妊娠中期のカンジタ性膣炎の治し方

妊娠中期のカンジダ膣炎の治し方を見ている人は、おそらく妊娠中なので薬を使わず自然治癒したいと思われているのではないでしょうか。私は産後にカンジダ膣炎になりましたが、何度も再発を繰り返しできるだけ自分で改善するコツを見つけました。妊娠中以外にもカンジダ膣炎で悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

まずは通常の治し方から

妊娠中期にカンジダ膣炎になってしまったとしたら、早めに治療することをおすすめします。なぜなら産道を通ってくる赤ちゃんにも感染してしまう恐れがあるからです。

カンジダという菌は常在菌の一種で、誰でも持ってはいますが、新生児の場合はまだ免疫力が低いため問題となることがあります。できるだけ赤ちゃんにも感染させないよう病院で治療を受けましょう。

病院では錠剤を入れて菌を殺す治療や、洗浄などが一般的です。これを何度か繰り返すと赤みや痒みなどが引いてきます。私の経験上では塗り薬は病院では処方されたことがありません。錠剤と洗浄を数回繰り返すのみでした。

市販のカンジダ膣炎の軟膏は逆にかぶれる危険性もあるため、安易に使用しないほうが良いですよ。

カンジダ膣炎を自然治癒させる方法

妊娠中期 カンジタ性膣炎の治し方
妊娠中は流産しないように免疫力が低下しているため、産後などにカンジダ膣炎になったという話はよく聞きます。私も産後直ぐにカンジダ膣炎になっていたようで、入院中には既にかぶれているような感じがありました。その後退院してからしばらくしてカンジダ膣炎が酷くなり病院に行きました。

妊娠中から既に免疫力は低下しているため、予防はしておいたほうが良いといえます。ただし、免疫力が低下しやすい妊娠中から産後までは自然治癒も難しいかもしれません。通常より細菌やカンジダ菌なども抵抗力も弱くなっているため病院で治療しないと治らない可能性もあります。

それでも予防の意味で自然治癒を促進させる方法もあるため、幾つか紹介しますね。

腸の健康と意外と関係していた?

カンジダ膣炎は腸にも住み着いているそうです。腸の健康が損なわれていると、カンジダ菌も増殖しやすいといわれています。妊娠中で便秘がちの方、普段から便秘しやすい方は腸の健康を保つことをおすすめします。

・乳酸菌を摂取する
・ミソや納豆など発酵食品を食べる
・白米を食べて便を出しやすくする

腸の健康を守るために、乳酸菌が入っているヨーグルトなどでカンジダが再発しにくくなったという方もいるようです。私が実践している方法はコレではありませんが、腸の健康とも関係がありそうなので対策としてはおすすめです。

私が実践するカンジダ膣炎を再発しない方法

a0070_000003
私が決まってカンジダ膣炎を再発するのは、甘い物を大量に食べたとき、パンを食べたときなんですね。一体どちらが影響しているかはわかりませんが、両方を食べないようにしているときは全く起こりません。

スポンサーリンク

カンジダのような菌は実は甘い物が大好き。糖分で増殖しやすい性質を持っています。

酵素ドリンクなども流行っていますが、これは野菜やフルーツに大量の糖質を加え発酵させて酵素を増殖させています。この原理とカンジダ膣炎は同じものと考えられます。

食物などについている酵母を増やすのにも砂糖が使われています。つまり体の中に糖質が多ければ、それだけ体内のカンジダ菌が喜ぶみたいです。

パンはイースト菌を使っているからなのか、糖質が多いからかは不明ですが、食べ過ぎるとカンジダ膣炎になりやすいため、できるだけ普段から避けるようにしています。

普段から免疫力を高めるのが一番

カンジダ菌というのは免疫力が下がったときに増殖します。カンジダ菌を保有していない人もいるそうですが、かなり稀で男女の間などでも移ってしまいます。元々子供の頃には持っていないのですが、何らかの理由で菌は移ってしまいます。

また、元々カンジダ菌自体は悪さをしないもので、免疫力が保たれていれば上手くバランスを取ることができます。高齢で免疫力が低下した人や、抗生物質を多用して免疫力が低下している人、妊娠中や産後などの人はバランスが乱れてしまいます。

妊娠中の方はできるだけ睡眠をしっかりと取って体を休めること、特に産後は体力の限界にまで達しやすいため、免疫も落ちやすいです。

通常なら洗浄だけでも効果あり

妊娠中期 カンジタ性膣炎の治し方
妊娠中とか産後とか、抗生物質を多用している場合以外では、カンジダ膣炎が再発しても洗浄して清潔を保てばある程度は増殖を防げますよ。

私は免疫が落ちた時などは生理前に再発してしまうことがあるのですが、(それか甘い物を食べ過ぎた時)そんな場合は洗浄して清潔を保ちます。

白いカスのようなものがあったらカビが増殖している証拠のため洗い流します。ただし敏感になっているためゴシゴシ擦るのは厳禁です。優しくシャワーで流す程度がおすすめです。

少しでもこすってしまうと粘膜の一部が剥がれ、猛烈な痒みや痛みが出てしまいますこれを毎日繰り返していると、生理が来るころには大体収まっています。また、注意したいのが石鹸でゴシゴシ洗うと良い菌が減ってしまい、カンジダ菌の増殖を助けてしまいます。必ずぬるま湯だけで洗い流すことです。

まとめ

妊娠中のカンジダ膣炎の場合は、この自然治癒の方法は利用できないことが多いため、病院で診察してもらいましょう。2回や3回など錠剤を入れれば大体は治ります。ただし、産後も再発しやすくなる事も多いため、注意してみて下さいね。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

妊娠中の正しい座り方!一番楽な6つの対策方法

妊娠と貧血

こっそり教える!妊娠中の貧血の症状と対策とは?初期~後期までの食事と数値

脳からストレスを消す技術!妊娠中や産後に泣きやすくなる理由

妊娠中に抗生物質を飲んだら?女性がなりやすい感染症対策

妊娠検査薬のライン!時間が経つと消えるのはなぜ?

妊娠に最適な年齢は22歳?高校生が考えておきたい適齢期