出産費用って節約できる?実体験から導き出してみた!

出産費用を節約したい!と考えている人も多いですよね。出産費用とは主に病院に入院した際の金額のこと、大体40万円~50万円くらいが平均なのですが、それ以外にも育児用品や検診代など総額では100万円近くかかるともいわれています。できるだけ費用を抑えたいなら、出産に関わる病院代を減らすのが一番です。
では、実体験から導き出した節約方法のコツを紹介します。

個室よりも大部屋

できるだけ入院中の出産費用を抑えたいなら、個室を採用している病院を選ぶよりも、大部屋の所を選ぶといいですよ。大部屋といっても普通の総合病院みたいに1部屋6人など多くいることは少なく、大体4人くらいの相部屋となっているようです。私も4人部屋でしたが、陣痛を待つ人もいれば赤ちゃんを産んでもう退院する人など、意外と入れ替わりは激しかったです。

・大部屋・・・30万円代
・個室・・・40万円代
という風に差が出てくることが多いようです。また、個室となるとLDRといってベッドがそのまま分娩台に変わるものが採用されていることもあります。このベッドの導入だけで費用が高額になったり、当然個室ですから普通の産院と比べると高くなりがちです。

個室より大部屋のほうが安く、一番高くなるのはLDRです。更に個室を採用している産院だと、フルコースディナーとかエステとかが付いている場合もあるため、必然的に費用が高くなることもあります。

分娩方法は断然自然分娩

出産費用 節約
帝王切開となると50万円以上かかるのは当たり前、入院日数も長くなるためどうしても出産費用が高額になりがちです。できることなら自然分娩できるようお母さん自身もいろいろと注意すると良いですよ。

赤ちゃんの異常は仕方がないため、その場合は帝王切開になっても赤ちゃんの命のほうが大切ですから、費用がどうのこうのとは言ってられません。

ただし、母体の健康によって帝王切開になるケースもあるんですよ。

母体の体重が増えすぎたり、運動不足になると妊娠中毒症になって帝王切開になるリスクも高まります。赤ちゃんのことは気をつけることはできないけど、母体の健康管理はできますよね。体重を増やしすぎない、適度に歩いたりして運動をする。この2つに注意すると妊娠中毒症も防ぎやすくなりますよ。

陣痛が来てもすぐに病院に行かない

陣痛が来て病院にすぐ行っても、大抵初産の場合は時間がかかります。1日や中には3日陣痛と戦わなければならない人もいるため、陣痛が来たからといってすぐに来院しないこと。その分入院費用がかさみます。

でも私の場合はそんなこと行ってられませんでした。、朝の6時くらいに陣痛がきていたようで、起きてすぐに破水してしまいました。そのご急いで病院に行ったらもう生まれる寸前。初産でもこのような人もいるため、破水したら病院に行くというのは守ったほうが良いように思います。

もし、私のように早いお産の人の場合、病院に行くのが遅れると車の中やタクシーの中、最悪自宅で出産する事もありえます。入院費用をケチるより、健康な赤ちゃんを産むことのほうが大事ですから、不安な場合は陣痛が始まったら病院に電話して指示を仰いでください。

スポンサーリンク

毎月の検診代はケチらない

出産費用 節約
出産費用の節約と考えると、毎月支払う検診代をケチろうという人が必ずでてきます。でもこれは絶対にダメです。

妊娠初期は子宮外妊娠していないか確かめる必要があるため、妊娠がわかったら早めにいく必要があります。もし子宮外妊娠して放置すれば大出血、次に赤ちゃんを産めないからだとなることも・・・

また、妊娠中は早い時期に病院に行っておかないと、分娩の予約をすることができません。今は産婦人科の数も減ってきていて、人気がある病院は予約待ちということもあります。妊娠後期にいきなり来院しても、予約が一杯ですと断られてしまうこともありますよ。

また、急に来られても病院側としても困るため、そういった方はお断りすることもあるようです。良くニュースでも聞きますが、一度も病院に行った事が無い人が、陣痛が始まったため救急車を呼び、受け入れる病院が見つからないという話も聞きます。もし赤ちゃんや母体に問題があったら?と考えると怖いですよね。

だから絶対に毎月の検診台はケチらないようにしてください。1ヶ月で多くて1万円、簡単な検診のみだと数千円です。検査が重なっても1万円少々。毎月の安全代として利用してくださいね。

公的援助は忘れずに

当然の事ですが、出産一時金や高額療養費、来年の確定申告などは忘れないようにしましょう。もらえるものはきちんと貰う、入院費用くらいなら出産一時金でもかなりまかなうことができます。

これらの公的援助は全て自分で申請しないともらうことは出来ません。赤ちゃんを産んだ病院からも、必要な書類を貰ったり、手続きの方法が書かれているパンフレットを貰いましょう。知らなかったじゃすみません。でも赤ちゃんを産んだりしてばたばた忙しいなら、確定申告などは数年さかのぼってできるため、後でやる方法もあります。この場合は必ず忘れないようにしましょうね。

カード払いは本当に有利か?

a1180_011767
出産で入院した費用は、クレジットカードで支払う方法があります。今はほとんどの病院で対応しているため、事前に現金を用意しなくても済みます。

クレジットカードで支払えばポイントが付くため、お得に。でも基本的には後払いとなるため、本当に得かは良く考えてから利用するようにしてください。

お金の管理がしっかりとできる人なら良いのですが、後払いとなるとついつい手元にある現金を消費してしまいがち。現金でさいしょに払っておけば後で苦労しないのに、カード払いにしたばっかりにお金の管理が不十分になったでは意味がありません。

私は後々カード払いにすると気持ち悪いし、お金の管理が曖昧になって結局多くの費用が出て行く感じがするから、現金払い主義です。後で出産一時金が返って来ると、それを育児用品とかにまわせて得した気分になりますしね。その点は個人によっても考え方は違うため、本当に得する方法を選んでみてください。

まとめ

出産費用の節約で一番効率が良いのは、病院選びでしょう。費用はホームページなどで公開していることも多いため、事前にチェックしてくださいね。30万円代なら安いほう、40万円を超えるとちょっと高めです。大きな病院よりも個人病院のほうが比較的安いみたいです。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

後産出ない

後産が出ないときどのくらいで出る?痛いという声もある後産について

出産予定日の計算方法

珍しい出産法を選んでみる?こんな出産やりたい!という方法

妊娠中の内診後の出血!内診グリグリって?

無痛分娩のリスクは母体への問題が中心

会陰切開の局所麻酔

会陰切開の局所麻酔について!痛みは何秒くらいで無くなるのか?麻酔が効かない人必見