これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠4ヵ月ズボンがきついときの対処方法

妊娠4ヶ月目くらいから徐々にお腹がキツクなってきます。特にズボンや伸びないデニムなんかは、妊娠4ヶ月くらいを境に履くのが辛くなって来ます。このころにズボンがきついと感じたらできる対策、今後のズボンはどうしたら良いか紹介しますね。

ヘアゴムで何とか止める方法

普段はいているズボンを妊娠中でもはきたいと思っているなら、ファスナーを開けっ放しにして、ボタンの箇所をヘアゴムなどを通しとめる裏技があります。

ただこの方法だと、ある時必ず限界がきます。

妊娠すると人によっては下半身のむくみが酷くなったり、体重が全体的に10キログラム近くまで増えるため、お尻や太ももなどが太くなる事も多いのです。

そんな方が臨月までこの裏技で対処するのは至難のワザです。

また、妊娠中は骨盤周辺の血流をできるだけ悪くしないほうが良いですよ。普段はいているズボンだとどうしても締め付けが強くなりやすいためおススメできません。4ヶ月や5ヶ月ならまだ対応できても、妊娠後半は難しいでしょう。

ズボン派ならマタニティパンツを1枚買うと便利

a1180_009235
ズボンを履くタイプならマタニティパンツは1枚買うと良いですよ。お腹の部分がニットになっていて収縮がよく、ウエストにゴムが入っていれば産後も履くことができます。

産後は人によってはペッタンコになる人もいれば、お腹が出たままという人も。私は産後赤ちゃんが出たらすぐにペッタンコになった為、子宮の収縮がよかったのと、お腹周りにはそれ程お肉が付いていなかったようです。

スポンサードリンク

でもキャサリン妃なんかは産後病院から退院する際でもお腹はかなり出ていました。そんな方は産後もマタニティパンツが役立ちます。ゴムを調節すればしばらくはけますし、ウエストを隠すと意外と普段着としても楽だったりするのですよね。ズボン派なら1本は早めに買っておきましょう。

スカート派なら要らない

私はどちらかというと普段からスカート派で妊婦の時にはワンピースを着ていました。パンツは履かなかったので1本も買いませんでした。スカート派ならレギンスを数枚買っておくだけでよく、パンツは要らないことも多いですよ。

私はワンピースを数枚、タイツやレギンスを履いて過ごしていました。5月に出産したので冬や春先など寒い時期などもあったのですが、マタニティ用レギンスを買った覚えが有りません。収縮性の良いタイツで過ごしていました。

スカートの場合は外出先で寒いですし、下半身が冷えやすいため毛糸のパンツやレッグウォーマーなど冷えから守ってみてください。

マタニティパンツを買いたくない場合

妊娠4ヵ月 ズボンがきついとき
マタニティパンツは意外と高額なため買いたく無いと言うのなら、妊娠中から産後まで使えるスウェットもいいですよ。メンズ用のスウェットならかなり伸びますし、チュニックやワンピースと合わせてレギンス風に合わせることもできます。

また、通販なら1,000円台で買えるマタニティパンツも売られていたりします。ニッセン、ベルメゾンあたりがおすすめです。

ちなみにベルメゾンなら過去6ヶ月以内に出産した方全員にプレゼントされる、1000円分のポイントサービスが利用できます。1,000円分といえばマタニティブラやスパッツくらいなら買える金額です。出産後のベビー用品として利用してもいいですね。

まとめ

妊娠4ヶ月目くらいから徐々にズボンがきつくなってくるため、マタニティ用パンツの買い時です。パンツ派なら臨月まで対応できるズボンを1本は買っておくのがおすすめです。スカート派やワンピ派なら要らないことも多いため、その費用をレギンスにまわしましょう。

スポンサードリンク

関連記事