれると時間も取れなくなるため、今のうちに思いっきり楽しみましょう。

まとめ

マタニティブルーのときの気分転換の方法を色々と紹介しましたが、悪あがきをしても解消されないため、そういうものなんだと理解し上手く乗り切ってみてくださいね。おすすめの方法は泣くこと。マタニティブルーで泣きたくなるくらいなら、感動できる映画などをみて泣く方がよいですよ。ホントすっきりします。

スポンサードリンク

関連記事