これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠超初期アレルギー薬はどうする?

元々アレルギーがある人にとって抗アレルギー薬は命に関わることもあるため、絶対に飲まないというわけには行かないかも知れません。アナフィラシキーショックを起こす恐れがある場合、抗アレルギー薬がなければ死にも直結してしまいます。
妊娠中の方がどうやって抗アレルギー薬と上手く付き合ったら良いか、服用したほうが良い病気などを紹介します。

妊娠初期は抗アレルギー薬は避けるべき?

妊娠初期はできるだけ薬は避けるのが一番です。初期には赤ちゃんの神経や脳など重要な器官が形成されるため、できれば薬は避けるのが無難です。

でもどうしても薬を使わなければ乗り切れない病気があるなら、病院で相談し赤ちゃんに悪影響が極力少ないと考えられる薬を処方してもらいます。薬は100%副作用が無いとは言えないのですが、胎児への影響が少ないものは存在しています。絶対に安全とはいえませんが、やっぱり母体が健康でなければ赤ちゃんも育ちませんから、最低限の薬は使うのがベストかもしれません。

使ったほうが良いアレルギー薬

014
喘息の人は妊娠すると症状が悪化する可能性もあります。私も喘息持ちですが、妊娠中は酷くなりやすかったため、吸入ステロイドを使っていました。産婦人科の医師にも飲み薬ではなく吸入器を使うよう指導されました。

なぜステロイド吸入器なのかというと、薬は全身に作用するのに対し、吸入器は肺や気管支など局所的に作用するのみだからです。副作用といったら口の中にカンジダというカビが生えやすい、声がかれるなどの問題くらいなのです。全身に効く薬だと赤ちゃんにも薬の成分が届けられる可能性があるため、避けたほうが良いそうです。

ステロイド外用薬は?

ステロイド外用薬は局所的に効きますが、皮膚から吸収されるため血流を通って胎児に伝わる可能性はゼロではありません。飲み薬に比べると作用は少ないようですが、それでも使わなくて良いなら多用しないのが一番でしょう。

スポンサードリンク

ただし、アトピー性皮膚炎の人や、妊娠中にかぶれてしまった方などは、悪化させないためにも作用が弱い塗り薬は使ったほうが良いでしょう。一度ジュクジュクし出すと治りにくく、最初に一気に治したほうが薬の量は少なくて済みます。

アレルギーがある人は漢方薬にすべき?

薬に頼らず喘息を治す方法
確かに漢方薬のほうが作用は弱いようですが、生薬といっても100%胎児にとって安全とはいえません。アレルギーを看てもらっている医師が漢方薬に変えると言ったなら良いのですが、独自判断で勝手に薬を止めて漢方薬に変えるのはあまりおすすめできません。

なぜなら薬を飲まなければならないようなアレルギー症状があるなら、症状を押さえておいたほうがよいからです。特に喘息の人はいざ出産というときに発作が起きていたら、上手くいきむことができませんよ。喘息がある人は体調を常に万全にすべきで、ステロイド吸入器なら気管支の炎症を抑えるため、万が一発作が起きても重症化しにくいメリットがあります。

花粉症が酷い場合の対処方法

妊婦さんで花粉症を持っていると、時期が重なるととても辛いと思います。飲み薬で症状を抑えるよりも、鼻水などに効く局所的なスプレータイプのほうが良いかもしれません。

また、甜茶(テンチャ)、シソジュースなどアレルギー症状を抑える植物で対処する方法もあります。どちらも植物のため副作用は少なく、毎日の飲み物として活用できます。

まとめ

元々アレルギーがある方は、妊娠中の抗アレルギー薬の服用に注意しましょう。病気のため仕方ないなら最低限の薬で症状を抑え、上手く出産まで乗り切ることです。局所的に効く吸入薬、点鼻薬などを利用しながら押さえてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事