これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠中に飲んではいけない漢方

妊婦が飲んではいけない漢方薬なんてあるの?と思ってしまいますが、漢方薬も薬の一種ですから効果は穏やかでも、全く影響が無いとは言い切れません。中には流産を起こしやすくする成分が配合されているものもあるため、注意しましょう。

漢方薬とは?

漢方薬は主に植物成分から作られています。そのため妊娠中でも安心と思ってしまったり、薬より副作用が少ないと感じるのかもしれません。しかし、野菜だって食べ過ぎれば毒をもつものもあるのと同じで、植物で作られている以上、摂りかたを間違えると影響が出ないとはいえません。

漢方薬=副作用が無いわけではないのです。

確かに薬のように人工的に作られた成分が少ないため、体には影響が少なく効果も穏やかといえます。でも胎児が成長する妊婦さんは、少しの影響も排除するのが一番です。漢方薬は必要が無ければ飲まない、市販の生薬でできた薬も避ける、どうしても薬が必要な症状がある際に医師の処方の元利用するのが一番です。また、漢方薬でも特に妊婦が飲まないほうが良い薬もあります。

下剤効果の高い漢方薬は避けたほうが良い

a1600_000051
特に漢方薬でも下剤の成分が入っている大黄という成分は避けるようにしましょう。通常の下剤も同じなのですが、これらの薬は子宮を収縮させる可能性があるのです。

大黄甘草湯や桂枝加芍薬大黄湯など、大黄という言葉が入っている漢方薬は要注意です。もし何らかの改善のために漢方薬を利用する際には、必ず医師や薬剤師の方に妊娠している事を言いましょう。

スポンサードリンク

逆に妊娠中の問題に漢方薬を使う方法も

妊娠中に避けたい漢方薬を控えれば、逆に妊娠中特有の問題を解決する漢方薬を飲む場合もあります。妊娠中毒症、むくみ、つわりなどにも漢方薬が処方されることがあります。

つわりの時には生姜が入っている漢方薬がよく利用され、吐き気を押さえています。もしつわりが酷いなら漢方薬でなくても、生姜飴や生姜紅茶、生姜パウダーをお湯にといて飲んでもOKです。

ちなみに葛根湯も大黄が含まれる

妊娠中に飲んではいけない漢方
風邪薬としてよく利用されているのが葛根湯ですね。妊娠中に風邪を引いたら市販の薬はまずいけど、葛根湯なら漢方薬だから大丈夫だよね?と思ってしまいます。

しかし、先ほど紹介したように大黄が含まれているものもあるため、成分には注意してみて下さい。葛根湯の主要成分はカッコンで、くず湯を飲むと同じような効果が得られます。くず湯は昔から風邪をひいたときに飲むことが多く、体を温める作用があります。

風邪は体温を上げて免疫力を高める事が重要で、体温が上がると白血球の働きが高くなり、細菌やウイルスなどを退治しやすくなります。妊婦さんが風邪薬を飲むならくず湯がおすすめです。

まとめ

妊娠中には下剤効果の高い漢方薬は流産を助長させる可能性があるため避けましょう。そのほかは特に影響は少ないようですが、漢方薬=副作用が無い分けでは無いため注意してみて下さいね。

スポンサードリンク

関連記事