これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊娠の眉毛染めが絶対にNGな理由

今女性の間で眉毛を脱色するのが流行っているって知っていますか?眉毛をブラウンで書くよりも、ふんわりとして優しい印象になるとして流行しています。髪がブラウンだったり、アッシュ系だと眉毛が黒いのは変だし、ゆるふわには欠かせなかったりします。でも妊娠中の方はちょっとまったほうが良いですよ。その理由を紹介しますね。

眉毛の脱色のやり方

専用の眉毛脱色剤はあまり見つける事ができず、大抵はボディ用でやっている事が多いようです。エピラットやジョレンという脱色剤が人気で、ブログなどで紹介している人もいます。

・1材と2材を混ぜ合わせ薬剤を反応させる
・B材を倍の量にすると眉毛には良いという声も
・眉毛を覆うくらいクリームを乗せます
・5分程度時間を置きます

眉毛の脱色は普通の人でも危険

美容・脇
この眉毛を脱色する方法は、ボディ用でやっている人が多くとても危険です。薬剤の割合は多少変えているようですが、顔の周りですから目に垂れたら失明の危険性だってあります。

更に妊娠中は免疫力が落ちていて、普通よりも肌が敏感になっているため脱色クリームなんてもってのほか!妊娠中は手足の脱毛だって避けるようにいわれるのに、眉毛はもっと肌が弱い箇所ですから避けて下さいね。

スポンサードリンク

脱色クリームの赤ちゃんへの影響は殆ど無いとはいえますが、薬剤は皮膚から吸収されやすく、経皮といって皮膚から成分が吸収されているのです。それが血液を通って赤ちゃんに伝わらないとはいえません。

妊娠中にゆるふわ眉にする方法

脱色はできませんが、ふるふわ眉にしたいという方は毛の量を少なくする方法がおススメです。毛が多いなら間を毛抜きで抜いたり、毛の量があまり多くなければ毛の長さをカットしましょう。

眉毛用コームを当てて、ハミでたぶんをはさみでカットすると長さをそろえることができます。後はブラウンのアイシャドウやアイブロウなどを使い、ふんわりと書いてくださいね。少しオーバー気味に書くのが今風の眉毛です。

まとめ

妊娠中の眉毛染めや脱色は絶対にNGです。肌が弱くなっているためかぶれやすく、100%赤ちゃんに伝わらないとは言えないため避けてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事