これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠中の肌はオイリーに?その改善方法のまとめ

妊娠中はオイリー肌になりやすいですね。私も普段はそんなに油っこい感じではなかったのですが、小鼻の周りや額などTゾーンと呼ばれる箇所の油は酷かったです。妊娠すると起こるこのオイリー肌の原因と、対処方法を紹介します。

オイリー肌になる原因

妊娠するとオイリー肌になるのは女性ホルモンのバランスが変わるから。

私も妊娠中は小鼻のまわりとかの油がとても気になり、油取り紙でぬぐったりしていましたが、頻繁に油っこくなるため逆にやりすぎて赤くなっちゃいました。指でぬぐっても油が付いてくるほど・・・

出産するとこの症状は無くなったのですが、長期的に肌がオイリーになるのはちょっと辛いもの。上手く対処するようにしてみて下さいね。次の項目で具体的な方法を紹介します。

肌の保湿を心掛けよう

妊娠中 肌 オイリー
肌が油っこくなってしまうのはホルモンの変化なので仕方が無いのですが、ある程度スキンケアで減らすことは可能です。まずは保水力を高める事。これによってだいぶ改善するはずです。

そもそもオイリー肌というのは、油が多い状態というよりも水分が足りていない可能性もあるのです。

肌の水分が不足→もっと潤いが必要→肌が油分を分泌→オイリー肌。

スポンサードリンク

妊娠中も肌が過敏になることでいつもよりスキンケアがおそろかになることも考えられます。普段より保水力のある化粧水でケアしてみたり、ローションパックもおすすめ。最後に付ける油分はほんの少量でOKです。

妊娠中におすすめの化粧品

妊娠中は流産しないように免疫力が低くなるため、アレルギー症状がより酷くなりやすいのです。こんなときに普段から使っているスキンケアだとかぶれたり、痒くなることがあります。妊娠中は赤ちゃんが使っても良いくらいの優しいローションや、オーガニック基準が高いヨーロッパの商品を選ぶようにしましょう。

無添加といっても防腐剤が入っているもの、植物成分がほんのわずかしか入っていないものも多いため注意してみて下さいね。最近では手作り用のスキンケア素材が売られていたり、100%無添加の商品もあるためよく吟味して選びましょう。

シミやソバカスも増えてくる

a1180_010707
ホルモンの影響でシミなどが濃く見えてきます。これも一時的なもののため、酷くしない工夫されしていればだいたいは元に戻ります。

逆にシミを濃くしたくないと思って、強い美白化粧品を使うとかぶれの原因ともなりますから注意してみましょう。紫外線ケアで新たなシミを作らないようにし、後は普通のケアで良いのです。この時期には無理にシミを消そうとしないこと。

まとめ

妊娠中はシミが濃くなったり、オイリー肌になったりします。これらはホルモンの影響や血流が増えていることが理由ですから取り除く事はできません。ただし肌の保水力を高める成分の優しい商品でのケアはおすすめです。妊娠中はどうしてもケアがおそろかになりやすいため、最低限のことはしましょう。

スポンサードリンク

関連記事