これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠中は猫を捨てるのは止めて!胎児への危険性はほんのわずかだった!

妊娠中に猫を飼わないほうが良いとよく言われていますが、本当の事を知らずに猫を捨ててしまう人が相次いでいます。正しい知識を身に付けて、ペットの猫もちゃんと守ってあげましょう。

妊娠中に猫を飼わないほうが良いとは?

これは猫が持っているトキソプラズマ感染症が胎児に悪影響を及ぼす可能性があるからです。これは寄生虫の一種なのですが、猫は既に感染している可能性があるのです。

実は猫以外でも鳥などにも寄生しますが、それを食べる猫も宿主として持っている可能性があるわけです。特に野生の猫を拾ってきて、ペットとして育てている場合は高い確立で感染している可能性があります。

このトキソプラズマは人にも感染することがわかっています。成人の場合は軽い症状が出たり、殆ど無症状の場合も多く気が付きません。また、なんと世界中の3分の1が感染しているといわれており、予防のワクチンはないため多くの感染者となっています。

問題は妊娠中に感染するとよくなく、胎児に伝わり悪影響を及ぼす可能性があります。

トキソプラズマの胎児への影響

妊娠 歯がもろくなる
妊婦が感染していると胎児にも移り、脳や目に障害が出る可能性があります。また、流産を引き起こしたり、最悪の場合は死産にもなりかねないため、育児書でも注意を呼びかけているくらいです。

でも誤解して欲しくないのは、妊婦が初感染した際に問題なだけです。元々猫を飼っている人はすでに感染しており、その場合は妊娠しても胎児に伝わる可能性はありません。

つまり妊娠中に初めて猫を飼い、そのときにトキソプラズマに感染しなければ問題はないのです。既に猫を飼っている人は問題は無く、初感染の際に体内で影響が起こります。

また、最近では猫を完全室内飼いとするケースも増えていて、既に感染したねずみや鳥などを食べていなければその猫も感染していません。ペットショップで購入した猫や、赤ちゃんのうちに譲り受けて室内飼いにしているなら猫も感染していない可能性が高くなります。

スポンサードリンク

妊娠中に注意したいこと

既に猫を飼っていて感染している可能性がある方はあまり注意する必要はありません。一度感染すると抗体があり、動物との接触があっても問題はありません。

注意したいのが今まで猫を飼ったことが無い人が、妊娠中にあえて猫を飼うこと。ペットを飼うことを考えているなら、妊娠前にしたり出産後のほうが安全性が高いでしょう。

また、感染経路は猫だけではありません。生肉から感染したり、虫類から感染する可能性もあります。妊娠中は土いじりをする場合は、作業後によく手を洗いましょう。

猫は赤ちゃんと良いパートナーになれる

妊娠9ヶ月
猫は赤ちゃんに危害を加えることは殆どありません。逆に家族だと認識してもらえれば、赤ちゃんを大切に扱ってくれるのです。

でも猫は大抵子供があまり好きではありません。猫から近づこうとはしないと思います。赤ちゃんが手を出さなければかじられたり、引っかかれたりすることはありません。

猫が赤ちゃんを救った有名な動画があります。自分より大きな犬に立ち向かって、家族の赤ちゃんを救ったのです。猫自身が赤ちゃんを家族のように思っているからなのでしょう。

赤ちゃんが生まれて猫のほうをなおざりにすると、このようなことは起きないのでは?赤ちゃんも猫もどちらも大切にしたいですね。

スポンサードリンク

関連記事