消費税5%から8%へ移り変わる、自販機のジュース価格移り変わり

昔の自販機のジュースは一律100円だったと思いますが・・・今は消費税が3%から5%へ、そして8%から最終的には近いうちに10%に確実に上がるだろうともいわれています。どんどん自販機の価格が高くなり、購入者が減ってしまうのでは?
消費税が5%から8%に変わったとき、自販機の価格がどう移り変わるのか調べてみました。

消費税が5%→8%は2014年4月から

消費税が5%から8%へ引き上げられたのは4月1日からです。消費税が3%になった時点で110円になり、更に5%になった時には120円へ値上がり、更に8%になった際には多くの場合で130円となりました。

なぜ消費税が上がるたびに自販機の飲み物は10円ずつ上がるのでしょうか?本来なら1円単位で細かく値上げ率を設定すべきですが、それでは小銭が大量になりますし、1円玉を出す自販機は元々無いため作ることができません。

つまり1円値上がりしようが10円など切りの良い単位でしか値上げすることはできません。また、150mlのペットボトルも値上げとなり、150円だったのが160円となるなど10円単位で値上げされています。これについて疑問の声が多く、多くの苦情が寄せられたのだとか。これほどまでに高いなら、スーパーで買うよという人も増えてもおかしくありません。

現に私も自販機で飲み物を買う機会が減りましたね。スーパーの特売でまとめ買いしておき、その都度持ち歩いたほうが良いですから。高校生なども今では水筒持参が当たり前で、飲み物を買うとしてもコンビニや自販機よりスーパーを選ぶといいます。

スポンサーリンク

4月1日の早朝の自販機の様子

画像を見ると分かるとおり、大量の自販機で一気に早朝から値段を切り替えるのは間に合わなかったようです。コーヒーなどは120円、500ミリリットルのペットボトルは150円、プレミアム缶などは130円になっています。ミネラルウォーターは110円や120円と安い価格になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4月8日の自販機の様子

1週間ほど経過して様子を見てみると、さすがに値段が変わっていました。コーヒー類は130円へ、ペットボトルは160円へ、プレミアム缶は140円に値上げになっています。ただし一部のコーヒーについては値下げとなり、100円で販売されているんですよね。ジョージアエメラルドブレンドなど人気商品で対応されています。消費税が5%の際には120円で販売されており、20円も値引きされています。ただしミニ缶のため安くなったトリックとも考えることはできます。

一部消費者から苦情が相次いだため、人気商品を安くすることで対応したのでしょうか。更に消費税が8%から10%になった際はどうなるか気になるものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

食器洗剤の節約で私が実践していること2選

札幌モーターショー2014の画像集!写真のみですがどうぞ

アットコスメ1位のゆず油を使ってみました

車のガラスの傷・ひび割れをDIYで修復する方法【画像あり】

図書館で電子書籍が借りられる時代に!札幌中央図書館での利用のやり方

DIYでハンモックを作ってみた!パーゴラも!