これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠中に土用のうなぎはダメかも?ビタミンAの過剰摂取について

今年も土用のうなぎの日としてスーパーではたくさんのウナギの蒲焼が売られていますね。でもちょっと待って!妊婦さんはビタミンAの過剰摂取によって胎児の先天性異常が起こりやすいといわれているのです。もし妊娠中にうなぎを食べてしまったら?これから食べたいと思っている方に役立つ情報を紹介します。

妊婦さんはビタミンAの過剰摂取は避けるべき

妊婦さんが積極的に摂りたい栄養素で葉酸があります。これもビタミンの一種で、ビタミンAと同じでしょ?と思ってしまうのですが、実は性質が違っています。

ビタミンAは脂溶性ビタミンといって油に溶ける性質があり、過剰摂取すると体内に蓄積しやすい傾向があります。ビタミンは赤ちゃんの成長にも必要だけど、ビタミンAに関しては大量に摂るのは避けたほうが良いのです。

1日に摂取量を制限したいのは、ビタミンA 5,000IUを限度にしたほうが良いと、厚生労働省からも発表されています。そこで気になるのが5,000IUってどのくらい?ということですよね。

・レバー13000~14000
・うなぎ1500
・あなご900
・あんこうの肝8300

こうやって数値で見てみると、妊娠中でもごくたまにうなぎの蒲焼を食べるくらいなら、許容量を超えない事が分かります。年に1回土用のうなぎの日に1食食べたくらいでは問題ないといえます。もし気になるならうなぎの量を少なくして卵とじにしたり、あなごに変えるなど調整してみて下さい。

注意したいのはサプリメントのほう

a0790_000393
妊娠中は栄養が必要だと考えてサプリメントを摂取する際にはビタミンAの過剰摂取に注意してください。通常の食事の場合はレバーや肝などを食べない限りは特に問題はありません。

スポンサードリンク

問題が大きくなりやすいのは、サプリメントのほうです。

知らず知らずの内にビタミンAを過剰摂取しやすいからです。妊娠中はそもそも添加物や凝固剤が入っているサプリメントはあまりおすすめできません。どうしても飲みたいなら成分が信頼できるメーカーの葉酸サプリくらいで十分です。ドラッグストアで売られているサプリだと防腐剤や人工ビタミンなどが入っていたり、錠剤にするために凝固剤が入っていてそれが問題となります。妊娠中はあれもこれもサプリで栄養を補給しようとするのは避けるのが一番です。

勘違いしないで欲しいのは、ビタミンAだって赤ちゃんの成長には必要だということ。赤ちゃんの粘膜や皮膚の形成には必要ですし、臓器の成長などにも重要な栄養素です。摂るならニンジンのように野菜に含まれているビタミンAがよく、普通に食べている分には過剰摂取にはなりにくく、ニンジンのビタミンAはカロチンのため影響はありません。

ビタミンAの過剰摂取でどうなるの?

口唇口蓋裂など顔の形成に問題が生じたり、臓器の発達異常、目や耳など顔周辺に問題が出る可能性があります。

サプリを飲んでいる人は過剰摂取になる事があるため、配合されている栄養素をチェックしましょう。また病気などで薬を飲んでいる人、ビタミン剤が処方されている方は医師とよく相談してください。

普通に食事をしている程度では、毎日レバーを食べる人は少ないと思いますから、問題はありません。動物性のビタミンAのほうが問題になりやすいため、ニンジンやカボチャなどのカロチンを摂取してビタミンAを補給しましょう。これなら過剰摂取にもなりにくく、野菜のビタミンAなら必要な分だけ補給される特徴があります。

まとめ

妊娠中にうなぎを食べたらダメということはありませんが、過剰摂取にだけは気をつけましょう。年に1回くらいなら許容量は超えずあまり影響は無く大丈夫だといえます。

スポンサードリンク

関連記事