出産予定日の計算方法!生理日わからない人向け

最終生理日がわからない女性も多いようです。出産予定日を割り出す方法は、最終生理の日を知らないと計算することができないため、妊娠当初は正確な予定日はわからないこともあります。気になるのがその場合の計算方法や、予定日は正確に知ることができないのか?ということではないでしょうか。
最終生理日が分からないとき、生理周期が不明な場合にはどうやって予定日を計算するか紹介します。

最終生理日が分からない場合

出産予定日は最終生理から数えて計算されます。これはあくまでも予定であって、赤ちゃんはこのくらいで生まれてくる事が多いというデータから導き出されています。多くの場合では40週で赤ちゃんが生まれると考えられており、28日周期で計算されています。

生理が終わった日がまったく分からない場合では、大体でも良いので○月○日と予想を立ててください。これを医師に伝えればOKで、正確な最終生理日はわからないことを言いましょう。

女性の場合毎月生理が来ていると、記録を付けていない人にとっては何日だったか正確に分かる人って少ないですよね。でも1ヶ月以上もずれたりはしないはず。大体の予想で良いので割り出すと、予定日も計算することができます。

生理周期が不安定の場合

出産予定日 計算 生理日わからない
この場合は毎月生理が来ていない、中には数ヶ月から半年くらい生理が来なくても平気という人もいるかもしれません。この場合は最終生理日を予測することは難しいのではないでしょうか。

このようなケースでは無理に最終生理日を考えなくてもOKです。医師にもその旨を伝え、まったく予想ができないで問題がありません。

でも何ヶ月も生理がきていないということは、排卵していない可能性もあるため、妊娠自体が難しいと思いますけどね。実際には1ヶ月以内に生理が来ていることが多いと思います。

スポンサーリンク

じゃ正確な出産予定日の割り出し方は?

医師は胎児の大きさ、成長具合によって最終的に予定日を決めています。妊娠初期に言われた予定日と変わりがなければそのまま、赤ちゃんの成長具合に若干のズレがあれば赤ちゃんの大きさを元に割り出してくれます。

また、順調に育っていても日程がズレることはよくあること。私は予定日ピッタリに陣痛が来て出産をしましたが、そのようなケースは非常に稀なんだそうですよ。

良く言われていることなのですが、月の満ち欠けと出産数は関係があるそうです。女性の生理が28日周期というのも月に影響されているから。特に新月や満月は出産数が多くなりがちのため、予定日が近づいたら月の満ち欠けも注意してみると良いですよ。

私は実際どうだったかは覚えていないのですが、産婦人科でも意識している医師は多いそうです。満月が近くなるとお産の数も多くなるため、準備している医師もいるみたいです。

お産の予定日は20日から30日ズレることも

出産予定日 計算 生理日わからない
お産は20日前後ズレることは普通で、遅くも早くもないそうです。それより多くても30日以内なら許容範囲と考える医師もいるようです。

赤ちゃんだってもう少しお腹の中で育ったほうが良いということもあるのでしょうし、母体の準備が整っていないのに無理やり陣痛促進剤で出産するのもどうかと思います。

本来は自然な形で産むのが一番で、赤ちゃんが大きくなりすぎて生まれないという場合以外は、早める必要はないように思います。今の医療は医師の都合や病院側の問題もあって、予定日をすぎたら陣痛促進剤で出産を促すという所もあるようですが・・・

まとめ

最終生理日が分からないと、出産予定日も計算できない!と思ってしまいますが、超音波検査でも予定日は割り出されています。そのことから正確な最終生理日が分からなくても大丈夫なことが多いですよ。お母さんとしてはきちんとした予定日は知りたいですけどね。


関連記事

youtubeで妊娠の仕組みを調べてみたよ!

妊娠初期検査を安くするには?費用の目安と安くするコツ

妊娠すると変わること23選

妊婦検診

はじめての妊婦検診の受け方・服装・費用・内容を総チェック「旦那さん付き添いはアリ...

アメリカ製の妊娠検査薬とは?いつから使える?価格や感度をまとめました

妊娠初期症状につわりは起こる?またいつから?